スバルwrx s4は買って後悔する?速すぎ?レヴォーグどちらがいい?欠点も紹介!

wrx s4 買って後悔

スバル WRX S4は、その迫力あるパフォーマンススタイリッシュなデザインで多くのドライバーを魅了しています。

しかし、この車を選ぶ前に知っておくべき重要なポイントがあります。

この記事では、WRX S4を買う前に知っておくべき欠点や、気になる点を分かりやすく説明します。

この車の購入を考えている方にとって、最適な選択をするための手助けになるはずです。

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

スバルwrx s4は買って後悔する車なの?

スバル WRX S4を買って後悔するかなぁ?

そんな疑問に答えるには、購入者の個人的な嗜好やニーズを考慮する必要があります。

この車は確かに高いパフォーマンスとスタイリッシュなデザインを誇り、スポーツカー愛好家には非常に魅力的です。

特に、パワフルな走りやスポーティな外観を求める人には理想的な選択と言えます。

しかし、燃費の面では不利であり、日常の運転での燃料コストは高くなりがちです。

また、スポーツカー特有の硬めのサスペンションは、一部のドライバーにとっては乗り心地が硬く感じられる可能性があります。

スバル WRX S4は高性能車であるが、その分維持費も高くなる傾向があり、保険やメンテナンス費用も通常の車種より高額になることが考えられます。

WRX S4の欠点と言われる部分は?

スバル WRX S4の主な欠点は以下の通りです。

・高性能エンジンによる燃費の悪さ
・スポーツカー特有の硬い乗り心地

日常運転での高い燃料消費は燃費を重視するドライバーには不適切かもしれません。

また、硬めのサスペンションは長距離運転や荒れた道での乗り心地を損なう可能性があります。

価格が高い

スバル WRX S4の価格が高いとされる点について説明します。

WRX S4はスポーツセダンとして高い性能を持っており、そのパフォーマンスや技術的な特徴が価格に反映されています。

この車はパワフルなエンジン、洗練されたドライブトレイン、先進的な安全機能、そしてスポーティなデザインを備えており、これらの要素は一般的なセダンよりも高価な価格設定を正当化しています。

また、WRX S4は特定の市場に特化しており、その性能とブランドイメージに応じたプレミアム価格が設定されています。

一方で、この価格帯では他の高級車やパフォーマンスカーとの競合も発生します。

消費者は価格だけでなく、性能、デザイン、ブランドの評判など、総合的な価値を考慮して購入を決定しましょう。

乗り心地が硬い

スバル WRX S4について指摘される「乗り心地が硬い」という欠点に関して詳しく説明します。

スバル WRX S4は、スポーツ指向の強い車種です。

このため、サスペンションは高い走行性能を実現するために硬めに設計されています。

硬いサスペンションは、カーブや急激な操舵時に安定した走りを提供し、スポーツ走行においては優れたハンドリングを実現します。

しかし、この特性が日常の運転、特に市街地や不整地での運転で乗り心地の硬さとして感じられることがあります。

長距離運転や荒れた路面での運転では、この硬い乗り心地が特に顕著になることがあります。

乗り心地を重視する方にとっては少し不満を感じるかもしれません。

燃費が悪い

WRX S4は高性能なスポーツセダンで、その性能を実現するためにはパワフルなエンジンが必要です。

このような高性能エンジンは通常、より多くの燃料を消費する傾向があります。

結果として、WRX S4は市街地や高速道路での運転においても、一般的なセダンや経済的な車種と比較して燃費が悪くなることがあります。

特に、スポーティな運転スタイルや頻繁な加速を好むドライバーの場合、燃料消費はさらに増える可能性があります。

これは、日常の運転での燃料コストが高くなることを意味し、燃費を重要視するドライバーにとっては重要な考慮事項となります。

また、WRX S4のような高性能車は、パフォーマンスを最大化するためにプレミアムガソリンの使用を推奨されることが多く、これがさらに燃料費を高くする要因となることもあります。

先代よりスペックが落ちている

自動車の新しいモデルがリリースされる際、通常、性能の向上や最新の技術の導入が期待されます。

しかし、WRX S4の場合、一部のファンや専門家からは、新モデルが先代モデルに比べて性能面での進歩が限定的であるあるいは一部のスペックが低下しているという意見が出ています。

特に、スポーツセダンとしてのWRX S4の主な魅力はそのドライビングパフォーマンスにあるため、スペックの変化は特に敏感に捉えられます。

ただし、スペックの変化が必ずしも全てのドライバーにとってネガティブな影響を与えるわけではありません。

新しいモデルでは、快適性や安全技術、内装の質感など、他の側面で改善が見られることがあったり、新しいエンジンやシャシー設計が、異なる運転体験を提供することもよくあります。

結論として、

WRX S4の新しいモデルが先代モデルよりもスペックが落ちているという指摘は、性能の面における具体的な変更点に基づいています。

ヘッドライトが暗い

ヘッドライトの光の強度や照射範囲が不十分なため、安全運転に支障をきたすという問題があります。

この問題は、ヘッドライトの技術や長期間の使用による劣化によって生じる問題で、解決策としてはアフターマーケット製品によるアップグレードを検討する選択肢もありますが、追加コストがかかる可能性があります。

このため、WRX S4の購入を考える際には、ヘッドライトの性能も検討事項として考え購入するかの判断をした方がいいでしょう。

エアコンルーバーが使いづらい

エアコンルーバーの使いづらさは、ルーバーのデザインが直感的でない、位置が運転席や助手席から見にくいか手が届きにくい、または調整が煩雑であることから生じます。

このような設計は、特に長距離運転や変化しやすい気候条件下での車内温度の管理を難しくします。

エアコンの風向きや風量の調整がスムーズに行えないと、車内の快適さが損なわれることがあり、日常的な運転経験に直接影響を与えるため、WRX S4を選択する際にはこの点を十分検討しましょう。

特に、車内環境を重視するドライバーにとっては、このようなディテールが重要な判断基準になることがあります。

アイドリングストップが記憶できない

この車のアイドリングストップシステムは、停止時にエンジンを自動的にオフにすることで燃料を節約し、排出ガスを減らす機能です。

しかし、車を再起動するたびにこのシステムの設定がリセットされ、デフォルトの状態(通常はオン)に戻ってしまいます。

そのため、アイドリングストップを好まないドライバーや特定の状況でこの機能をオフにしたいと考えるドライバーは、毎回手動で設定を変更する必要があり、これが煩わしさを感じる原因になっています。

このように、WRX S4のアイドリングストップ機能がドライバーの設定を記憶できない点は、日常運転の快適性に影響を与える重要な要素となっています。

大型センターディスプレイが使いづらい

スバル WRX S4の大型センターディスプレイの使い勝手の悪さに関する問題は、主にインターフェースの複雑さ、反応速度の遅さ、視認性の問題、そしてタッチスクリーン操作の難しさに起因します。

これらの要素が組み合わさることで、運転中の操作が煩雑になり、安全性や運転の快適性に影響を及ぼすことがあります。

特に、車の主要なコントロールインターフェースとしての役割を考えると、その使いやすさは日常の運転体験に重要な影響を与える要素となります。

ドアミラーにカメラが無い

ドアミラーに組み込まれたカメラシステムは、車両の死角を減らし、特に車線変更や狭いスペースでの駐車を容易にする役割を果たします。

しかしWRX S4にこの機能が欠けていることは、視界の制限や駐車の難易度を高める可能性があります。

また、高度な安全機能を求める現代の消費者に対して大きな不安要素を与える結果となっています

セダンが気に入らない

スバル WRX S4に関するセダンが気に入らないという意見は、個人の好みや特定のニーズに基づくものです。

セダンのスタイリング、貨物スペースの制限乗り降りの不便さ低い視界などが、一部の人にとっては魅力に欠けるか、日常の用途に合わないと感じられることがあるようです。

車選びでは、これらの要素を考慮し、個々の用途や好みに最も合った車種を選択することが重要です。

シフトレバーが使い勝手が悪い

シフトレバーの形状や位置が自然でないと感じられたり、ギアチェンジの際の動きやフィードバックが適切でなかったりすることが、操作の困難さや不快感に繋がります。

また、レバーのマーキングの不明瞭さや状態の確認が難しい場合、運転中のストレスや疲労が増す可能性があります。

これらの要因により、WRX S4のシフトレバーは一部のドライバーにとって使い勝手が悪いと感じられることがあり、運転の快適性に影響を与える重要な要素となっています。

維持管理が難しい

スバル WRX S4の「維持管理が難しい」という点は、以下の通りです。

高性能エンジンの専門的なメンテナンス要件
特殊部品の高コストと入手難易度
専門的なサービスへの依存

WRX S4は標準的な車種に比べてメンテナンスがより複雑でコストがかかる可能性があり、オーナーにとって追加の時間と費用を要することがあります。

これらの維持管理の側面は、WRX S4の所有と運用における重要な考慮事項です。

参照https://www.hdcarwallpapers.com/2015_subaru_wrx_s4_japan-wallpapers.html

スバルwrx s4を買っても後悔しない部分は?

スバル WRX S4の購入で後悔しない部分は、その優れた走行性能とスポーティなデザインです。

パワフルなエンジンと精密なハンドリングにより、ドライビング体験は非常に楽しく、スタイリッシュな外観も魅力的です。

スペックが良い

スバル WRX S4の「スペックが良い」という点は、パワフルなエンジンと優れた走行ダイナミクスによって強調されます。

この車は、力強い加速、レスポンスの良いエンジン、そして安定したハンドリングを提供し、スポーティなデザイン高品質な内装も魅力です。

これらの特性は、性能を重視するドライバーにとって特に満足度が高く、日常の運転や車愛好家にとって魅力的な要素となります。

馬力がある

スバル WRX S4を購入して後悔しない部分の一つとして、その馬力がある点が挙げられます。

WRX S4はパワフルなエンジンを搭載しており、これにより力強い加速優れた性能を発揮します。

高い馬力は、スムーズな運転と加速性能の向上に寄与し、スポーツカーに匹敵するドライビング体験を提供します。

特にスピードやパワーを重視するドライバーにとって、この高い馬力は大きな満足点となるでしょう。

また、市街地の運転から高速道路、曲がりくねった道路に至るまで、様々な運転環境でその性能を発揮することができます。

走行が安定している

スバル WRX S4を購入して後悔しない部分の一つは、その走行が安定していることです。

WRX S4は特にその安定したハンドリング優れた走行ダイナミクスで知られています。

この車は、高速道路での長距離運転から曲がりくねった道路でのスポーティなドライビングまで、様々な状況でバランスの取れた性能を発揮します。

この安定性は、高度なサスペンション設計と車両の重量配分によって支えられています。

特に曲がりくねった道でのコーナリング性能や悪天候時のグリップ力において、この安定した走行は大きな強みとなります。

WRX S4の走行の安定性は、日常の運転からスポーツドライビングまで、幅広い用途においてドライバーに安心感と満足感を提供します。

普段使いもできる

スバル WRX S4を購入しても後悔しない点の一つは、その普段使いもできるという特徴です。

WRX S4は高性能スポーツカーのパフォーマンスを持ちながら、日常の都市運転や家族用途にも適しています。

この車は、快適な乗り心地と実用的な内装空間を提供し、市街地での運転から長距離の旅行まで対応可能です。

また、十分な荷物スペースもあり、買い物や週末のアウトドア活動にも対応します。

加えて、信頼性の高い安全機能も装備されており、ファミリーカーとしての使用にも安心感を提供します。

WRX S4の多用途性は、パフォーマンスを重視するドライバーだけでなく、日常生活の便利さを求めるユーザーにも魅力的で、日常の運転から特別なドライビング体験まで幅広く対応する柔軟性を持っています。

wrx s4は速すぎる?

スバル WRX S4を購入して後悔しない点の一つとして、その速さが挙げられます。

しかし同時に「速すぎる」という懸念もあります。

WRX S4は、パワフルなエンジンと先進的な走行ダイナミクスにより、優れた加速性能高速での安定性を提供します。

この速さは、スポーツドライビングを楽しむユーザーにとって魅力的ですが、一方で、日常運転においてはその全てのパワーを必要としない場合もあります。

市街地や交通が密集する環境では、WRX S4の高い性能は抑制されることが多く、適切な運転スタイルで楽しむことが重要です。

WRX S4の速さは、用途や運転スタイルに応じて、購入の大きな魅力となり得ますが、すべてのドライバーにとって理想的とは限らない点です。

wrx s4はレギュラーガソリンでも大丈夫?

レギュラーガソリンでも大丈夫?

購入して後悔するのかに関してですが、こんな疑問ありますよね。

これは違う車種にも言える事ですが、通常、WRX S4のような高性能車はハイオクガソリンを推奨されることが多いです。

高性能エンジンは、より高いオクタン価の燃料を必要とし、ハイオクガソリンはその性能を最大限に引き出すのに役立ちます。

レギュラーガソリンを使用すると、エンジンの性能が若干低下する可能性があります。

もちろん車両によってはレギュラーガソリンでも問題なく動作する場合もあります。

最適な性能と燃費を実現するためには、メーカーの推奨する燃料を使用することが最良です。

スバルwrx s4がおすすめの人は?

スバル WRX S4がおすすめの人は以下の通り

  • スポーツカーの性能を求めるドライバー: パワフルなエンジンと精密なハンドリングを重視します。
  • 日常の実用性と快適性を重視する人: 家族用途や日常的な運転にも適した快適な乗り心地と実用性を求めます。
  • 高品質な内装と安全性を評価するユーザー: 優れた内装品質と安全機能に価値を置きます。
  • 多様なシチュエーションでの使用を計画している人: 通勤から週末のドライブまで幅広い用途に適しています。

これらの特徴を持つ人にとって、WRX S4は理想的な選択肢となり得ます。

参照https://www.subaru.jp/wrx/s4_stisport/

wrx s4とレヴォーグどちらがいい?

スバル WRX S4とレヴォーグの選択に関して、どちらが良いかは、個々のニーズと好みに大きく依存しますので、ここでは以下に主要な違いを強調して説明します。

  • パフォーマンス: WRX S4はよりスポーティな走りを提供します。強力なエンジン高性能のハンドリングが特徴です。
    対して、レヴォーグはよりバランスの取れた性能を持ち、日常使用においても快適です。
  • デザインとスタイル: WRX S4は、スポーツセダンのスタイリッシュな外観を持ちます。
    レヴォーグはワゴンスタイルで、より実用的なデザインです。
  • 実用性とスペース: レヴォーグはワゴンタイプとして、より多くの荷物スペースを提供し、家族用途や多目的な使用に適しています。
    一方、WRX S4はセダンタイプで、スポーティな走りに重点を置いています。
  • 快適性: レヴォーグは快適な乗り心地と使い勝手の良さで知られています。
    WRX S4は、スポーツ走行にフォーカスしたセットアップのため、乗り心地が硬めです。

最終的に、スポーツ性能とドライビングの楽しさを重視するならWRX S4、一方で日常の使い勝手、快適性、多目的な用途を優先するならレヴォーグが適しています。ニーズに合わせて選択して下さい。

購入する前に試乗で確認するべきポイントは?

スバル WRX S4を購入する前に試乗で確認すべきポイントは以下の通りです

  • 走行性能: WRX S4のパワフルな加速ハンドリングを感じてください。
    特に、加速時のレスポンスやカーブでの安定性を確認し、期待に合っているか評価します。
  • 乗り心地: 高性能車特有の乗り心地の硬さを確かめます。
    長時間の運転や様々な路面状況での快適さを感じ取ってください。
  • 内装と快適性の機能: 内装の質感座席の快適性視界の良さ
    さらにはインフォテインメントシステム使い勝手をチェックします。
  • 実用性: トランクスペースや後部座席の広さを確認し、日常的な用途に適しているか評価します。
  • 騒音レベル: エンジンや風切り音など、運転中の騒音を感じて、許容範囲内かどうか確認します。

試乗を通じて、WRX S4のこれらの特性を実際に体験し、個人のニーズや好みに合っているかを判断することが重要です。

特に、走行性能と乗り心地は、高性能車を選ぶ上での重要な決定要因となるでしょう。

スバルwrx s4を中古で購入する際の注意点は?

スバル WRX S4を中古で購入する際の注意点には、特に車両の状態過去の使用履歴の確認が重要です。

まず、車両のメンテナンス記録を詳細にチェックし、定期的なサービスが適切に行われていたことを確認します。

この記録には、オイル交換やその他の基本的なメンテナンスが含まれます。

次に、走行距離と車両の状態が一致しているかを見ます。

また、事故歴や修理歴があるかどうかも重要なチェックポイントです。

さらに、WRX S4は高性能車なので、不適切な改造やカスタマイズが行われていないかも確認する必要があります。

これらの点を慎重に検討することで、中古のWRX S4を購入しても後悔しない選択ができるでしょう。

「wrx s4 買って後悔」を検索する人がよく思う質問4選

WRX S4の年齢層は?

スバル WRX S4は、そのスポーティな性能とデザインから、主に若い大人から中年層のドライバーに人気です。

特に、走行性能とスタイルを重視する20代後半から40代の自動車愛好家にファンが多いです。

WRX S4の年間維持費はいくらですか?

スバル WRX S4の年間維持費は、地域や使用状況により異なりますが、

一般的には保険、税金、メンテナンス、燃料費などで年間数十万円程度が目安です。

WRX S4の後席の乗り心地はどうですか?

スバル WRX S4の後席乗り心地は、スポーツセダンとしては満足のいくレベルですが、座席の硬さや足元のスペースに若干の制約があります。

WRXとSTIどっちが速い?

WRX STIは通常、WRXよりも高性能なエンジンとチューニングにより速いです。

STIはレース向けの性能強化が施されています。

まとめ:スバルwrx s4は買っても後悔しない部分が多い

スバル WRX S4は、その高性能な走行特性スタイリッシュなデザインで、多くの自動車愛好家に魅力的な選択肢です。

強力なエンジン精密なハンドリングにより、スポーツドライビングの楽しさを提供します。

また、快適な乗り心地と実用的な内装空間があり、日常使いにも適しています。

ただし、維持費は一般的なセダンより高めです。

しかしその性能と多用途性を考慮すれば、十分価値がある車だと思います。

試乗時には走行性能や乗り心地を重点的にチェックすることが大切です。

中古車を検討する場合は下記の点を入念に確認することが大切です。

メンテナンス記録
車両の状態

全体として、WRX S4は性能と日常使用のバランスを求めるドライバーにとって、後悔のない選択になるでしょう。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次