motaの査定はキャンセルできる?motaは査定だけできるか徹底検証!

mota 査定 キャンセル

mota車買取は、東京都港区赤坂に本社がある株式会社MOTAが運営する中古車一括査定サービスです。

このmota車買取は、今までの一括査定サイトにはなかった新しいサービスを展開しているので、最近注目されています。

そこで、今回は、mota車買取の査定について、その査定がキャンセルできるのかどうかや、motaは査定だけできるのかなどについて、徹底検証し、その内容について書いてゆきます。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

motaの査定はキャンセルできる?

motaの査定はキャンセルできます

さらに、motaの場合は、査定後、売買契約が締結され、車が買取店に引き渡された後でも、その翌日までは、無料でキャンセルできます。

motaがキャンセルに寛容になっているのは、ユーザー保護を充実させ、ユーザーに安心してこのサービスを使ってもらえるように配慮しているからです。

motaは査定だけできる

motaは、査定だけでも可能です。

明らかに、はじめから査定のみお願いすることはできません

しかし、査定申し込みをしておいて、入札結果が送信された後に、入札価格上位3社から連絡が入ってくるとき(申し込みの翌日の18時)までに、キャンセルの連絡を入れることで、実質的に、査定のみのサービスを受けることができます。

入札価格上位3社からの連絡前に、キャンセルを入れても、キャンセル料は取られません。

もちろん、見積額を見て売るか売らないかを判断しようという意図でmota車買取に申し込み、見積額が希望額に満たなかったため、売却しないことになったので、キャンセルするということでも、全く問題はありません。

motaは査定前にキャンセルできる?

motaは査定前にキャンセルが可能です。

入札(査定)は、基本的には、申し込みが午前中であればその日に、申し込みが午後であれば、翌日に実施されます。

入札が始まると、入札状況がリアルタイムで申込者のスマホなどに送られてくるので、入札が始まりから終わりまでの状況を詳細に確認できます。

査定開始前、つまり、最初の入札買取店が提示した査定額の連絡が入ってくる前に、キャンセルすることは、可能です。

その際、キャンセル料が請求されることはありません。

motaは査定後にキャンセルできる?

motaに査定を申し込むと、原則として、申込みが午前中の場合はがその日に、申し込みが午後の場合はその翌日に、最大20社による入札が実施されます。

入札の状況は、リアルタイムで、申込者に送信されます

その結果を見て、申込者が希望する金額を提示した買取店が1店もない場合は、その場でキャンセルすることができます。

その際、キャンセル料を請求されることはありません。

motaは現車確認後にキャンセルできる?

mota買取では、申し込みの翌日18時以降から、査定額上位3社から連絡があり、現車確認の日時が決められます。

その日時に、現車確認が行われ、最終的な査定額が決定されます。

その際、その査定額に不満であれば、その場でキャンセルできます

また、査定額に納得できる場合は、売買契約が締結されますが、その後でも、キャンセルは可能です。

現車確認のその場でキャンセルしても、売買契約後にキャンセルしても、キャンセル料はかかりません。

motaは売買契約後にキャンセルできる?

mota車買取では、中古車売買契約が成立し、車が買取店に引き渡された後であっても、その翌日までの間であれば、無料でキャンセルできるというルールが設けられています。

しかし、引き渡した車の買主が決まっている場合や、契約でキャンセル可能期間が設定されている場合で、その期間を経過している場合などは、キャンセルはできません。

それ以外の場合は、キャンセル料が請求される可能性はありますが、引き渡しの翌日以降であっても、原則として、キャンセル可能です。

motaのキャンセル方法は?

mota車買取のキャンセル方法は、査定結果が開示される前と開示された後では、その方法が異なります。

次に、そのケースごとに、motaのキャンセル方法について、書いてゆきます。

査定結果が開示される前

https://autoc-one.jp/

査定結果が開示されると、入札参加者のうち、査定額上位3社が決まり、その3社が売却希望者と直接交渉権を獲得します。

そして、査定申し込みの翌日18時以降に、直接交渉が解禁され、その3社から売却希望者に連絡が入ります。

このタイミング(申込日の翌日18時)前であれば、キャンセル可能です。

motaのサイトのユーザー管理画面(マーページ)から、査定キャンセルの情報を送信することで、motaの査定をキャンセルできます。

査定結果が開示された後

申込日の翌日18時以降であれば、キャンセルは、売却希望者と直接交渉権を獲得した査定額上位3社に対して、個別にキャンセルの連絡を入れる必要があります。

この連絡は、こちらから、買取店に対して連絡をしても大丈夫です。

しかし、申込日の翌日18時以降に、黙っていても、向こうから電話やメールが入ります。

なので、それに答える形で、キャンセルの意思を伝えてもよいでしょう。

motaでキャンセルできないこともある?

キャンセルに寛容なmotaでも、すべての場合に、キャンセルできるということはありません

例えば、引き渡された車に、すでに買い手が決まっている場合は、キャンセルできません。

また、買取店との契約で、キャンセルが可能な期間に関する条項が設定されている場合、そのキャンセル可能期間が過ぎてしまった場合も、キャンセル不可能です。

motaのキャンセル規定は?

mota車買取は、画期的なキャンセル規定を設けています。

それは、売買契約が成立し、車を買取店に引き渡した後でも、引き渡しの翌日までであれば、無料でキャンセルできるという規定です。

引き渡し後に、キャンセルする場合として考えられるのは、車を引き渡した後に、並行して売却交渉していた別の買取店からmota車買取もっと高く買う旨の連絡が入るケースです。

こういった理由でキャンセルする場合も、引き渡し日の翌日までであれば、無料でキャンセルできます。

mota車買取のサービス内容

https://autoc-one.jp/

運営者情報

mota車買取は、東京都港区赤坂に本社を置く株式会社MOTAが運営しています。

株式会社MOTAは、DX(デジタル・トランスホーメーション:デジタル技術を活用しビジネスモデルや業務プロセスを進化・変革すること)を活用しています。

そして、新しいモビリティ事業(中古車買取支援、オークション、自動車メディア、新車紹介など)を展開しています。

株式会社MOTAは、日本における自動車売買プロセスには、まだまだ改善の余地があると考えています。

それ故、DXの活用によって、自動車購入者・売却者の双方に最適な選択肢を提供することを目指しています。

サービス利用の流れ

mota車買取を利用する場合は、まず、会員登録を行い、その後、mota車買取に、売却しようとする車の基本情報や画像をmotaに送信します。

すると、入札が実施されます。入札の結果は、リアルタイムで、売却希望者に送信されてきます。

入札は最大20社が参加して行われます。

そのうち、査定額上位3社が、売却希望者と直接交渉ができます

申込日の翌日18時以降に、査定額上位3社から連絡が入ります。

そこで、現車確認の日時を決め、その日時に、現車確認が行われ、最終的な査定額が決まります。

売却希望者が査定額に納得した場合は、契約が成立し、車の引き渡し及び代金決済が行われます。

mota退会方法

mota車買取など、株式会社MOTAが提供するサービスを利用する場合は、motaの会員に登録する必要があります。

このmotaの会員は、希望する場合は、いつでも自由に退会できます。

motaの退会方法は、motaのユーザー管理画面から退会フォームに移動し、そのフォームに従い、必要事項を入力し、送信するというものです。

退会に際して、違約金などを取らることは一切ありません。

なお、motaの会員が、motaの会員規約に違反した場合は、自動的に退会となることがあります。

mota退会できない場合は?

motaを退会できない場合はありません。

motaは、民間の団体なので、会員であることを強制することはできません。

motaの会員が、motaを退会したいという場合に、motaの方では、それを断ることはできません。

mota車買取をキャンセルする場合、motaの車買取サイトにキャンセルの旨を送信する方法が一般的です。

しかし、手続きの途中に、motaの会員を退会する方法でも、車買取のキャンセルができます

「mota 査定 キャンセル」を検索する人がよく思う質問4選

ビッグモーターの無料査定はキャンセルできますか?

ビックモーターでは、売買契約後のキャンセルはできないとされています。しかし、これは、売買解約後の話です。査定終了後から売買契約書にサインするまでであれば、ユーザーと買取店との間に、何の権利も義務ありませんので、キャンセルは可能です。結論として、ビックモータの無料査定はキャンセルできます。

買取成立後にキャンセルはできますか?

mota車買取は、売買契約後に車両引き渡した場合でも、引き渡しの翌日まであれば、無料でキャンセルできます。買取会社では、こういったルールを設けているところもあれば、売買契約後のキャンセルはできないということもあます。査定申し込みの前に、よく確認しておく必要があります。

ユーポスの契約はキャンセルできますか?

ユーポスは、ビックモーターと同様に、売買契約後のキャンセルはできないとされています。売買契約後にキャンセルできるかどうかは、買取会社によって対応が異なります。査定を申し込む前に、よく調べる必要があります。

カービューの一括査定のキャンセル方法は?

カービューの一括査定をキャンセルする場合は、カービューの一括査定申し込み後に届くメールに記載されている問い合わせフォームに、キャンセルする旨の情報を入力して送信します。

まとめ:査定前にしっかりキャンセル内容を把握しておこう!

mota車買取は、中古車の売却決定し、車を引き渡した後でも、引き渡しの翌日までであれば、無料でキャンセルができます。

これは、利用者には大変やさしい規定です。

他の車買取店では、売買契約後のキャンセルを一切認めないところもあります。

また、売買契約後7日間は無料キャンセルが可能というところもあります。

査定申し込みの前に、申し込む買取店のキャンセルに関するルールをよく調べておくと、後悔のない中古車の売却が可能になります。

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次