アウディttの中古車はなぜ安いのか?乗ってる人の特徴についても分析!

アウディtt なぜ 安い

アウディは、ドイツの高級車メーカーで、アウディの車の前面には、「フォーシルバーリングス」と呼ばれる4つの輪を組み合わせたエンブレㇺが付けられていて、街でもよく見かけます。

アウディTTは、そのアウディが販売するクーペ型スポーツカーで、1998年から販売が開始され、つい最近の2023年11月に販売が終了しています。

TT(ツーリング・トロフィー)の名前の由来は、かつてイギリスのマン島で実施されていたレースイベントに由来します。

このアウディTTは、中古車が意外に安いことで知られています。

この記事では、アウディTTの中古車が安い理由や、アウディに乗っている人の特徴などについて、解説していきます。

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

アウディttの中古車はなぜ安いのか?

アウディTTの新車は、500万円以上するのに、中古車になると、最も安い場合は、20万円から40万円程度で購入できる場合もあります。

平均的は、150万から250万円の価格帯に多くの中古車が在籍しますが、100万円以下の中古車も意外に多くあります。

アウディTTの中古車の相場は、一般的には150万円~820万円と見積もられますが、100万円の以下の中古車もなぜか大量に在籍し、トータルで「安い」という印象を受けます。

そこで、以下では、アウディTTの中古が安い理由について、考えてみます。

ディーラーの数が少ない

アウディTTは外国(ドイツ)車なので、故障した場合は、基本は、アウディのディラーに持ち込んで修理してもらう必要があります。

日本国内では、アウディのデーラーは、それほど多くはありません。

そのため、アウディTTが故障した場合、オーナーは、遠いところにあるアウディのディラーに持ち込んで修理をするのが面倒で、意外と簡単に手放してしまいます

その結果、アウディTTの中古車が大量に流入し、値崩れを起こして、アウディTTの中古車の価格が安くなります。

年式が古い車が多い

国産車に比べて、アウディTTを含む外国車は、時間の経過によるエンジンやボディの劣化が早く進みます。

これは、国産車の方が丈夫だということもありますし、湿気の多い日本の気候や、日本での運転ではストップアンドゴーが多く、負担が大きいなどの様々な理由があります。

アウディTTは、年式が古くなると、国産車よりも早く劣化が進んで、故障を起こす確率が高くなり、中古車市場で急激に価格を下げてゆきます。

価格が下がっても、アウディTTの中古は人気がないため、なかなか売れません。

そのため、年式の古い車アウディTTが大量に売れ残り、このことが、さらに価格を下落させてゆきます。

中古車の数が多い

アウディTTを買う人は、ほとんどが新車で買います。

そして、故障するリスクが上昇し、また、維持費も高くなってくる5年経過時点で、買い替えるケースが多くなります

アウディTTは、新車の人気は高くても、中古車は、経年劣化が進んで故障しやすいです。

しかも、故障した場合に、ディラーが少なくて修理が大変だというイメージがありますので、人気がありません。

従って、中古車になると急に売れにくくなるので、入ってくる数は多いが、売れて出ていく中古車は少なく、市場に大量の売れ残りのアウディTT存在し、これが、アウディTTの中古車価格を引き下げます。

国産車より信頼性が低い

アウディTTはドイツ車ですが、ドイツ車も決して信頼性が低いわけではありませんが、国産車のレベルが高すぎて、国産車と比較すると、どうしても、信頼性が劣ります

国産車と比較して故障しやすいというイメージは、修理が大変でお金がかかるというイメージを合わさって、どうしてもアウディTTの中古車の売れ行きに悪影響を与えます。

なかなか売れないと、中古車市場にアウディTTの在庫がたまり、それを解消するために、さらに値段は下がってゆきます。

維持費やメンテナンス代がかかる

アウディTTはドイツ車なので、修理に必要な部品はすべてドイツから取り寄せます。

そのため、部品代は国産車の1.5倍程度になります。また、工賃も、国産車の修理よりも難易度が高いですので割高になります。

部品交換の周期も、国産車より消耗が激しいので、より短期間で部品を交換する必要があります。交換頻度が高ければ、当然、その費用がかさみます。

ガソリンも、ハイオク指定なので、レギュラーガソリンで走る車と比較して維持費が高くつきます。

中古より新車で購入する人が多い

http://www.autogaleria.hu –

アウディの中古車は、年式が古い車が多く、その分劣化が進み、トラブルを抱えている車が多いというイメージがあるため、アウディTTを購入する人のほとんどが、新車で購入します。

国産車の人気車種であれば、中古車でも新車と同じように売れるので、中古車の値段が値崩れを起こすことは多くありません。

しかし、アウディTTは、新車と中古車の売上量の違いがはっきりしていますので、中古車が値崩れを起こすことは、それほど珍しくありません。

アウディttの欠点は?

アウディTTの欠点は、外国車であるため、経年劣化が早く進み、劣化した車は故障を起こしやすいので、その分、信頼性が低い点があげられます

また、故障した場合には、アウディ・ディラーへの持ち込みが基本で、交換部品もドイツからの取り寄せになるため、大変面倒です。

交換工賃も割高なので、故障率の高い古い車は敬遠される傾向があります。

アウディttの良い点は?

アウディTTは、FF(フロントエンジン・前輪駆動)システムと4WDを組み合させた新システムを採用しており、価格以上の軽快な走りを実現します

クーペ型の流線型を帯びたフォルムは、誰にでも似合うデザインとなっていますので、運転していて非常に楽しい車です。

新車で購入した場合、3年落ちくらいまでであれば、下落率も30%程度と国産車とそれほど変わらないので、中古車で販売するリセールバリューも期待できます

アウディttの中古相場はどれくらい?

アウディTTの中古相場は、一般的には、150万円~820万円です。これだけ見れば、普通の外国製中古車とそれほど変わりはありません。

しかし、アウディの中古相場には、100万円以下の中古車も多数存在しているという特色があります。中には、販売価格が20万円を切るものもあります

極端に安いアウディTTは、年式が古く、経年劣化によりトラブルを抱えているものが少なくないので、購入には注意が必要です。

アウディttに乗ってる人の特徴は?

アウディTTは、新車で500万円以上もしますので、アウディTTに乗っている人は、お金持ちのイメージがあります。

また、クーペの、洗練された美しい流線型で丸みを帯びたデザインは、この車に乗る人のセンスの高さを感じさせます。

アウディTTに乗っている人のイメージは、お金持ちで、頭がよくて、センスも抜群、そんなところでしょうか。

アウディttを購入して後悔しないためのポイントは?

アウディTTの中古車は、100万円以下の極端に安い車が多いという特徴があります。

その値段につられて、うっかり買ってしまうと、ほとんど走らないままに、故障で廃車にしてしまったなどという事態に遭遇することがあります。

そうならないためにも、、以下では、アウディTTを購入して後悔しないためのポイントについて、解説します。

古すぎる年式を選ばない

アウディTTは、国産車と比較すると、劣化が早くすすむため、古い年式になると、トラブルを抱えた車が多くなります。

しかも、故障したアウディTTを修理することは大変ですから、できるだけ、古い年式の車を選ばないようにした方が無難です。

中古車では3年落ちが理想ですが、5年落ちまでであれば、なんとか、普通に乗ることができるでしょう。

走行距離をチェックする

アウディTTは、外国車のため、国産車と比較すると、廃車までに走ることができる走行距離が短くなります

国産車であれば、走行距離が10万㎞でも、まだまだ十分に走りますが、アウディTTは、総走行距離が10万㎞が限界です。

アウディTTの中古車を購入する際には、10万㎞から、その中古車の現在の走行距離を引いた距離が、購入した中古車が走ることが可能な距離になります。

従って、購入前に走行距離をよく確認する必要があります

故障歴がない車を選ぶ

アウディTTは、アウディのディラーに持ち込まないと修理ができない、交換部品はドイツから取り寄せる、工賃が割高であるなど、一度故障してしまうと、その修理が大変な車です。

そのためには、できるだけ事故を起こさない車を購入しなくてはなりません。

一度故障した車は、そうでない車より、故障する確率がかなり高くなります。

そのため、中古車の購入前に、故障歴の有無を調べて、故障歴のある車であれば、を控えた方が無難です

維持費を確認する

アウディTTのガソリンは、ハイオク指定です。

また、国産車と比較して部品の消耗が激しく頻繁に部品を交換しなくてはなりません

その上、部品はドイツからの取り寄せになるので、工賃と合わせて割高になります。

自動車税や車検に係る費用は、同種の国産車と同じですが、維持費・メンテナンス費用が、高くつきます。

購入後に、維持費・メンテナンス費用の負担が大きくて後悔することにならないように、購入前に、十分にそれらを確認しておく必要があります。

認定中古車を選ぶ

アウディTTの認定中古車は、整備士が48時間かけて100項目以上にも及ぶ精密な点検を実施した以下の以下の5つの基準をクリアした中古車です。

  • アウディの正規輸入者であること
  • 走行距離10万㎞以下
  • 初年度登録から10年以内
  • 修理歴者、改造車でないこと
  • 整備記録があること

アウディTT認定中古車であれば、値段は高くなりますが、間違いなく、後悔のないアウディTTの買い物ができます。

「アウディtt なぜ 安い」を検索する人がよく思う質問4選

アウディ TT 何キロ走る?

外国車であるアウディTTは、国産車よりも早く経年劣化が進むので、アウディTTの総走行距離は、10万㎞前後です。

国産車だと、10万㎞を走った車でも、まだまだ十分に走りますが、アウディTTは、ストップアンドゴーの多い日本の運転事情などの影響もあるので、総走行距離は少し短く見積もる必要があります。

アウディTT リッター何キロ?

アウディTTの燃費は、10.5㎞/Lです。同種のクーペ型スポーツカーであるマツダのRX-8が6~8㎞/L、トヨタ86やスバルBRZが9~115㎞/Lですので、アウディTTの燃費は、クーペ型スポーツカーとしては、まずまずといえます。

アウディTTとは?

アウディTTは、ドイツの高級車メーカーであるアウディが販売するクーペ型スポーツカーです。アウディが販売する車には、セダン型、高級セダン型、SUV型など複数ありますが、そのうちのクーペ型スポーツカーが、アウディTTと名付けられています。

アウディ TT 何気筒?

アウディTTの搭載エンジンは、直列4気筒DOHCエンジンですので、アウディTTは4気筒ということになります。高級車では6気筒や8気筒エンジンが多いのですが、アウディTTは、大衆車に多い4気筒エンジンとなっています。

まとめ:安い理由を知って後悔のないアウディttを選ぼう!

アウディTTに格安の中古車がある理由については、わかっていただけたかと思います。

安いには安いなりの理由があるので、それを理解しないで、ただ価格のみを基準に、アウディTTの中古車を購入すると、後悔することになりかねません。

ただし、十分に事前調査を行ったうえで購入するのであれば、思わぬ掘り出し物を手に入れることができるかもしれません。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次