ダイハツタフトは燃費悪い?タフトの燃費は実際どれくらいなのかを確認!

ダイハツタフトは燃費悪い?タフトの燃費は実際どれくらいなのかを確認!

今までスズキのハスラーがトップに君臨していたSUV軽自動車ですが、2020年にダイハツからもSUV軽自動車も発売されました。

タフトは高い最低地上高を持っていて悪路走行に適した走行性能を持ちながら、可愛いデザインとなっています。

また、タフトはDNGAプラットフォームが採用されていて、操縦安定性や燃費の向上に貢献しています。

発売時のスローガンは『ジブン、オープン、青空SUV』となっており、他の軽自動車にはないガラスルーフ(スカイフィールトップ)が特徴的です。

ガラスルーフを採用することによって、頭上の広い視界や大きな開放感を演出することが出来ます。

そのため、軽自動車のように狭くて限られた室内スペースを最大限に生かしてます

そんなダイハツタフトは燃費悪いのか、どれくらいなのかについて紹介していきます!

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

ダイハツタフトは燃費悪い?

ダイハツタフトはSUVですが、軽自動車なので燃費競争が激化しているこのカテゴリーではどうしても燃費が最初に気になるところです。

普通車でも4WDの設定が多いSUVは燃費悪いイメージがどうしてもぬぐえません。

さてタフトはどうなのか紹介します!

カタログ記載の燃費

タフトは基本となる4つのグレードと、特別仕様車モデルの4つのグレード、合計8つのグレード構成となっています。

まずはベースグレードを、2WDと4WDに分けて一覧にしてみました。

ベースグレード

グレード
(単位:km/L)
GターボGXターボX
WLTC2WD21.321.421.321.4
4WD21.121.121.121.1
市街地2WD19.619.719.619.7
4WD19.319.419.319.4
郊外2WD22.722.922.722.9
4WD22.522.422.522.4
高速道路2WD21.221.321.221.3
4WD21.121.121.121.1
JC082WD25.525.725.525.7
4WD24.224.124.224.1

参考資料:タフト

ターボ搭載車は、当然ながら燃費はあまり良くないとされています。

しかし、タフトのターボエンジン・NAエンジンを比較してみると多少の違いはありますが、燃費性能に大きな差はないです。

特別仕様車のクロムベンチャーのカタログ燃費は、ベースグレードと全く同じ数値となっていて燃費の面では特に影響はありません。

タフトの燃費は実際どれくらい

次に、タフトを実際に走らせた場合の燃費をご紹介します。

カタログ燃費とどの程度の違いがあるか、紹介していきます。

グレード駆動方式カタログ燃費平均実燃費
・G
・X
2WD19.7km/L
~22.9km/L
17.93km/L
4WD19.4km/L
~22.4km/L
16.14km/L
・Gターボ
・Xターボ
2WD19.6km/L
~22.7km/L
18.91km/L
4WD19.3km/L
~22.5km/L
17.21km/L

参考資料:e燃費

実燃費は、カタログ燃費のおよそ2割低い値が計測されると一般世間的に言われている中、タフトの実燃費はカタログ値とかけ離れていません。

むしろ他車と比べると十分すぎるくらい許容範囲内の実燃費であるということがわかります。

ターボ車や軽SUVは燃費が悪いという思い込みがある人もいると思います。

しかし、街乗りであっても実燃費16km/Lをを超えるタフトの燃費性能は、優秀であると言えるでしょう。

タフト4WDターボの燃費

タフトの4WDシステムは、前後輪に路面の状況に適した駆動力を配分する「ビスカスカップリング式」を採用しています。

コンピューター制御でセンサーを使用する通常の4WDと違い、シンプルのため4WDとしての性能はそこまで高くはないです。

しかし、2WDと比比較すれば安定した加速感を感じることができるでしょう。

そんなメリットを踏まえて4WD仕様と2WD仕様の燃費の差が僅か0.2km/l(WLTCモード)となっており驚愕の燃費を誇ってます。

この数値を見たら4WD仕様がお得のように見えますね。

他の車種と燃費を比較

ダイハツタフト単体の燃費をみてもおそらく本当の良いのか?と感じてしまうと思います。

ここでタフトを購入する際おそらく比較するであろう、競合車の燃費を紹介します!

ムーヴカスタム

2014年にデビューした現行型の6代目ムーヴでは、新開発の軽量高剛性ボディ「Dモノコック」が採用されました。

新開発ボディによって基本性能の向上と軽量化が実現しました。

さらに、フロントアンダースポイラーやスポイラー一体型バックドアなど、各種空力アイテムの改善により空力性能を大幅に改善させたことで低燃費を実現しています。

加えてエンジンが発する熱を利用してCVTフルードを温め、最適温度化させることでエンジンの燃焼効率やCVTの変速効率を高めて燃費を向上させる「CVTサーモコントローラー」や「停車前アイドリングストップ」。

さらに、エコドライブをサポートする「エコドライブアシスト照明」など、燃費向上に貢献するさまざまな技術が搭載されているのがムーヴの燃費性能の特徴といえるでしょう。

ムーヴカスタムの燃費は18.8~20.7km/Lとタフトよりも悪いため、燃費性能を重視する方にとってはタフトが有利なポイントになります。

ハスラー

スズキ ハスラーは軽SUVの先駆者ともいえる存在であり、ハスラーを買うか悩む人は少なくありません。

かくかくしたスタイルはタフトと同様ですが、ライトが丸型であるためタフトよりもレトロかわいい感じがある見た目が特徴的です。

ハスラーにはガソリン・ハイブリッド車、NAエンジンとターボエンジンがあり、グレードごとに2WD/4WDを選べます。

キーレスプッシュスタートシステムやシートヒーターなどの快適装備があるのも魅力のひとつです。

ハスラーの燃費は20.8~25.0km/Lとタフトよりもよいため、燃費を重視する方にとっては比較ポイントになります。

ジムニー

 スズキ ジムニーは走破性や走行性能を重視する人に人気の車種です。

駆動方式はすべて4WDで、トランスミッション(変速機)は全グレードで4ATと5MTで選択できます

どのグレードにも「ラダーフレーム」を採用しているため悪路での走行に強く、耐久性の高さも兼ね備えています。

ジムニーのサスペンションは、前後ともに3リンクリジッドアクスル式を採用している点も特徴です。

凹凸路ではタイヤの接地性が高く、地面から車体までの間を確保しやすくなっています。

さらに最低地上高は205mmと、タフトの190mmを大きく上回っています。

厳しい路面状況でも障害物に接触しにくいスタイルを持ち、耐久性と高い走破性が追及されています。

そんなジムニーの燃費は14.3~16.6km/Lとタフトより劣ってしまいますが、走破性は抜群であり逞しい軽SUVだと言えます。

タフトの燃費が悪いと言われるのはなぜ?

ここまで競合車と比較してきましたが、全体的にタフトの燃費が良いことがわかりました。

単純に数字を比較するとタフトが優秀ですが、なぜかネットでは燃費があるいと言われてしまいます。

今回はこれについて紹介していきます!

乗り方によって差が出る

環境や乗り方によって燃費に差が出るというのもタフトの燃費が悪いと言われる理由の1つです。

前述した通り、タフトの燃費はある人は50km/Lという驚異的な低燃費で走る人がいたかと思ったら15km/L程度にしかならない人もいてかなり極端です。

これは都市部の人は信号の数が多く、ストップ&ゴーを繰り返すために燃費が悪くなるからです。

一方、郊外で走る機会が多い人は一定の速度で走る続ける機会が多いので、燃費は抑えられるでしょう。

また、同じ道を走っていてもブレーキとアクセルを踏む回数の多い人は燃費が悪くなりがちです。

このように環境や乗り方によって大きく変わります。

燃費が悪い乗り方をしている人からしたら「タフトは燃費が悪い」となるのです。

ハスラーとの比較

ハスラーの燃費と比較されているのもタフトの燃費が悪いと言われる理由の1つです。

実際そこまでタフトの燃費は悪くないのですが、カタログ燃費上ではタフトの方がハスラーよりも燃費は悪いです。

カタログ上の燃費というのは車を所有していなくても調べられるし、比較しやすいです。

そのため、カタログだけ見て「タフトの燃費は悪い」と言っている人が一定数いるのだと考えられます。

ただ上で紹介している通り、乗り手のアクセルの踏み方や、道の状況によって燃費はすぐに変わってしまいます。

ハスラーとの燃費の差はあまり気にしなくていい項目のように思えます。

ターボエンジンの影響

通常の車であればターボを付けた車はパワーと引き換えに燃費が低下してしまうのが一般的です。

タフトの場合、先ほど紹介した通りターボ・NAエンジンどちらも、燃費性能はほぼ変わりません

タフトのターボエンジンを選んだから=「燃費が悪い」と思い込むことは大間違いです。

しかし、ターボが搭載しているとパワーが増加する分、多少の燃費性能が低下する傾向があることも事実です。

タフトはダイハツが開発したエンジン『TOPAZ NEO』により、パワーと燃費の両立を実現しております。

タフトでガソリンの減りが早いと思った時にできることは?

タフトの燃費を最大限向上させるには、3つの方法があります。

■アイドリングをしない
■急発進・急加速を避ける
■タイヤの空気圧を適正値に保つ

燃費の良い=環境に優しいドライブを行うには、まずガソリンを使用するの控えるためにアイドリングをしないようしましょう。

アイドリングしている車は様々な駐車場で多く見受けられますが、これはかなち燃費にも影響しています。

急発進や急加速をも無駄にガソリンを消費する行為なので、ゆっくり動作ができるように心がけましょう。

最後に意外かもしれませんが、乗車する車のメンテナンスも重要です。

特にタイヤの空気圧は、適正にすることによって本来車の性能引き出すことができます。

ダイハツタフトの基本情報

参照https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

ここまでダイハツタフトの燃費ついて紹介してきました。

しかし、タフトはどんな車?そんな疑問がわからないとそもそも購入を検討することまでには至らないと思います。

ここからはタフトの基本情報を紹介していきます!

スペック

まずはタフトのサイズなどのスペックを紹介していきます。

◯:標準装備 △:オプション装備 -:選択不可、またはディーラーオプション

型式5BA-LA900S最小回転半径4.8m
駆動方式FF/4WD全長×全幅×全高3.4m×1.48m×1.63m
ドア数5ホイールベース2.46m
ミッションCVT前トレッド/後トレッド1.3m/1.3m
AI-SHIFT室内(全長×全幅×全高)2.05m×1.31m×1.27m
4WS車両重量840kg
シート列数2最大積載量-kg
乗車定員4名車両総重量-kg
ミッション位置インパネ最低地上高0.19m
マニュアルモード
標準色レイクブルーメタリック、フォレストカーキメタリック、サンドベージュメタリック、レモンスカッシュクリスタルメタリック、スプラッシュブルーメタリック、ブライトシルバーメタリック、ブラックマイカメタリック
オプション色コンパ―ノレッド、シャイニングホワイトパール
掲載コメント※2030年燃費基準+70%達成車
※1 参考:カーセンサー

スペックを見る通り、サイズ感は一般的的な軽自動車と同等です。

ただ、タフトの特徴のアウトドアもあって、最低地上高が190mmとなっており、他の軽自動車と比べて高いことがわかります。

維持費

車を維持するにはガソリン代のほかにも、税金や保険、メンテナンス費用などがかかります。

タフトの購入後にかかる年間・月間の維持費をシミュレーションしてみました。

車種ダイハツ タフト
仕様4WD、Xターボ
実燃費16.66km/L(※1)
ガソリン代約96,000円
軽自動車税7,200円
任意保険約50,000円
車検法定費用
(自賠責保険・自動車重量税・印紙税)
約28,000円
車検点検料金約18,000円
メンテナンス・消耗品費用目安約30,000円
年間維持費合計約229,000円
月間維持費合計約19,000円

※燃費は実燃費の下限値をもとに計算しています。
※年間走行距離10,000km、レギュラーガソリン160円/Lで計算しています。
※自動車税は2022年11月1日以降に購入したとして計算しています。
※任意保険は補償内容によって変動します。
※1 参考:e燃費

シミュレーション結果によると、タフト 4WD、Xターボの年間維持費は約22万9千円、月間維持費は約1万9千円かかります。

上表の項目以外にも、駐車代や高速道路の利用代金が必要となるケースもあるので、シミュレーションはご自身のライフスタイルにあわせて行いましょう。

魅力

タフトは、全体的にかくかくしたデザインで厚みのあるボディの軽自動車SUV。

力強さを感じるバンパーがSUVのイメージを強調しているのが特徴です。

インテリアのオレンジをアクセントカラーとしたところも魅力に感じるでしょう。

後部座席とラゲッジスペースには汚れに強い、シートとデッキボードが設置されています。

レジャーで汚れてしまっても拭き取りやすいので、アウトドアやレジャー用品などを気にせず載せられます。

タフトの最大の特徴として「スカイフィールトップ」と呼ばれるガラスルーフが標準装備されている点もあります。

車内から上を見上げれば青空が見られるので、アウトドア好きな人は特に楽しめると思います。

タフトにターボはいらないの?

ここまでタフトの燃費について紹介してきました。

ですが、「結局のところタフトにターボは必要?」と疑問が残っている方もいるのではないでしょうか。

そこで、タフトにターボが必要と思われる人、いらないと思われる人の特徴をまとめました。

ターボが必要な人の特徴

タフトにターボが必要な人の特徴は、以下の通りです。

●幅広いシーンで快適なドライブを楽しみたい人

タフトのターボ車は軽自動車ならではの小回りの良さと、瞬発力あるパワーどちらも兼ね備えています。

日常的なお買い物から遠出まで、様々なシーンで車を使用する人やパワーで悩みたくない人はターボを付けて損はありません。

●坂道や悪路を走ることが多い人

坂道が多いエリアを走行することが多いと、NAではパワー不足に感じる可能性があるためターボ車が必要となります。

また、寒冷地に住んでいる人やキャンプなどのアウトドアが趣味な人で、悪路走行が多い人ならターボ車のパワーを必要とすると思います。

ターボがいらない人の特徴

●初期費用を抑えたい人

ターボ車には過給機が搭載されているため、そのぶんNAと比較して部品点数が増えるため価格は上がります

「軽自動車は普通自動車よりも車両本体価格が安い」というメリット薄れてしまいます。

なので、初期費用の安さを最重視して軽自動車を選ぶ人には向かない可能性があります。

●日頃の走行にパワーは求めていない人

先述したように、タフトのターボ車における最大のメリットはパワフルな走りです。

しかし信号などでストップ&ゴーが多い街中の運転がメインの人は、ターボによるパワーを発揮する機会がすくなってきます。

街乗りがメインで、尚且つ平坦な道が多い地域を走行する人はNAでも十分に快適な走りを実感できることでしょう。

タフトに4WDはいらないの?

タフト・4WD車の雪道での走行性能は、電子制御式4WDを採用する普通車 (ロッキーなど) や、パートタイム4WDを採用するジムニーなどには及びません。

とは言え、最低地上高が190mmと十分確保されていることや、グリップサポート制御が付くことから、軽自動車の4WDとしは雪上性能が高い方です。

ハスラーとの比較では、ハスラーにもグリップサポート制御と同等の機能が付きます。

しかし、最低地上高が10mm小さいため、タフトの方が僅かに有利と言えます。

生活四駆としての性能は上々なので、必ずスタッドレスタイヤを履くかタイヤチェーンを付けた上で、無理をしなければ豪雪地帯でも十分使えるでしょう。

燃費の点ではジムニーや普通車の4WDよりは良い数値が期待できますが、ハスラーと比べると分が悪くなっています。

タフトの中古価格はどれくらい?

タフトの中古車は45万~180万で平均142万になります。

新車価格から考えると人気が故に少し高く感じることがあります。

ただ人気なので台数が多く新古車を狙えば、自分が欲しいオプションが付いた新車同様の個体が買えるかもしれません。

タフトの中古の良い点は?

●価格は中古車最大のメリット

タフトに限った話ではないですが、とにかく価格を抑えたい時は必ず中古車を検討しましょう。

中古車の中でも新古車や低走行、高年式車は新車同等の状態にもかかわらず値段を安く買えるメリットがあります。

ただ安すぎる車はそれなりの理由があるので必ず確認が必要になってきます。

●納車までの日数が短い

現状まだ半導体不足で新車の生産が遅れており、納期もそれにつられて遅れております。

ただ中古車は現物の販売になりますので名義変更等が行われれば納車までそこまで時間がかかることがありません。

早く車を手にしたい場合は中古車をお勧めします。

●選択肢が豊富

中古車は、あくまでも新車のようにオプションを選べないですが、タフトなどの人気車種となれば様々なオプションから選ぶことができます。

また生産終了した特別仕様や運が良ければ限定仕様などの幅広い選択肢から選ぶことができるのがメリットとなっております。

タフトの中古の悪い点は?

●在庫がなければ購入できない

新車とは異なり、中古車は既に製造されている車を購入することになるので、そもそも在庫がないと購入することができません。

タフトのような人気車種ですと欲しい個体を見つけても、すぐに売却済みになっていることもあります。

目星の車を見つけた場合、まずは販売店に購入の意思を伝えてキープするか、速やかに現車確認しに行きましょう。

迷っている間に他の人に買われるので、まずは相場とオプション、グレードを下調べすることをお勧めします。

●車の状態にバラつきがある

新古車とかではない限り、中古車の状態を一目みてわかるものではありません。

外見が綺麗であっても、中身はボロボロというケースも中にはあります。

特に車の内部特にエンジンは多くの消耗品を使用しているため、日常点検や整備を行っているのかの確認は必須になります。

ここはどうしても素人には判断が難しいので状態の判断に迷った場合は車に詳しい人や競合販売車に聞いてみるのをお勧めします。

タフトを買って後悔しないための注意点

参照https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

タフトに乗って後悔しないためには、自分好みの使いやすいオプションを選ぶことが重要です。

さらに、この車の個性が短所と長所に反映するため、ご自身がどう感じるかによります。

タフトを所有することで新たな世界が広がります

この車に乗ることで、あなたが通常行かないような場所にアクセスできるチャンスが増えるからです。

未知の土地や景色を探索することで、冒険心をくすぐり、新たな発見が待っています。

また、自然環境との接触を深めることで、環境保護に対する意識も高まり、持続可能なアウトドアアクティビティの魅力にも目覚めるかもしれません。

要するに、タフトを購入することは、単なる交通手段以上のものです。

素晴らしい車に乗るだけでなく、豊かな生活を楽しむことを実感できます。

タフトがおすすめな人は?

タフトは、今の軽自動車の主流のボディタイプといえる背の高いハイトワゴン、スーパーハイトワゴンではありません。

そのため、室内の広さは軽の人気モデルであるホンダ「N BOX」やスズキ「スペーシア」には後れを取っています。

特に後席がリクライニングできないため、気になることもあるかもしれません。

しかし、日常的に乗車するのが1~2人程度で、後席の使用頻度が高くないのであればあまりデメリットとはならないでしょう。

大人2人でオートキャンプを楽しむ、などという用途にはぴったりです。

また、SUVらしいタフなデザインの車に乗りたい方にはかなりおすすめの1台です。

絶妙な色出しのアースカラーがあることに加え、よりワイルドな雰囲気を演出する「ラギッドパック」や上質感が加わる「スタイルパック」などエクステリアパーツのパックオプションも用意されています。

車で個性を表現したい方にも向いているといえるのではないでしょうか。

「タフト 燃費悪い」を検索する人がよく思う質問4選

ダイハツのタフトは燃費がアップした?

タフトはダイハツが開発したエンジン『TOPAZ(Top from A to Z)NEO』により、パワーと燃費を両立させています。

タフトの燃費をよくするにはどうしたらいいですか?

タフトの燃費を最大限向上させるには、3つの方法があります。

■急発進・急加速を避ける
■アイドリングをしない
■タイヤの空気圧を適正値に保つ

ダイハツタフトはリッター何キロ走る?

21.1〜21.4km/Lです。タフトのカタログ燃費は、2WD・4WDのどちらを選んでも大きな差はありません。 タフトのグレードごとのカタログ燃費は「タフトのカタログ燃費」をチェック。

ハスラーとタフトの燃費はどちらがいいですか?

ハスラーの燃費は20.8~25.0km/Lとタフトよりもよいため、燃費性能を重視する方にとってはハスラーが有利になるかと思います。

まとめ:ダイハツタフトは燃費が悪いわけではない

ここまでタフトの燃費について紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

比較したタントやハスラーに比べると燃費良いことから、タフトが極端に燃費が悪くなく、むしろ良い方に部類されると思います。

おそらくSUVルックと4WDのイメージが強すぎて燃費が悪いという情報が出回っている可能性が高いです。

燃費を1番に考えらなら、タフトは燃費の良い車とは言いにくいかもしれません。

しかし、選ぶ人が外観や内装、寸法や広さ、機能や価格など、何を優先させるかによって燃費の良し悪しも変わってきます。

今後タフトの購入を考えるのであれば、ぜひこの記事を参考にご検討ください!

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次