フォルクスワーゲンupは生産終了!upの中古価格はどれくらいなの?

フォルクスワーゲンのup!は、おしゃれなデザインとコンパクトなのに力強い走りをすることから、人気の車です。

軽自動車よりも少し大きいサイズ感で、大人4人が無理なく乗れるのも人気の理由です。

そんなフォルクスワーゲンup!ですが、新車で購入することはできるのでしょうか?

また、中古車の場合は、いくらで購入できるのでしょうか?

本記事では、フォルクスワーゲンup!の現在の販売状況や中古価格について詳しく解説します。

本記事を読んで頂くことで、フォルクスワーゲンup!について深く知ることができ、購入を検討している人にとって有益な情報となるでしょう。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

フォルクスワーゲンupは生産終了

フォルクスワーゲンup!は2019年に生産が終了しています。

日本では、2020年に新車販売が終了しています。

フォルクスワーゲン・ルポの後継車として販売されたフォルクスワーゲンup!は、日本では2012年から販売されており、約7年間販売されてきました。

2014年には、フォルクスワーゲンup!のEV車として「e-up!(Volkswagen e-up!)」が販売されました。

いつ生産終了になった?

フォルクスワーゲンup!は2019年に生産が終わり、日本では2020年9月に新車販売が終了しています。

2014年には、EV車のe-up!も販売されていましたが、こちらも2020年に生産終了しました。

しかし、フォルクスワーゲンup!後継車として「ID-1」と呼ばれる小型EVが5年以内に導入されると噂されています。

今後フォルクスワーゲンupを購入したい場合は?

今後フォルクスワーゲンup!を購入したい場合は、新車での販売が終了しているため、中古車から探すことが多いかと思います。

記事執筆時の2023年12月時点で、中古車情報では約300台以上が掲載されています。

フォルクスワーゲンupはどんな車なの?

フォルクスワーゲンupは、ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンから販売されているコンパクトカーです。

3ドアタイプと5ドアタイプの2種類が用意されています。乗車定員は、どちらも4人です。

サイズ感はコンパクトながら大人4人が無理なく乗れる大きさです。

2011年9月に欧州で販売が始まり、翌年の2012年10月より日本でも販売が始まりました。

2019年に生産が終了し、2020年9月に在庫分の販売が終わり、日本での販売が終了しています。

販売が終了した現在も人気があり、中古車市場では約20万円~230万円程の相場で販売されています。

スペック

フォルクスワーゲンup!のスペックを以下の表にまとめました。

フォルクスワーゲンup!は、軽自動車より広い空間で、力強い走りをすることができます。

燃費もよく、長距離から街乗りまで幅広い場面で活躍してくれる車です。

ボディータイプ3/5ドアハッチング
乗車定員4人
全長
全幅
全高
車両重量
3,540 – 3,545mm
1,641 – 1,650mm
1,489 – 1,495
923 – 940kg
総排気量999cc
使用燃料ガソリン
燃費(JC08モード燃費)※カタログ情報22km/L

外装・内装

外装は丸いボディーが特徴的な見た目になっています。

カラーも豊富で、好みに合わせた色を選択することができます。

  • ティールブルー
  • キャンディホワイト
  • タンダステンシルバーメタリック
  • ブルーベリーメタリック
  • ハニーイエローメタリック
  • ディープブラックパールエフェクト
  • トルネードレッド

フォルクスワーゲンup!は、内装にもこだわりがあります。

ボディーカラーに合わせて、座席シートとダッシュボードの色がボディーカラーと同じ色に変わります。

カラーによって車内の印象が変わるので、スポーツカーのようなデザインになったり、女性らしいおしゃれななデザインにもなります。

燃費

フォルクスワーゲンup!の燃費は、JC08モードで22.00km/Lです。

これは、フォルクスワーゲンで販売されている車種の中でも高い燃費です。

普段からよく車を運転する人にとって燃費は重要な要素の1つなので、輸入車でありながらこの燃費は非常に高い数値と言えます。

街乗りがメインの方だと燃費は多少落ちますが、それでも比較的高い燃費で走れるのではないでしょうか?

ガソリンタンクの容量は35リットルなので、後続可能距離は約770kmになります。

770kmは、直線距離で東京から山口県、青森県辺りまでの移動が可能な距離です。

フォルクスワーゲンupの魅力は?

フォルクスワーゲンup!は、おしゃれなデザインと高い燃費が魅力の車です。

ボディーの形が丸めで女性の方からの人気も高いです。

また、ボディーカラーによって、室内の座席シートやダッシュボードの色が変わるのもおしゃれなポイントです。

燃費は、JC08モードで22.00km/Lと高く、燃料費などのコストを安く抑えることができます。

街乗りがメインの方にとって、おしゃれなデザインで、燃費もいいのでコスパに優れていると言えます。

フォルクスワーゲンupの欠点は?

フォルクスワーゲンup!はそのデザイン性からおしゃれな車として人気です。

しかし、人によっては特徴的なフロントグリルのデザインなどに抵抗があるかもしれません。

最大の欠点は、ドアタイプによって、後部座席への乗り降りが不自由になることです。小さな子供や身体が不自由な方には、特に不便を感じることが多くなります。

フォルクスワーゲンupは故障しやすい?

フォルクスワーゲンup!は、外車なので、メンテナンスが不十分だと故障しやすくなります

これは、日本とドイツの気候や走行環境の違いによるものです。

他にもフォルクスワーゲンup!は「ASG」と言われるクラッチ操作を自動で行うマニュアルトランスミッションが搭載されています。

ASGとは、簡単に説明すると、マニュアル運転で使用するクラッチ操作を自動で行ってくれるというものです。

便利である反面、故障の原因の多くがASGによるものです。

2014年にはASGの制御コンピューターに不具合があるとして、リコールの届け出も出ています。

フォルクスワーゲンupの中古価格は?

フォルクスワーゲンup!の中古価格の相場は約20万円~230万円です。

新車納車時の価格が約150万円~235万円なので形式が古いものほど価格が安くなっています。

記事執筆時の2023年12月時点の中古価格は、以下の通りです。

  • 最も安い支払総額:22.4万円 (年式2013年)
  • 最も高い支払総額:236.6万円(年式2019年)

フォルクスワーゲンupを中古で購入する際の注意点

フォルクスワーゲンup!を購入する際は、以下の点に注意をする必要があります。

  • メンテンナス履歴の有無
  • 走行距離
  • 事故歴の確認
  • パーツ入手の容易さ

フォルクスワーゲンup!は外車なので、国産車に比べて故障する可能性が高くなっています。

フォルクスワーゲンup!に限らず、外車は天候や走行環境の違いから故障する可能性が高いので、小まめなメンテナンスが必須です。

また、販売されてから10年ほど経過しているモデルもあるので、経年劣化による故障も考えられます。

修復歴や走行距離をよく確認することが大切です。

交換パーツの有無も確認しておくと、もしもの時に安心です。

修理が必要な時に部品が無いと直すことはできないので、その点も注意しておきたいです。

「フォルクスワーゲン up 生産終了」を検索する人がよく思う質問4選

フォルクスワーゲンupはいつ生産終了ですか?

フォルクスワーゲンup!の生産は2019年に終了しています。

販売自体は、2020年9月に在庫分が終わり、日本での新車販売が終了しました。

ワーゲンルポの後継車は?

フォルクスワーゲン・ルポの後継車は、フォルクスワーゲンup!(アップ)です。

フォルクスワーゲン・ルポは2001年に日本でデビューしました。販売当時はフォルクスワーゲンの車種の中で最も小さなモデルでした。

フォルクスワーゲン・ルポは、2006年にラインナップから消え、後継車としてフォルクスワーゲン・up!が販売されました。

VW upの生産国はどこですか?

up!を生産しているのは、スロバキアブラティスラバ工場です。

ブラティスラバ工場は、フォルクスワーゲン・グループのテストコースを併設した自動車生産工場です。

施設内で工場が占める面積は1,780,058平方メートル、東京ドーム約38個分の広さです。

ここの工場では、up!の他にも違う車種の車を製造しています。

  • フォルクスワーゲン:トゥーアレグ
  • フォルクスワーゲン:ゴルフ
  • アウディ:Q7
  • ポルシェ:カイエン
  • ベントレー:ベンティガ

フォルクスワーゲン 何年乗れる?

メンテナンスを定期的に行えば、10年以上乗り続けることも可能です。

しかし、フォルクスワーゲンは外車です。国産車と比べると外車は壊れやすい傾向があります。

外車は、日本との気温、湿度、気候の違いから不具合が出やすいと言われています。

他にも走行環境の違いがあります。ドイツでは、高めの速度域で長距離を移動する機会が多い一方で、日本では短時間、短距離のチョイ乗りが多いです。走行環境の違いは、車に対して負荷がかかるため故障の原因になります。

まとめ:今も人気が高いupは中古車もおすすめ!

フォルクスワーゲンup!は、おしゃれなデザインと高い走行性能を備えた車で人気があります。

ですが、2020年に新車販売が終了してしまい、新車で購入することが出来なくなってしまいました。

フォルクスワーゲンup!に乗りたい方は、、中古車から探すのがいいでしょう。

以下は、中古車で購入する際の価格と注意点です。

中古車価格

フォルクスワーゲンup!は、中古車市場で約20万円~235万円で購入することができます。

新車時の価格が約150万円~235万円なので、とてもお得に購入することができます。

中古車を買う際の注意点

フォルクスワーゲンup!は、外車なので故障のリスクが、国産の車より高くなります。

これは、気候や走行環境の違いなのでどの外車も共通です。

購入する際は、メンテナンス履歴や修復歴、交換部品の有無などを事前に確認しておくといいでしょう。

おしゃれで力強い走りができるフォルクスワーゲンup!は、あなたのカーライフを豊かにしてくれます。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次