新型ヴェゼルはひどい?失敗?新型ヴェゼルで後悔しないためにレビューも確認!

新型ヴェゼル ひどい

新型ヴェゼルの購入を検討中の方へ。

この記事では、エンジン性能、燃費効率、内装の質感など、専門的な視点から新型ヴェゼルを徹底評価します。

購入前に押さえておくべき技術的詳細や、ユーザー体験を踏まえたレビューを通して、あなたの期待に応えるかどうかを明らかにします。

市場における競合車種との比較も含め、賢い車選びに繋がる貴重な情報源となることと思います。

新型ヴェゼルの購入を検討する際のガイドととしてぜひ参考にして下さい。

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

新型ヴェゼルはひどい?

新型ヴェゼルに関するレビューでは、多くのポジティブな要素が強調されています。

2021年4月に発売されたこのモデルは、特にハイブリッドバージョンが売れ行きがよく新型ヴェゼルは、販売開始から1か月で3万台以上の注文を受け、その内の約76%がハイブリッドの上位グレードであると言われています。

外観デザインは当初物議を醸しましたが、実際には高品質に見えると評価されています​​。

1.5Lの直列4気筒ガソリンエンジンと2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムは、良好な走行性能を提供しています。

さらに、Honda SENSINGと呼ばれる運転支援システムや、高い静粛性も特徴です​​。

室内では、居住性と快適性にも配慮されており、多彩なシートアレンジが可能です​​。

ただし、新型ヴェゼルの口コミは良いものばかりではなく、改善の余地がある点も指摘されています。

例えば、テールゲートのデザインは雨の日には不便、また、人気モデルゆえに納車の遅延が発生していることも問題とされています​​。

総じて、新型ヴェゼルは技術的に進歩しており、多くの点で高評価を受けていますが、いくつかの小さな欠点も存在するようです。

新型ヴェゼルで後悔しないためにレビューを確認

ここでは新型ヴェゼルの口コミをいくつか紹介したいと思います。

悪い評価:デザインはカッコ良いですが、操作性は悪いです。

エアコンのタッチパネルは操作性は最悪と評価せざるを得ません。
出来の悪いエンジンを操作しているようなアクセル操作の悪さ。

kakaku.com

多くのユーザの意見の中に「操作性が悪い」という不満があるようです。

悪い評価:大変申し訳ございません。良さがわかりません。

正面はグリルが微妙
インテリア:ダサイ。ナビの下の空間にハザードボタンだけがでっかく鎮座している。

kakaku.com

デザインを好まないユーザーもいて、「高級感を履き違っている」という声もありました。

良い評価:高級感のあるデザインと、コスパのよいSUV

高級感を意識してきた車種だといえます。内装にも上質感が感じられ、デザインや高級感でも勝負できるSUVに仕上げられているといえる。

グーネット

圧倒的に内装外装共に高級感があるという声が多いです。

良い評価:顔面がカッコよすぎ!!

老若男女問わず、若者からも人気のようです。

新型ヴェゼルは壊れやすいの?

新型ヴェゼルの耐久性や故障に関する具体的な統計は見つかりませんでしたが、2023年3月31日にホンダは、フィットやヴェゼルを含む13車種でブレーキシステムの不具合があると発表しました。

この問題は、製造工程の不適切さに起因し、圧力センサ内に油が浸入し、センサの抵抗部が腐食し出力値が異常になる可能性があるとされています。

このため、ブレーキペダルの操作力が増大するリスクがあり、ホンダは全車両のブレーキシステムを点検し、必要に応じて対策品と交換することを決定しました​​​​。

この情報に基づくと、新型ヴェゼルが特に「壊れやすい」と言えるかは定かではありませんが、特定のモデルにおいてブレーキシステムの問題が発生していることは確かです。

そのため、新型ヴェゼルを検討している場合、このようなリコール情報に注意を払うことが重要です。

新型ヴェゼルの購入で失敗しないために付けたいオプションは?

新型ヴェゼルの購入時に検討するべきおすすめオプションは以下の通りです。

  • Honda CONNECTディスプレイ: ETC2.0車載器、後退出庫サポート、ワイヤレス充電器が含まれ、約22万円で、自動地図更新サービスが利用可能です​​。
  • フロントグリル(クロームメッキ): 車の外観にアクセントを加え、おしゃれな外観を実現できます。価格は約5万円です​​。
  • アクアクリーンミラー: 親水式ドアミラーで、雨粒がつきにくくなります。価格は約1.5万円です​​。
  • オートリトラミラー: ドアロックと連動して、ドアミラーが自動で展開・格納します。価格は約1万円です​​。
  • リア用USBチャージャー: コンソールボックス裏に2口設置されたUSBチャージャーで、充電用USB端子が前席にしかない場合に特に便利です。価格は約1万円です​​。

これらのオプションは、新型ヴェゼルの快適性や機能性を向上させるために有用です。

新型ヴェゼルを安く購入するコツは?

新型ヴェゼルを安く購入するために、いくつか有効な手段があります。

まず、年末や年度末に購入することを検討してください。

この時期、多くのディーラーは販売目標を達成するために価格交渉により柔軟に応じることがあります

また、複数のディーラーを訪問し、価格やサービスを比較することも大切です。

異なるディーラーで異なる取引条件が提供されることがあるため、比較することで最良のオファーを見つけることができます。

オプションに関しては、必要最低限のものに絞ることで費用を抑えることができます。

不必要なオプションは追加せず、本当に必要なものだけを選びましょう。

また下取り車がある場合は、その車の状態を良く保ち、最大限の価値を引き出すことも重要です。複数のディーラーで下取り価格を比較することも有効です。

さらに、ディーラーやメーカーが実施するキャンペーンや特別割引を活用することも一つの方法と言えます。

これらのオファーを利用することで、追加の割引や特典を受けることができ、車両保険やローンについては、ディーラーを通じて申し込むよりも他の保険会社や金融機関のオファーを比較検討することで、より経済的なプランを見つけることが可能です。

これらのアプローチを組み合わせることで、新型ヴェゼルをより低価格で購入するチャンスを増やすことができるでしょう。

新型ヴェゼルの中古車や新古車はお得なの?

新型ヴェゼルの中古車や新古車がお得かどうかは、価格、車両の状態、販売店の信頼性などによって異なります。

通常、新車と比較して中古車や新古車は価格が低く設定されており、特に中古車の場合は走行距離や車両の状態によって価格に大きな差が出ることがあります。

新古車はほぼ新車と同様の状態を保っていることが多いですが、中古車を選ぶ際は保証期間の残りやメンテナンスの履歴をしっかりと確認することが重要になってきます。

また、購入を検討する際には信頼できるディーラーや販売店から購入する方が良いでしょう。

質の高い車両を見つけることができ、アフターサービスや保証についても安心できます。

さらに、中古車の場合、走行距離が少なく、使用歴が明確な車両を選ぶことがマストです。

これはいうまでもなく走行距離が少ないほど、車両の状態が良好である可能性が高くなるためです。

最終的には、個々のニーズに合わせて選択することが大切で、新車に比べてオプションの選択肢が限られることもありますが、必要な機能や装備が備わっているかどうかを確認し、市場を広く調査することで、最適な車両を見つけることができます。

価格面で新車よりもお得な選択肢となることが多いですが、購入前には車両の状態や歴史、保証の有無などを慎重に検討することが大切です。

新型ヴェゼルと比較したい車は?

新型ヴェゼルの検討中の方は、ヤリスクロス、マツダ CX-30、スバル XVとの比較をしてしまうのではないでしょうか?

ここでは人気SUVのそれぞれの特徴と利点を詳細に分析していきたいと思います。

ヤリスクロス

新型ヴェゼルとヤリスクロスの比較です

デザイン

  • ヴェゼル: スタイリッシュで洗練されたデザインが特徴。都市部でも目を引くモダンな外観です。
  • ヤリスクロス: コンパクトで機能的なデザイン。シンプルで実用性を重視した造形です。

性能・走行性

  • ヴェゼル: ハイブリッドモデルでは、滑らかで力強い加速と良好な燃費性能が高いので、走行感覚はバランスが取れていて快適です。
  • ヤリスクロス: コンパクトながらもしっかりとした走行性能を持ち、都市部での取り回しの良さが魅力。燃費効率も高く、小回りが利く点が評価されています。

インテリア・快適性

  • ヴェゼル: 高品質な内装素材と広々とした室内空間が特徴。快適な乗り心地と使い勝手の良さに注目。
  • ヤリスクロス: コンパクトながらも効率的な室内レイアウト。シンプルで機能的なインテリアが特徴です。

安全性・テクノロジー

  • ヴェゼル: 先進の安全技術や運転支援システムを搭載。Honda SENSINGなどの機能が装備されています。
  • ヤリスクロス: トヨタの安全技術であるToyota Safety Senseを搭載し、高い安全性を提供します。

価格

  • ヴェゼル: モデルや装備によって異なりますが、一般的にはヤリスクロスと比較してやや高価な設定です。
  • ヤリスクロス: ヴェゼルと比較して若干低価格であり、コストパフォーマンスが高いと評価されています。

総合評価

  • ヴェゼル: スタイリッシュなデザインとバランスの取れた走行性能、広い室内空間が魅力的なSUVです。
  • ヤリスクロス: コンパクトで扱いやすく、都市部での使用に適した実用的なSUVです。

CX-30

新型ヴェゼルとCX-30 の比較です

デザイン

  • ヴェゼル: 洗練されたスタイリッシュな外観で、都市部でも目立つデザインが特徴です。
  • CX-30: マツダ独特の流麗な「魂動」デザインが特徴。エレガントでダイナミックな外観が魅力的です。

性能・走行性

  • ヴェゼル: ハイブリッドモデルでは滑らかで力強い加速を実現し、燃費性能も高いです。バランスの取れた運転感覚を提供します。
  • CX-30: 優れた走行性能とコーナリング性能が特徴。マツダ特有の「人馬一体」の運転感覚を提供し、運転の楽しさに重点を置いています。

インテリア・快適性

  • ヴェゼル: 広々とした室内空間と高品質な内装素材が特徴。快適な乗り心地と使いやすいインテリアを提供します。
  • CX-30: 上質な内装と洗練されたデザインが特徴。高い品質感と快適な乗り心地を実現しています。

安全性・テクノロジー

  • ヴェゼル: Hondaの先進の安全技術や運転支援システムを搭載。Honda SENSINGなどの高度な機能を提供しています。
  • CX-30: マツダのi-ACTIVSENSE安全技術を搭載し、高い安全性能を提供します。また、走行性能に対する安全技術の統合も特徴的です。

価格

  • ヴェゼル: モデルや装備により異なりますが、CX-30と比較して価格はやや高い傾向にあります。
  • CX-30: ヴェゼルと比較して、同等の装備レベルであれば若干高めの価格設定ですが、内装の品質感や運転の楽しさを重視するユーザーには魅力的です。

総合評価

  • ヴェゼル: バランスの取れた走行性能と快適なインテリア、先進の安全技術が魅力的なSUVです。
  • CX-30: 運転の楽しさと上質な内装を備え、安全性能も高い、高品質なSUVです。

新型ヴェゼルとCX-30は、それぞれ独自の強みを持っています。自分の好みやニーズに応じた選択をすることが重要です。

ヴェゼルは都市部での快適な使用に適しており、CX-30は運転の楽しさを重視するユーザーに向いています。

XV

新型ヴェゼルとXVの比較です

デザイン

  • ヴェゼル: 洗練されたスタイリッシュな外観が特徴で、都市部での使用に適しています。
  • XV: ロバストでアウトドア志向のデザインが特徴。よりタフな外観を持ち、アクティブなライフスタイルにマッチします。

性能・走行性

  • ヴェゼル: ハイブリッドモデルでは滑らかな加速と良好な燃費性能が魅力です。都市部での運転に最適化されています。
  • XV: スバル独自のシンメトリカルAWD(全輪駆動)システムにより、優れたオフロード性能と安定した走行を提供します。雪道や悪路での性能が高いです。

インテリア・快適性

  • ヴェゼル: 広々とした室内空間と高品質な内装素材により、快適な乗り心地を実現します。
  • XV: 機能的で耐久性のある内装が特徴。アウトドア使用に適した設計がされています。

安全性・テクノロジー

  • ヴェゼル: Honda SENSINGなどの先進的な安全技術を搭載し、包括的な安全性を提供します。
  • XV: スバルのEyeSightドライバーアシストシステムを装備し、高い安全性能を誇ります。特に前方衝突防止技術は高く評価されています。

価格

  • ヴェゼル: モデルや装備によって異なりますが、価格は一般的にXVと比較して競争力があります。
  • XV: 全輪駆動システムを標準装備しているため、同等の装備レベルであればヴェゼルと比較して価格が高い傾向にあります。

総合評価

  • ヴェゼル: 都市部での使用に最適化された、スタイリッシュなデザインとバランスの取れた性能を持つSUVです。
  • XV: オフロード性能と安全性を重視するユーザーに適した、全輪駆動搭載の堅牢なSUVです。

新型ヴェゼルとXVを選ぶ際は、用途や好みに応じて決定することが重要です。

ヴェゼルは都市部での快適な使用に、XVはオフロードや悪路での走行に適しています。

新型ヴェゼルのスペックは?

新型ヴェゼルのスペックには以下の通りです。

  1. エンジン: 新型ヴェゼルは、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの両方を提供しています。ハイブリッドモデルはHondaのe:HEVシステムを搭載しており、これは1.5リットルの直列4気筒ガソリンエンジンと2つのモーターを組み合わせたものです。
  2. パワートレイン: ハイブリッドモデルでは、主にモーターで駆動し、エンジンは主に発電用として使用されます。ガソリンモデルでは、従来の内燃機関を使用しています。
  3. 燃費: ハイブリッドモデルは特に燃費効率が高く、WLTCモードでの燃費は24.8km/L(JC08モードでは30.4km/L)となっています。
  4. 安全技術: Honda SENSINGを搭載しており、衝突軽減ブレーキシステムやレーンキープアシスト、道路逸脱抑制システムなど、多様な安全・支援機能が含まれています。
  5. 内装と快適性: 広々とした室内空間と高品質な内装が特徴です。ソフトパッドやピアノブラックのパネルを採用しており、快適性と上質感を提供します。
  6. 外観デザイン: 現代的でスタイリッシュなデザインが特徴で、都市部での使用に適しています。

新型ヴェゼルは、先進的なハイブリッド技術と安全技術を搭載し、都市部での快適な運転をサポートするデザインと機能を持つバランスの良いSUVです。

新型ヴェゼルの売れ行きは?

新型ヴェゼルの売れ行きは、2021年のフルモデルチェンジ以降、一貫して好調です。

特にハイブリッドモデルの人気が高く、2023年の月間販売台数は数千台の範囲で推移しています。

2023年7月の販売台数は4,132台、6月は3,619台、5月は3,109台となっており、3月には5,762台に達しています。

年間販売台数では、2022年度は50,736台、2021年度は52,669台と記録されています。

これらの数字から、新型ヴェゼルが国内市場で安定した人気を保っていることがわかります

新型ヴェゼルがおすすめの人は?

新型ヴェゼルがおすすめの人は、以下のような特徴を持つ方々です。

  1. 都市部での使用を重視する人: 新型ヴェゼルのスタイリッシュなデザインとコンパクトなサイズは、都市部での使用に最適です。交通量の多いエリアや狭い道でも快適に運転できます。
  2. 燃費効率を重視する人: 特にハイブリッドモデルは燃費が良く、長期的に燃料コストを節約したい人に適しています。
  3. 快適な乗り心地を求める人: 新型ヴェゼルは広々とした室内空間と高品質な内装素材を使用しており、快適な乗り心地を提供します。
  4. 先進安全技術を求める人: Honda SENSINGなどの先進的な安全技術が搭載されているため、安全性を重視する人にも適しています。
  5. デザインと機能性を重視する人: モダンな外観と実用性を兼ね備えたデザインが特徴で、デザインと機能性のバランスを重視する人に最適です。
  6. ファミリー用車として使用する人: ファミリーカーとしても優れており、広々とした車内空間と使い勝手の良い収納スペースがあります。
  7. 最新技術に興味がある人: 最新のハイブリッドテクノロジーや安全技術に興味がある人にとって、新型ヴェゼルは最新の技術を体験できる魅力的な選択肢です。

新型ヴェゼルは、これらの特性により、日常の都市部での使用から長距離のドライブ、ファミリー用車としての使用まで、幅広いニーズに応えることができます。

「新型ヴェゼル ひどい」を検索する人がよく思う質問4選

ヴェゼルが安い理由は何ですか?

ヴェゼルが比較的安い理由は、効率的な生産プロセス、広範囲に及ぶ部品共有化、そしてHondaの大規模な生産能力によるコスト削減が主な要因です

ヴェゼルは満タンで何キロ走れますか?

ヴェゼルの走行距離は、モデルと燃費により異なりますが、ハイブリッドモデルなら満タンで約900キロ、ガソリンモデルで約700キロ程度走行可能です。

ヴェゼル 何年待ち?

2023年現在、新型ヴェゼルの納期はガソリン車が約6~7ヶ月、ハイブリッドモデルが約3.5~4ヶ月ですが、地域や販売店により変動することがあります。

新型ヴェゼルの燃費はリッター何キロですか?

新型ヴェゼルの燃費は、ハイブリッドモデルでWLTCモードで約24.8km/L、ガソリンモデルでは若干低く、具体的な数値はモデルによって異なります。

まとめ:後悔しないために新型ヴェゼルのレビューも参考にしよう

新型ヴェゼルはその魅力的なデザインと先進の技術で、あなたのドライブを一段上のレベルへと引き上げます。

スタイリッシュで都市部に映える外観、効率的なハイブリッドシステムによる優れた燃費、そしてHonda SENSINGの安全技術は、快適かつ安心のドライビング体験を約束します。

しかし、購入を検討する際は、詳細なレビューを参考にすることが肝心。

ヴェゼルの魅力を存分に理解し、購入後の満足度を高めるためにも、幅広い情報を収集しましょう。あなたのカーライフが新たな高みに達すること間違いなしです。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次