新型ハリアーの最新情報リーク!マイナーチェンジは待つべき?変更点や予想を調査

新型ハリアー 最新情報リーク

ハリアーはトヨタ自動車が1997年12月から製造・販売している高級クロスオーバーSUVです。

2003年2月に2代目、2013年12月に3代目が登場し、それまでの丸みを帯びていたヘッドライトが細目になり大幅なイメージチェンジが図られました。

2020年6月に登場した現行型の4代目も前代のスタイリッシュさを引き継いでいます。

この記事では、新型ハリアーのマイナーチェンジに関する最新情報を紹介しています。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

新型ハリアーの最新情報リーク

新型ハリアーの最新情報リーク
引用元:トヨタ自動車公式サイト

新型ハリアーのマイナーチェンジ情報について、現状で判明していることを以下に紹介します(2024年4月現在)。

マイナーチェンジの時期は?

新型ハリアーのマイナーチェンジは2025年と予想されています(2024年4月現在)。

新型ハリアーは2020年6月に販売開始され、2022年9月に一部改良とプラグインハイブリッドモデルが追加されました。

販売開始されてからは4年近く経っているので、そこから考えると5年経過後の2025年という予想は信ぴょう性が高いと言えるでしょう。

新型ハリアーの発売日は?

前述のとおり、新型ハリアーのマイナーチェンジバージョンの販売開始は2025年と予想されています(2024年4月現在)。

現在のところ、詳細な情報がトヨタ自動車から発表されていないため、マイナーチェンジ後の購入を考えている方は楽しみに待ちましょう。

新型ハリアーの価格予想は?

新型ハリアーの新車販売価格についての情報は現在のところ発表されていません(2024年4月現在)。

そこで、現行型(4代目)の新車価格を参考に予想してみましょう。

現行型 ラインナップ新車販売価格
ガソリンモデル(特別仕様車を除く)¥3,128,000(税込) 〜 ¥4,238,000(税込)
ハイブリッドモデル(特別仕様車を除く)¥4,119,000(税込) 〜 ¥4,848,000(税込)
プラグインハイブリッドモデル¥6,200,000(税込)
引用元:トヨタ自動車公式サイト

前述している2022年9月の一部改良時にはガソリンモデルもハイブリッドモデルも10万円ほど値上げされました。

マイナーチェンジは一部改良よりも大幅な変更になるため、20万円 〜 30万円ほどの値上げは考慮しておいた方が良いでしょう。

そのため、マイナーチェンジ後の新車販売価格は以下のように予想できます。

マイナーチェンジ後 ラインナップ(予想)新車販売価格(予想)
ガソリンモデル(特別仕様車を除く)340万円(税込) 〜 450万円(税込)程度
ハイブリッドモデル(特別仕様車を除く)440万円(税込) 〜 510万円(税込)程度
プラグインハイブリッドモデル650万円(税込)程度
引用元:トヨタ自動車公式サイト

マイナーチェンジ後に購入を検討している方は値上げも含め予算を準備したいところです。

現行型の終了は?

現在のところ、販売店で新型ハリアーのオーダーストップはされていないようです(2024年4月現在)。

しかし、トヨタ自動車より工場出荷時期の遅延がアナウンスされています。

4月9日時点でのハリアーの工場出荷時期目処:

ご注文いただいてから、3 - 4ヵ月程度。
PHEV車は、4 - 5ヵ月程度。
詳しくは販売店にお問い合わせください。

引用元:トヨタ自動車公式サイト

新型ハリアーのマイナーチェンジ2024最新情報

引用元:トヨタ自動車公式サイト

2025年に予想されている新型ハリアーのマイナーチェンジ情報を以下に紹介します。

デザイン

引用元:トヨタ自動車公式サイト

新型ハリアーはマイナーチェンジということもあり、大きなエクステリアデザインの変更をないと予想されています(2024年4月現在)。

同じくトヨタが製造・販売しているRAV4のフルモデルチェンジが2024年もしくは2025年に予定されていて、ヘッドライトが“ハンマーヘッド”形状になると言われています。

新型ハリアーにもハンマーヘッド形状のヘッドライトが採用されるのか期待されていますが、現在のところは情報がないため不明です。

現行型のオーナーさんから「リヤウィンカーが視認しづらい」との不評を買っています。

リヤウィンカーについてはマイナーチェンジで改善されるようです。

エンジン

現行型のガソリンモデルは2.0LのNA(自然吸気)のみですが、マイナーチェンジで2.4Lのターボが追加されるとの噂もあります(2024年4月現在)。

レクサスNXに2.4Lターボエンジンが採用されたことで期待が高まっているようです。

しかし、現在のところ信ぴょう性の高い情報ではないため、おそらくマイナーチェンジ後もガソリンモデルはNA(自然吸気)のみとなるでしょう。

ボディサイズ

新型ハリアーはあくまでマイナーチェンジなので、ボディサイズが大きく変わることはないでしょう(2024年4月現在)。

マイナーチェンジ後も引き続き、都会的なクーペフォルムの高級クロスオーバーSUVらしくスタイリッシュな車になることが予想されます。

インテリア

引用元:トヨタ自動車公式サイト

新型ハリアーのマイナーチェンジ後のインテリア(内装)についても情報はありません(2024年4月現在)。

しかし、現行型と同様の高級感のあるインテリアからさらに利便性を向上させる可能性はあります。

先進機能

新型ハリアーはマイナーチェンジにより、以下の先進機能が採用されると予想されています(2024年4月現在)。

・プロアクティブドライビングアシスト

「歩行者の横断」「飛び出してくるかもしれない」など、運転の状況に応じたリスクの先読みを行うことで、危険に近づきすぎないよう運転操作をサポートし、ドライバーの安心につなげます。

さらに先行車や前方のカーブに対して減速操作をサポートし、頻繁な踏み替え操作を軽減することにより、一般道などのシーンでドライバーの運転に寄り添い、優しくサポートする機能です。

引用元:トヨタ自動車公式サイト

・アドバンストパーク

駐車したいスペースの横に停車後、アドバンスト パークスイッチを押して駐車位置を確認。

その後、開始スイッチを押すと、周囲を監視しながら、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作をアシストして駐車を完了させます(シフト操作は手動)。

引用元:トヨタ自動車公式サイト

・アドバンストドライブ

自動車専用道路での運転において、渋滞時(0km/h 〜 約40km/h)にレーダークルーズコントロール及びレーントレーシングアシスト作動中にドライバーが前を向いているなど一定の条件を満たすとシステムが作動。

認知、判断、操作を支援することで、ドライバーは渋滞時の疲労の軽減が可能となり、より周囲に注意を払った安全運転が可能になります。

引用元:トヨタ自動車公式サイト

安全装備

前項のようにバージョンアップされた“トヨタの安全技術”が採用されることが予想されています(2024年4月現在)。

・プロアクティブドライビングアシスト

・アドバンストパーク

・アドバンストドライブ

※詳細は前項を参照。

ハリアーのマイナーチェンジ変更点

ここまで紹介してきた新型ハリアーのマイナーチェンジ情報を以下にまとめます(2024年4月現在)。

新車販売価格

20万円 〜 30万円の値上げ(信ぴょう度:高)

エクステリア

ヘッドライトにハンマーヘッド形状を採用(信ぴょう度:低)

リヤウィンカーの視認性を改善(信ぴょう度:高)

エンジン

ガソリンモデルに2.4Lターボエンジンが追加(信ぴょう度:低)

安全装備

バージョンアップされたトヨタの安全技術が採用(信ぴょう度:高)

・プロアクティブドライビングアシスト

・アドバンストパーク

・アドバンストドライブ

現在のところ、新型ハリアーの正式なマイナーチェンジ情報がないため、信ぴょう性の低い情報もあることに注意してください。

新型ハリアーマイナーチェンジ予想

新型ハリアーのマイナーチェンジは2025年と予想されています(2024年4月現在)。

20万円〜30万円の値上げがあることやリヤウィンカーの視認性の改善、安全装備のバージョンアップは可能性が高いのですが、その他は信ぴょう性が低いため期待しない方が良いでしょう。

そのため、総合してエクステリアなど大きな変更点はないと予想されています。

マイナーチェンジによる大きな変更点はありませんが、さらに新型ハリアーの魅力が増すことは間違いないでしょう。

ハリアのマイナーチェンジ画像は?

引用元:レスポンス

現在のところ、新型ハリアーのマイナーチェンジ後の姿は正式に発表されていません(2024年4月現在)。

上の画像は予想CGであり、ハンマーヘッド形状のヘッドライトなど、現在出回っている情報が盛り込まれたものになります。

まだ情報が少ないため、購入を検討している方は続報を待ちましょう

ハリアーのマイナーチェンジを待つべき?

新型ハリアーのマイナーチェンジは2025年と予想されていますが、同時に20万円〜30万円の値上げがある可能性が高いです(2024年4月現在)。

予想されている変更点に魅力を感じない方20万円〜30万円でも安く新車で購入したい方マイナーチェンジ前に購入することも選択肢に入れて良いでしょう。

また、トヨタ自動車より工場出荷時期の遅延がアナウンスされています。

4月9日時点でのハリアーの工場出荷時期目処:

ご注文いただいてから、3 - 4ヵ月程度。
PHEV車は、4 - 5ヵ月程度。
詳しくは販売店にお問い合わせください。

引用元:トヨタ自動車公式サイト

時期的に納車された直後にマイナーチェンジされる可能性も高いです。

そうなったときに後悔しそうな方はマイナーチェンジを待つことをオススメします。

新型ハリアーの納期が早まるかどうか、下記の記事を参考にしてください。

ハリアーのフルモデルチェンジは2025年?

新型ハリアーの“マイナー”チェンジが2025年と予想されているため、フルモデルチェンジはさらに数年後となるでしょう(2024年4月現在)。

フルモデルチェンジされる場合、前述したハンマーヘッド形状のヘッドライトなどエクステリアが一新される可能性が高いです。

最近のトヨタ自動車は、クラウンやプリウスのフルモデルチェンジで大幅なエクステリアの変更を図っているので、新型ハリアーのフルモデルチェンジも今から楽しみですね。

「新型ハリアー 最新情報リーク」を検索する人がよく思う質問4選

新型ハリアーのフルモデルチェンジの周期は?

ハリアーの3代目は、販売期間が2013年12月〜2020年6月の6年半でした。

現行型の4代目が2020年6月に販売開始され、マイナーチェンジが2025年と予想されているため、フルモデルチェンジはさらに数年後と考えられます(2024年4月現在)。

ハリアーの受注再開はいつからですか?

ハリアーはトヨタ自動車より工場出荷時期の遅延がアナウンスされていますが、受注停止の情報はありません(2024年4月現在)。

4月9日時点でのハリアーの工場出荷時期目処:

ご注文いただいてから、3 - 4ヵ月程度。
PHEV車は、4 - 5ヵ月程度。
詳しくは販売店にお問い合わせください。

引用元:トヨタ自動車公式サイト

受注についても販売店に問い合わせることを推奨します。

ハリアーZの販売は停止されるのですか?

ハリアーのグレードの一つである“Z”は現在のところラインナップから消えておらず、販売停止の情報もありません(2024年4月現在)。

しかし、2025年にマイナーチェンジと予想されているため、全グレードでオーダーストップがかかる可能性があります。

ハリアーは高級車ですか?

ハリアーは“高級”クロスオーバーSUVなので、“高級車”と言えるでしょう。

以下に新車販売価格をまとめたので参考にしてください(2024年4月現在)。

現行型 ラインナップ新車販売価格
ガソリンモデル(特別仕様車を除く)¥3,128,000(税込) 〜 ¥4,238,000(税込)
ハイブリッドモデル(特別仕様車を除く)¥4,119,000(税込) 〜 ¥4,848,000(税込)
プラグインハイブリッドモデル¥6,200,000(税込)
引用元:トヨタ自動車公式サイト

まとめ:今後もマイナーチェンジ情報を要チェック!

新型ハリアーのマイナーチェンジについては、現在のところ未確定情報が多く出回っています(2024年4月現在)。

マイナーチェンジが2025年に予想されているので、近いうちに信ぴょう性の高い続報が出てくると考えられます。

購入を検討している方は、こまめに情報をチェックしてマイナーチェンジに備えましょう

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次