免許証を紛失した場合に悪用される確率は?免許証紛失時の悪用を防ぐ方法

免許証 紛失 悪用 確率

ここに入っているはずの運転免許証がない!

免許証を財布に入れている方は、誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

免許証は、身分証明書としても使えたり、何かの手続きの際に提示する等、使用する機会が結構あります。

そんな便利なものだけに、免許証を万が一無くした場合はすごく困りますよね。

免許証は、個人情報の塊りのようなIDカードであるため、場合によっては犯罪に使われてしまう可能性もあります。

この記事では、免許証紛失してしまったときの対応方法や、悪用された場合に考えられる被害についてまとめていきます。

万が一に備えての心構えとして参考にしていただけると幸いです。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

免許証を紛失した場合に悪用される確率は?

免許証を紛失するということは、個人情報を世の中の人に晒してしまっていることとほぼ同じです。

善意ある人に拾ってもらえれば良いですが、最悪の場合、犯罪などに悪用される可能性もあります。

正直、悪用されるかどうかについては、運によるものが大きいため、確率で表現することは難しいです。

ただ、何事も「備えあれば憂いなし」という言葉がある通り、スピード感を持って正しい対応をすれば悪用される確率を下げることはできます。

免許証を悪用された場合に考えられる被害

ここからは、免許証を悪用された場合に考えられる被害についてまとめます。

以下に記載したことが全てではありませんが、想定されることに対してきちんとした対応方法を考えておきましょう。

クレジットカードの発行

一つ目は、クレジットカードの発行です。

免許証があれば、クレジットカードの発行が可能です。

最近のクレジットカードは、オンラインで簡易的な審査で作れるものもあるため、早急に対処する必要があります

もちろん、申込みから一定の審査期間を経て発行となる会社の方が多いので、未然に防ぐことも可能ですが、悪事を働く人たちは、あらゆる方法を考えて犯罪に手を染めているため注意が必要です。

携帯電話の契約

二つ目は、携帯電話の契約です。

上述のクレジットカードよりも審査が緩い販売店がある可能性もあり写真を偽造されたら販売店側も気付かずに手続きを進めてしまうかもしれません

また、この場合、被害者は免許証を悪用された本人ではなく、携帯電話会社が被害者とみなされる場合もあるようで、本人の被害届が受理されないという事例もあるようです。

さらに、写真の偽造に慣れている犯罪者の場合は、わずかな時間で携帯電話の契約までこぎつける可能性もあります。

口座開設

三つ目は、銀行口座の開設です。

免許証は、身分証明書としても利用できるため、銀行口座の開設手続きが可能になります。

このように勝手に作られた預金口座は、マネーロンダリングや振り込め詐欺などの犯罪に利用される可能性が高いです。

技術の進化により、免許証の顔写真を偽造することは難しくないため、銀行のような審査の厳しい機関であっても、免許証が偽物と気付かずに口座開設されてしまうケースがあるようです。

お金を借りられる

四つ目は、金融機関から勝手にお金を借りられるということです。

クレジットカードの発行によっても、勝手にお金を借りられてしまう可能性もありますが、免許証のような身分証明書があると、消費者金融からもお金を借りることができます。

消費者金融は金利が高い分、一度に高額なお金を借りることも可能です。

最悪の場合、身に覚えのない金融機関から、借金の督促が来る…なんていう可能性もあるため、非常に危険なパターンとも言えます。

免許証紛失時の悪用を防ぐ方法

上記のような免許証紛失時の考えられる被害に関して、何か悪用を防ぐ手立てはないでしょうか?

最も効果的な方法としては、個人信用情報機関が設けている「本人申告制度」の活用があげられます。

この制度は、身分証明書の紛失などをした際に、それを不正に使って、銀行のカードや通帳、クレジットカード会社で利用されないように、信用情報機関に「紛失した」という情報を「登録」する制度です。

この機関の情報は、信用情報機関に加盟している金融機関などであれば、審査の際に利用するため、不正使用される直前で悪用を防ぐことが可能です。

免許証を紛失した場合にやるべきことは?

では、免許証を紛失した場合にまずやるべきことを以下にまとめます。

何はともあれ、不正な利用をされる前に先回りをしてスピーディに対処することが大切です。

紛失した事実に気づいたら即行動して、被害を防ぐことを心がけましょう。

警察に遺失物届をする

これは、免許証に限ったことではありませんが、警察に遺失物届を出しておくことで、免許証を誰かが警察に届けてくれた場合、連絡が来るようになります

遺失物届を出す際は、免許証を紛失した日時などの詳細を伝える必要があるため、心当たりのある範囲で構わないので、事前に情報をまとめておくことをおすすめします。

また、警察庁の公式サイトでは、全国各地の遺失物が確認できるので、免許証を紛失した可能性がある人は、一度下記のサイトを確認してみてください。

参考警察庁公式サイト 落とし物の届出・検索

信用情報機関へ申告

免許証の悪用を防止するために、即実施すべきなのが信用情報機関への報告です。

信用情報機関とは、信用情報を管理している機関のことであり、主にクレジットカード会社やローン会社に信用情報を提供しています。

信用情報機関に免許証紛失の報告をすると、犯罪者が免許証を用いてクレジットカードを作成したり、ローンを組もうと申請した時に不正に気付いてもらえます

主要な信用情報センターは、「KSC / 全国銀行協会信用情報センター、CIC / 指定信用情報機関、JICC / 日本信用情報機構 」となっています。

免許証を再発行する

若干、手間はかかりますが、免許証を再発行することで、紛失した古い免許証を無効化することも可能です。

普段から通勤・通学で運転をしている方は、免許証がないと不便なため、すぐに見つかる可能性が低い場合は、早めの再発行手続きをおすすめします。

なお、免許証の再発行申請は、住民票がある市区町村の「運転免許試験場・警察署・運転免許センター・交通安全協会」で可能です。

免許証を紛失してしまったら、とにかく、スピーディに対処することが大切です!

免許証を紛失した際に見つける方法はある?

もし、免許証を紛失したら、なるべく早く最寄りの警察署か紛失した地域付近の交番に届出をしましょう!

ここまでまとめてきたように、免許証を紛失すると犯罪に悪用される可能性が高いため、免許証を紛失したという届出をし、記録を残しておく必要があります。

それによって、運良く誰かが免許証を拾って交番に届けてくれれば、警察から連絡が入り、見つけられる可能性が出てきます

また、免許証を紛失した日時がある程度はっきりしていれば、その日に行動したルートを辿ってみることで見つけられる可能性もあります。

運転免許証の紛失は減点になる?

免許証を紛失しただけでは、反則金も違反点数もありません

また、違反点数がないということは、免許証の色も紛失した免許証の色から変わることはありません

さらに、免許証紛失後に再発行をすることになったとしても、いつまでに再発行の手続きをすべきという期限や規定はないため、次回の運転免許証の更新に合わせて再発行をすることも可能です。

ただし、前述したように紛失した後の対処に関しては、速やかに行わなければ、犯罪に悪用される可能性があるため、再発行の有無とは別で考えてスピーディに対応するようにしましょう。

免許証の紛失に気づかなかった場合は?

免許証を紛失したことに気づかずに運転をした場合、免許証不携帯による違反になる可能性があります。

また、免許証の再発行をしなくても上述の通り罰則規定はありませんが、当然、その間に車の運転は出来なくなります

普段、車を運転するたびに免許証を確認することはあまり無いかもしれませんが、財布などに入れている場合はすぐに目に入る場所に入れておくと安心ですね。

万が一、免許証を紛失した状態で運転すれば、「免許証不携帯」で3,000円の反則金となるので注意しましょう。

運転免許証を再発行した後に見つかった場合は?

紛失届の取り下げの手続きをし、見つかった免許証を警察署へ返却しましょう!

免許証は普段、財布に入れておくことが多いと思いますが、財布ごと紛失してしまい、免許証を再発行後に財布が見つかり、免許証も手元に戻ってくるというパターンもありえます。

その場合、見つかった免許証はどうしたらよいでしょうか?

便利なので、複数枚所持しておく…ということは絶対にやってはいけません!

見つかった免許証は、すでに効力を失っているため、警察署に届出て返却するようにしましょう。

「免許証 紛失 悪用 確率」を検索する人がよく思う質問4選

免許証を紛失したら悪用される可能性はありますか?

免許証を紛失したら、最悪の場合、写真を偽造されるなどされ、犯罪目的に悪用される可能性が高いです。

免許証紛失で悪用される例は?

免許証の写真を偽造され、クレジットカードの発行、携帯電話の契約、銀行口座の開設、消費者金融からの多額の借入金などに悪用される場合があります。

免許証の悪用を防ぐには?

免許証を紛失してしまった場合は、警察署への届出と同時に信用情報機関への申告を行い、「紛失した」という情報を信用情報機関に登録するようにしましょう。

免許証を紛失するとどんなデメリットがありますか?

免許証を紛失すると、車を運転できなくなるだけではなく、最悪の場合、犯罪目的に免許証が悪用される可能性があります。

まとめ:悪用される可能性はあるので早めの対処を!

免許証を紛失してしまうと、車を運転できなくなるというだけではなく、最悪の場合、個人情報を悪用され、犯罪に巻き込まれてしまう可能性も出てきます

そのため、免許証の紛失に気づいたら、スピーディに前述した対処をおこなうことが大切です。

免許証の紛失は、事故を起こしてしまった時と同じで、スピーディに対応することで事態を最小限に収めることができるので、この記事を参考にしていただき、慌てずに即行動するようにしましょう!

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次