スズキ新型ソリオを買って後悔した人はいるの?新型ソリオの納期についても解説

この記事では、話題の新型ソリオを購入して後悔した人々の声をピックアップし、その理由を解説します。

また、新型ソリオの魅力や特徴と合わせて、現在の納期情報も詳しく解説しこれから新型ソリオの購入を考えている方にとって必読の内容にしています。

コンパクトながらも高い機能性を誇るスズキ新型ソリオの良いところ悪いところををまとめましたので、購入前にぜひ参考にして下さい。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

スズキ新型ソリオを買って後悔した人はいるの?

スズキの新型ソリオについて、ユーザーからのさまざまな意見があります。

燃費については、特にエコモードを使わない場合に不満が出ることがあるようです。

また、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールが搭載されていますが、高速道路での合流時に加速にタイムラグが感じられることが不満点として挙げられています。

さらに、後部座席の収納スペースが狭いため、荷物が乗らないなどの不満もあるようです。

デザインに関しては、一部の人には平凡に感じられる模様です、しかし多くの人に受けるデザインはリセールバリューにも寄与するとされています。


車体が比較的軽量で全高が高いため、風の影響を受けやすく、特にトラックが通る道やトンネルの出入り口では風圧によって車体が煽られることがあるようです。

しかし、全体的な評価としては、Twitterや口コミサイトで「後悔した」という声は少なく、多くのユーザーが満足しています。

走行性能に関しては、約6割の人が満足しており、背が高い割に安定感があると評価されています。

まずは新型ソリオの買って後悔した部分から紹介したいと思います。

スズキ新型ソリオを買って後悔したと言われる部分は?

スズキの新型ソリオ購入に後悔を感じる声は、主に燃費の不満、高速道路での加速のタイムラグ収納スペースの狭さ風の影響による運転の困難さに集中しています。これらの点が、一部のユーザーにとって後悔の原因となっているようです。

燃費が悪い

燃費に関する不満は、特にエコモードを使用しない場合に顕著に出ます。


通常、エコモードは燃費効率を高めるための機能であり、このモードを活用することで、車はより効率的に燃料を消費しますが、エコモードをオフにすると、新型ソリオの燃費は1kmあたり15-18kmから12-15kmに下がる可能性があると報告されています。


これは、エコモードがオフの状態ではエンジンのパフォーマンスが最優先され、その結果、燃料の消費が増加するためと言われています。

このような燃費の変化は、特に長距離運転や頻繁な都市内運転をするユーザーにとっては、コストとして感じられる可能性があります。

したがって、新型ソリオを選択する際には、エコモードの使用状況とその影響を考慮することが重要です。

デザインが平凡

デザインに関しては、一部のユーザーから「平凡」と言われています。

これは、新型ソリオが前モデルと比較して目立ったデザインの変更を行っていないため、特にデザインに革新性や特異性を求める人にとっては物足りない印象を与えています。

しかし、この「平凡」とされるデザインは、別の視点から見ると、その万人受けする特性がリセールバリュー、つまり再販売時の価値に寄与するとも言えます。

一般的に、デザインが時代やトレンドに左右されにくい車は、より広い範囲の買い手を惹きつける可能性が高く、中古市場においても価値が保持されやすいです。

したがって、新型ソリオのデザインが一部には平凡と感じられるかもしれませんが、実用性と市場価値の観点からは、この「平均点を出せる」デザインが長所として評価されることもあります。

風の影響を受けて高速が怖い

風の影響についての懸念は、車体が比較的軽量(960~1040kg)であり、全高が高いために生じるものと言われています。

このような構造の車は、風の影響を受けやすく、特に高速道路のような開けた環境では、風によって車体が不安定になりやすいです。

特に、対向車線から大型トラックが通過する際や、トンネルの出入り口での風圧の変化は、車体が煽られる原因となることがあります。

これは、高速道路での運転中に突然の車体の揺れやふらつきを感じることにつながり、運転者にとっては不安や恐怖を感じる瞬間となる可能性があります。

このような場合は、速度を適切に調整し、より慎重な運転を心がけることが重要です。


もちろん新型ソリオは基本的に高速道路での安全性は確保されていますが、特定の状況下では注意が必要です。

グレードによってシートヒーターがない

新型ソリオのグレードによっては、シートヒーターが装備されていない場合があります。

自動車メーカーは通常、さまざまな価格帯とニーズを満たすために複数のグレードを提供しており、それぞれのグレードには異なる機能や装備が設定されていますが、シートヒーターは快適性を高める機能の一つですべてのグレードに標準装備されているわけではありません。

特にエントリーレベルやミドルレンジのグレードではオプション扱い、あるいは装備されていないことがほとんどです。

もしシートヒータが必要なら、購入を検討する段階でどのグレードがシートヒーターを含むかを確認することが重要です。

シートヒーターを重視する場合は、それを装備するグレードを選択するか、オプションとして追加することを検討する必要がありディーラーに問い合わせて、各グレードの詳細な装備リストを確認することをお勧めします。

シートが柔らかい

シートの柔らかさに関する評価は、乗り心地や長時間の運転での快適性に直接関係しています。


柔らかいシートは、一般的に長時間座っていても疲れにくく、快適な乗り心地を提供しますが、あまりにも柔らかすぎるシートは、支持力が不足し、長時間の運転での体の疲労や腰痛の原因になることもあります。

特に、長距離運転や日常の通勤・通学などで車を使用するユーザーにとっては、シートの快適性は重要な要素となります。

シートの柔らかさは、個々の好みや体型、運転スタイルによって好まれる度合いが異なるため、新型ソリオを検討している場合は、実際に試乗してシートの感触を確かめることをお勧めします。


シートの柔らかさとサポート性のバランスを考慮し、自分にとって最適なシートの特性を持つ車を選択することが重要です。

小物用ポケットが少ない

小物用ポケットの数が少ないという指摘は、少数のユーザーから不足を感じる声がありました。


小物用ポケットは、携帯電話、財布、鍵、サングラスなどの日常品を収納するために便利であり、特に長時間の運転や家族での利用時には、これらの収納スペースが非常に重宝します。

新型ソリオの設計において、小物用ポケットやその他の収納スペースが限られている場合、特に多くの物を車内に持ち込むユーザーにとっては不便を感じる可能性があります。

小物用ポケットや収納スペースが不足していると感じる場合は、アフターマーケットのアクセサリーやカー用品店で提供されている追加の収納ソリューションを検討するのも一つの方法です。

突き上げ感がある

「突き上げ感」は、車のサスペンションやシャシー設計に関係していて、突き上げ感とは、車が凹凸のある道を走行する際に、不快な衝撃や振動が車内に伝わる現象を指します。


これは、サスペンションが路面からの衝撃を十分に吸収できない、あるいは硬すぎる設定になっている場合に発生しやすいです。

試乗時には、さまざまな路面状況で車の反応を評価し、突き上げ感の程度を自分の快適さの基準と照らし合わせて見ることが大切です。

また、突き上げ感が特に気になる場合は、サスペンションの調整やカスタマイズを検討することも一つの解決策となります。

後ろのシートが狭い

後部座席が狭いという問題は、車内の快適性や実用性に直接関わります。

特に大人数での使用や、大きな荷物を運ぶ必要がある場合には、この問題がより顕著にでます。

このため、後部座席の広さは車種の設計上の制約によって影響を受けることがあり、特に後部座席の脚部空間や頭上空間が限られている可能性があり、これは、大きな体格の人や成長期の子どもを含む家族にとっては重要な考慮点です。

新型ソリオを検討する際には、実際に車内の後部座席に座って、その快適さや広さを体験することが重要です。

また、日常的にどの程度のスペースが必要か、どのような乗客を運ぶことが多いかを考慮して、後部座席のサイズが自分のニーズに合致しているかを判断することが推奨されます。

メーターがセンターにある

メーターがセンターに配置されていることは、デザイン面でのモダンなアプローチになっていますが、これには利点と懸念点の両方の声が上がっています。

このようなデザインは、車内の外観をユニークにし、運転席の前方の視界を広げることができる一方で、従来の運転席前方のメーターに慣れているドライバーにとっては、最初はセンターメーターへの視線移動が不自然に感じられる可能性があります。

また、運転中の情報確認に際して、センター配置は運転席前方よりも視線を動かす必要があるため、一部のドライバーにとっては不便に感じることもあるかもしれません。

軽自動車とあまり変わらない普通自動車

新型ソリオが軽自動車と比較しても大きな違いがないと言われる主な理由は、そのコンパクトなサイズと高い実用性にあります。

この車は市街地での運転や駐車に適したサイズを持ち、軽自動車に近い取り回しの良さを目的にしています。

燃費の面では効率的で、軽自動車に匹敵する経済性を持ちます。

それが故に「軽自動車でいいのでは?」という声も上がっています。
最新の安全技術や運転支援システムは、軽自動車にも見られるトレンドですので大きな差別化が図れていないのが現状のようです。

次からは新型ソリオを購入したユーザーからの意見を聞きたいと思います。

スズキ新型ソリオを買って良かった部分は?

スズキの新型ソリオを購入して良かったと発信するユーザーはとても多くその魅力は、コンパクトながら実用的なデザイン優れた燃費効率先進の安全機能、そして快適な運転体験に集約されています。

市街地の運転や狭い駐車スペースへの対応力も高く、日常使用からレジャーまで幅広いシーンでその性能を発揮します。

内装が広い

内装の広さは、そのコンパクトな外観に反して、驚くほど広々とした空間になっています。

これは主に、効率的な内部設計と賢い空間利用によるものが大きく関わっているようです。
以下に注目する点を挙げました。

  1. スマートな内部レイアウト: 内部レイアウトを最適化して、乗員にとってより多くの脚部空間と頭上空間を提供しました。これにより、長距離のドライブでも快適な乗り心地が保たれます。
  2. 調節可能な座席配置: 後部座席が調節可能であるため、必要に応じてさらなる荷物スペースを確保することができます。日常の使用から休日のアウトドア活動まで、様々なニーズに対応できます。
  3. クレバーな収納ソリューション: 小物用の収納スペースやポケットが車内の至る所に配置されているので、効率的な収納ができ、車内が整理整頓されやすくなります。
  4. 広い視野と明るいキャビン: キャビンのデザインは、広い窓と一体感のあるダッシュボードで構成されているため、開放感のある空間と明るい内部環境が実現されています。

新型ソリオの特徴は、特に家族連れやアクティブなライフスタイルを持つユーザーにとって魅力的です。車内での快適性と使い勝手を重視する方にとって、新型ソリオは理想的な選択と言えるでしょう。

荷室が広く使いやすい

新型ソリオの荷室の広さと使い勝手は、特に日常生活やレジャー活動において非常に便利な特徴ではないでしょうか。

この車は、コンパクトなサイズながらも広々とした荷室があり、様々なニーズに対応しています。

以下の点が荷室の利便性を高めている点になります

  • 広い荷室スペース:荷室の設計において効率的な空間利用を図っています。日用品の買い物から週末のキャンプ用品まで、さまざまな荷物を容易に積むことができます。
  • 柔軟な座席配置:後部座席は折りたたみ可能で必要に応じて荷室のスペースを拡大できるので、大きな荷物や長尺物の運搬が容易になります。
  • 低い荷物積み込み高さ:荷室へのアクセスが容易です、特に重い荷物やかさばるアイテムの積み込みが楽になりました。
  • 実用的な収納ソリューション:荷室内には追加の収納スペースやフックが設けられており、荷物の固定や小物の整理が容易です。

荷室の広さと使いやすさは、日々の使い勝手から特別な趣味まで、幅広い用途に対応する柔軟性を提供します。

シートが快適

シートの快適性は、長距離のドライブや日常の運転において重要な要素です。
以下のような特徴により乗り心地を向上させています

  1. エルゴノミックデザイン: シートは人間工学に基づいて設計されており、体の曲線にフィットするように形成されています。長時間座っていても疲れにくく、快適な乗り心地をになっています。
  2. 適度なクッション性: シートのクッションは、柔らかすぎず硬すぎず、適度な硬さになっていますので長時間の運転でも体への負担が軽減されます。
  3. 調節可能性: 運転席および助手席のシートは多方向に調節可能で、さまざまな体型の人に合わせて最適な座り心地を見つけることができます。
  4. 通気性と素材の質: シートの素材は通気性が良く、長時間座っていても快適です。また、摩耗や汚れに強い素材が使用されていることも、快適性を維持する上で重要です。

これらのシートの特性は、快適な運転体験の重要な部分を形成しており、日常の通勤からレジャーまで、あらゆるシーンで快適な乗り心地を実現します。

外装が良い

外装は、そのスタイリッシュで現代的なデザインにより多くの注目を集めています。
この車の外観には、以下のような特徴があり、魅力的な印象を与えています

  1. モダンなデザイン:新型ソリオは、流れるようなラインと洗練された形状で、エレガントかつモダンな外観を実現しています。このデザインは、都市の景観に溶け込みつつも、目を引く存在感を放ちます。
  2. コンパクトなサイズ:車体はコンパクトでありながら、十分な内部スペースを確保しています。このバランスの取れたサイズ感が、都市部での運転や駐車の利便性を高めています。
  3. 洗練されたカラーオプション:新型ソリオは、選べるカラーパレットが幅広く、個性的な色合いから落ち着いたトーンまで、さまざまな好みに対応しています。
  4. 機能的なエクステリア:スタイリッシュな外観と同時に、エアロダイナミクスに配慮したデザインが燃費効率の向上に貢献しています。また、十分な視界を確保するための大きな窓や、使いやすいドアハンドルなど、実用性も考慮されています。

新型ソリオをただのコンパクトカーではなく、洗練されたデザインと機能性を兼ね備えた魅力的な車として位置づけています
都市生活に適したデザインでありながら、どんな環境にもマッチする汎用性の高さが、新型ソリオの外装の良さと言えるでしょう。

以前よりは突き上げ感が改善

新型ソリオにおける突き上げ感の改善は、複数の技術的な改良によって実現されています。


以下は、これら改良点の詳細なリストになります

サスペンションの最適化:新型ソリオは、サスペンションシステムを再設計しました。
これにより、路面からの衝撃を効果的に吸収し、車内への振動伝達を大幅に軽減しています。

車体剛性の向上:新型モデルでは、車体の剛性を高めることにより、衝撃や振動の分散が改善されました。車両全体の安定性が向上し、特に高速走行時の突き上げ感が軽減されています。

衝撃吸収材の改良:シートや内装に使用されている衝撃吸収材料も見直されました。
乗員が直接感じる路面からの衝撃が軽減され、長時間の運転でも疲れにくい快適な座り心地が実現されています。

タイヤとホイールの調整:タイヤの空気圧の最適化やホイールのバランス調整も、乗り心地の向上に寄与しています。適切に調整されたタイヤとホイールは、路面からの振動を効果的に吸収し、滑らかな走行を実現します。

技術的な改良により、新型ソリオは以前のモデルと比較して、突き上げ感が顕著に減少し、乗員にとってより快適な乗り心地を提供しています。

予約ロック機能

新型ソリオに搭載されている「予約ロック機能」は、現代の自動車における便利なセキュリティ機能の一つです。
この機能は、特定の条件下で自動的に車両のドアロックを行うことを可能にし、予約ロック機能の主な目的は、車のセキュリティを強化し、盗難や不正アクセスから車両を守ることです。

  1. 自動ロック: ドライバーが車を離れた際に、車両が自動的にロックされるよう設定でき、車をロックするのを忘れる心配がなくなります。
  2. カスタマイズ可能: ユーザーのニーズや状況に応じてカスタマイズ可能です。例えば、車のキーが一定の距離を超えると自動的にロックされるよう設定できます。
  3. 安心と便利さ: 予約ロック機能は、車両の安全性を高めるだけでなく、日常生活における利便性も提供します。荷物を持っていて手が塞がっている時でも、自動で車を安全にロックできます。
  4. 盗難防止: 不意の盗難や不正アクセスを防ぐための重要な機能として機能します。ドライバーが意図せずに車をアンロックしたままにしてしまうリスクを軽減します。

このような予約ロック機能は、現代の車両に求められるセキュリティと利便性を両立させています。ドライバーが安心して車を使用できるよう、さまざまなシナリオに対応する柔軟な設定が可能です。

新型ソリオのスペックは?

新型スズキソリオの主要スペックは以下の通りです

  • ボディタイプ: ミニバン・ワンボックス、5ドア、5名乗車。
  • サイズ: 全長 3790mm、全幅 1645mm、全高 1745mm。
  • エンジン: 水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター、最高出力 91ps、最大トルク 12.0kg・m。
  • トランスミッション: 5速AT、駆動方式はFF。
  • 足回り: マクファーソンストラット式コイルスプリング(前)、トーションビーム式コイルスプリング(後)。
  • 安全装備: エアバッグ、ABS、トラクションコントロールなど標準装備。
  • その他の装備: フルオートエアコン、クルーズコントロール、アルミホイール(15インチ)など

新型ソリオのグレードはgで十分?

新型スズキソリオのグレード「G」は、価格を抑えるために必要最低限の装備に絞られたエントリーグレードです。
このグレードは唯一マイルドハイブリッドシステムが搭載されておらず、燃費性能も他のグレードと比較して劣る点があります。
また、「G」グレードでは両側スライドドアのパワースライド機能が標準で搭載されていませんが、後席左側のドアに限りオプションで追加することが可能です。

一方で、エアフィルター付きのフルオートエアコンやキーレスプッシュスタートシステムなど、快適装備は搭載されています。したがって、「G」グレードは価格を重視し、基本的な機能と快適さを求めるユーザーには十分な選択肢となるでしょう。

新型ソリオバンディットに乗っている人は少ない?

新型ソリオバンディットの人気に関して、一部の情報源によると、新型ソリオのバンディットモデルは標準モデルに比べて若干人気が高いようです。販売比率に関するデータでは、バンディットモデルが約63%を占め、標準モデルが約47%であると示されています。

この人気の理由の一つは、バンディットモデルのデザイン性が多くの人に気に入られていることにあります。

新型ソリオとバンディットはどちらが人気?

新型ソリオとそのバリエーションモデルであるバンディットについての人気度を比較すると、バンディットが若干高い人気を誇っているようです。具体的には、新型ソリオの販売比率において、バンディットが約63%を占め、標準モデルが約47%となっています。

この人気の差は、バンディットの見た目のデザイン性やスタイリッシュな外観が多くの購入者に好まれていることが影響していると考えられます。

スズキ新型ソリオの納期はどれくらい?

現在の情報に基づくと、新型スズキソリオの納期はおよそ1ヶ月から3ヶ月の範囲となっています。

実際の納期は地域や販売店、契約時期、選択されるグレード、オプション、ボディカラーなどによって変動する可能性があります。

2022年中はソリオの納期が不安定になり、半年以上かかるケースもあったようですが、現在は納期が落ち着いており、オーダー車の場合は約2~3ヶ月、在庫があれば1ヶ月での納車が可能となっているようです。

スズキ新型ソリオを値引きするコツは?

新型スズキソリオの値引きを目指す際には、いくつかありますが、まず、複数のディーラーを訪問し、競合させることが重要です。
異なるディーラー間で価格交渉を行うことにより、より良い値引きを引き出すことが可能になります。

また、月末や販売店の決算期など、ディーラーが販売目標を達成しようとするタイミングを狙うと、より大きな値引きが期待できます。

さらに、グレードやオプションの選択にも注意を払いましょう。
必要ないオプションは省く、または異なるグレードを提案してもらうことで、トータルコストを抑えることができます。

加えて、購入時の下取り車がある場合は、その査定額を交渉の材料として使うことも有効です。

最後に、フェアやキャンペーンなどの特別な販売イベントを利用するのも良い方法です。

これらのイベントでは通常よりも優遇された価格設定や特典が提供されることがあります。

買って後悔しないためのポイントは?

新型スズキソリオを購入して後悔しないためにはまず、自分の実際の用途やニーズに合っているかをよく考えることが大切です。

たとえば、日常的に何人で乗るのか、どの程度の荷物を運ぶことが多いのか、どのような環境で主に運転するのかなど、実生活における使用シナリオを想定して、ソリオがそれに適しているかを検討します。

次に、燃費や維持費、車両のサイズ、運転のしやすさなどの基本的な性能面を確認することも重要です。また、安全装備や快適性の面での要望も考慮に入れ、それらが新型ソリオの機能や装備で満たされているかを確認します。

予算設定も大切です。購入価格だけでなく、維持費用、保険料、税金、燃料費などのトータルコストを把握し、長期的な視点での経済性も検討する必要があります。また、可能であれば試乗をして、実際の運転感覚や乗り心地を体感することも推奨されます。これにより、実際の使用感をより深く理解できます。

最後に、購入後のアフターケアや保証、ディーラーとの関係性も重要です。長期にわたって快適に車を使用するためには、信頼できるディーラーやメンテナンスプランの存在が安心感につながります。

「スズキ 新型ソリオ 買って後悔 した」を検索する人がよく思う質問4選

ソリオとルーミーはどっちが人気ですか?

ルーミーは2022年新車販売台数4位、ミニバンとコンパクトカーの要素を備えた人気モデル。一方、ソリオはコンパクトトールワゴンのパイオニアで、広い室内と取り回しの良さが特徴。どちらも高い人気を誇ります。

新型ソリオの維持費はいくらですか?

2023年の新型ソリオの年間維持費は、標準モデルで約22万円。
税金、車検、保険、が主な費用です。

ソリオの燃費はリッター何kmですか?

2023年式スズキソリオの燃費はモデルにより異なり、標準型は約19.0km/L、ハイブリッドMXとMZ型は約19.6km/L、ハイブリッドSZ型は約22.3km/Lです。

ソリオのモデルチェンジはいつですか?

スズキのソリオは2011年1月に初代を発売して以来、フルモデルチェンジを3回行い、最新モデルは2020年12月に発売されました【79†source】。現時点での次のモデルチェンジについての公式情報はありません。

まとめ:スズキ新型ソリオは必ずしも後悔する車ではない!

コンパクトながら広々とした室内空間、燃費の良さ、そして先進の安全技術を備えている新型ソリオは市街地での運転に適しており、家族や日常の移動に理想的です。

パフォーマンスやデザインに関しては個人の好みが大きく影響しますが、スズキ・ソリオは実用性と経済性を重視するドライバーにとって、後悔することのない良い選択肢と言えるでしょう。

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次