セレナe-powerは買って後悔する?不満?買って良かったと感じた人の口コミも紹介!

セレナ e-power 買って後悔

セレナe-POWER、本当のところどうなの?購入者の本音がここに!

この記事ではそのような高評価の理由も、意外な不満点も、隠さずお伝えします。

購入前に押さえておきたいリアルな評価をチェックし。

あなたの車選びの決め手になる情報を伝えたいと思います。

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

セレナe-powerは買って後悔するの?

セレナe-POWERの購入に関しては、賛否両論にユーザーの意見が分かれています。

まず燃費に関しては、一部のユーザーからは期待に満たないとの声があり、特にエアコン使用時や高速道路走行時に不満が見られます。

また、エンジン音の大きさ価格の高さ特有の電子音電動パーキングブレーキの故障(2022年モデル以前)、オットマンの不満3列目のシートの使い勝手に関する問題点が指摘されています。

しかし、他方ではセレナe-POWERのハンドリングの良さ、快適な座り心地、洗練されたデザイン、豊富なシートアレンジ、そして比較的良好な燃費性能に高い評価が与えられています。

これらの点を総合的に考慮し、個々のニーズや予算に合わせて購入を判断することが求められます。

セレナe-powerは買って後悔すると言われる理由は?

セレナe-POWER購入に関する後悔の理由は以下の通りです。

  • 燃費が期待より悪い。
  • 高速道路でのエンジン音がうるさい
  • 車両価格が高い。
  • 走行時やバック時の電子音が気になる。
  • 一部のモデルで電動パーキングブレーキがない。
  • オットマンがないため、座り心地に不満。
  • 3列目のシートの使い勝手が悪い。
  • バッテリー寿命に関する懸念。

燃費が悪い

燃費に関する詳細は、複数の要因によって影響を受けます。

この車は、1.2Lガソリンエンジンで発電し、電力でモーターを駆動するシステムを採用しており、低燃費が期待されていますが、実際にはエアコンの使用や高速道路での走行時に燃費が悪化するという報告があります。

一方で、一定の速度を保ち、ハンドル操作を最小限にする運転スタイルでは、燃費が改善されることも指摘されていますので使用状況や運転習慣により燃費が変動するため、これらの点を考慮した上で評価する必要があります。

エンジン音

セレナe-POWERに関するエンジン音の問題は、主にボディの剛性と関連しています。

この車は、特に高速道路走行時にロードノイズやエンジンノイズが目立つとの意見があります。

これは車体の剛性が原因で、騒音が内部に伝わりやすいためです。

ただし、2022年のモデルチェンジで第2世代e-POWERが搭載され、新開発された1.4Lエンジンが導入されました。

この変更により、エンジンの回転数が減少し、結果的にエンジン音の低減が期待されています。

電動パーキング

セレナe-POWERの電動パーキングについての詳細は、この機能が提供する利便性とその搭載に関するユーザーの反応に焦点を当てています。

電動パーキングブレーキは、センターコンソールのスイッチを引き上げるだけで作動し、物理的な力を必要とせず、確実にブレーキをかけることができます。

これは特に力が弱い人にとって便利な機能です。

2022年に発売された新型セレナでは、全グレードで電動パーキングブレーキが標準装備されており、以前のモデルを使用しているユーザーからは、この機能を搭載しなかったことに関する後悔の声も聞かれます。

電子音

セレナe-POWERの電子音に関しては、特に走行時やバック時に発生する音に対するユーザーの意見が分かれています。

この車のバック時に発生する「ファンファン」という特徴的な電子音は、車が非常に静かな為、歩行者に車の接近を知らせる安全対策として設計されています。

しかしこの音がうるさいと感じるユーザーもおり、特に近隣の住民にとっては特有の音が気になる場合があります。

バッテリー寿命

バッテリー寿命については、使用する二種類のバッテリーに関連しています。

駆動用として使用されるリチウムイオン電池は、寿命が長いことが知られており、同じタイプの電池を使用するニッサンのリーフでは10年以上の実績があります。

一方、補機用バッテリーは安価な鉛蓄電池を使用しており、保証期間は3年です。

セレナe-POWERに限らず、他のハイブリッド車でも補機用バッテリーに鉛蓄電池を採用する例は多いため、特別にバッテリー寿命が短いわけではないと言えます。

3列目シート

3列目シートに関しては、主に収納の手間に関する問題が指摘されています。

ユーザーからは、3列目のシートの収納に手間がかかるという不満が報告されています。

ライバル車の多くは、シートを跳ね上げると自動的にロックされる機能を備えていますが、セレナではシートのレッグ部を自分で収納する必要があるため、比較的面倒であると感じられています。

馬力

セレナe-POWERの馬力についての情報は以下の通りです

  • エンジンの最高出力は84ps(62kW)で、6000rpm時の最大トルクは10.5kg・m(103N・m)です。このエンジンは水冷直列3気筒DOHCによるものです。
  • セレナe-POWERは、エンジンで発電した電力(84馬力)に加え、回生エネルギーを貯めた走行用バッテリーからの電力(52馬力)も利用します。これにより、特に高速道路での追い越し時などにアクセルを踏み込む際にスムーズな加速が得られます。
  • 新型モデルでは、駆動を行うモーターの性能が変更され、従来型の最高出力136馬力、最大トルク32.6kg-mから、新型では163馬力・32.1kg-mへとパワーアップしています。この改善で街乗りや高速道路での走行がさらに快適になると期待されています。

これらの情報から、セレナe-POWERは、都市部の走行や高速道路での追い越し時など、さまざまな運転状況で十分なパワーを提供できる設計になっていることが分かります。

オットマン

オットマン(足を置くための伸張部)に関しては、ライバル車との比較でいくつかの点が指摘されています。

セレナe-POWERでは、オットマンはディーラーオプションとなっており、2列目シートには標準装備されていません。

これは、同じクラスのライバル車であるノアやステップワゴンなどでは、2列目シートにオットマンが装備されているのに対し、セレナでは別途追加する必要があります。

さらに、セレナのオプションのオットマンはシート前に自分で設置するタイプのため、使い勝手に関して不便を感じるユーザーもいると報告されています。


この点は、乗り心地やリラックスするための機能として重要視するユーザーにとって、購入時の検討事項となる可能性があります。

セレナe-powerは不満と感じた人の口コミ

プロパイロット2.0が使えない?

センターコンソールが微妙..

https://twitter.com/_k0ssy/status/1729856478700531895?s=61&t=xFNEdxr4-K-BV3ssR7tbUw

シフトレバーが短くなり運転席から遠く感じる。
スイッチもが全体的に押しずらいところに配置されている

ぎぶさんの車購入ガイド

全体的に細かな指摘が多かったように思いました。決定的なデメリットは少なそうです。

セレナe-powerは買って良かったと感じた人の口コミ

燃費が良すぎる!!

感動!ヘッドマウントディスプレイ

買い替えて正解でした

ワンペダル走行、プロパイロット等、運転も楽ですし、買い替えて正解!
フロントガラスも大きく視界も広いので運転しやすい

kakaku.com

満足度の高い口コミが多数でした。燃費の良さ、デザイン性、操作性、何を取っても最強!

セレナe-power新型のスペックは?

新型セレナe-POWERの主なスペックは以下の通りです。

  • エンジン:新開発の1.4L発電用エンジン(98ps/123Nm)を搭載。駆動用モーターは163ps/315Nmを発揮し、WLTCモード燃費は最高で20.6km/L。
  • 静粛性:車両状態や走行環境に応じてエンジン作動タイミングを制御し、静かな室内を実現。車体の遮音性能も向上。
  • 運転支援システム:「プロパイロット2.0」を最上位グレードに標準装備し、ドライバーの負担軽減や衝突回避ステアリングアシストを提供。
  • デザイン:エクステリアは上質でモダンな要素を採用し、全ランプをLED化。
  • インテリア:広々とした空間に高級感のある素材を使用。シートは清潔性と快適性を両立。
  • シフトセレクター:日産初のスイッチタイプの電制シフトを採用。
  • 使い勝手:シートスライド機構を3列目に標準装備し、8人乗りに対応。マルチセンターシートも進化。
  • バックドア:デュアルバックドアの使い勝手向上とハンズフリーオートスライドドアの採用。
  • 室内設備:全席にスマートフォン置き場やUSB、オプションの車内Wi-Fiや前エアコン装備。
  • エアコン:タッチパネル式オートエアコンで独立温度調節機能を搭載。
  • 電源:100V AC電源(1500W)をオプション装備し、非常用電源としても使用可能。

セレナe-powerで高速道路を走行する際の燃費は?

高速道路での燃費に関して、ノーマルモードでの実燃費は約18.0km/L、エコモードでは18.8km/Lとされています。

街乗り、郊外路、高速道路を合わせた総合燃費は約19.04km/Lで、この数値はカタログのJC08モード燃費26.2km/Lには及ばないものの、3列シートミニバンとしては良好な数値です。

高速道路での燃費は速度によって変動し、時速100キロ以上での運転では燃費が著しく悪化する傾向があります。
逆に、時速80キロ程度で運転すると燃費が向上します。

新型セレナe-POWERの高速燃費はカタログ値で17.0~19.2km/L、実燃費は約11.9~13.4km/L程度と推測されています。高速道路での燃費性能は、運転条件や速度によって大きく変動することが分かります。

セレナe-powerはガソリン車とどっちがいい?

セレナe-POWERとガソリン車の選択に関しては、いくつかの要因を考慮する必要があります。

  1. 燃費と環境への影響:e-POWERモデルは一般的なガソリン車よりも燃費が良く、CO2排出量も少ないため、環境に優しい選択と言えます。
    燃費の良さは長期的な運用コストを低減する可能性があります。
  2. 運転感覚:e-POWERは電気モーターによるスムーズで静かな走行感を提供します。ガソリン車と比較して、運転時の静粛性や加速感が異なるため、個人の好みによって選択が分かれるかもしれません。
  3. メンテナンスと耐久性:電気モーターを搭載しているe-POWERは、ガソリンエンジンのみを使用する車に比べ、メンテナンスの頻度やコストが異なる可能性があります。しかし、バッテリーの耐久性や交換コストも考慮する必要があります。
  4. 価格:e-POWERモデルはガソリン車と比較して初期費用が高い場合があります。購入時の予算と、燃費やメンテナンスコストによる長期的な経済性を考慮する必要があります。
  5. 走行条件:e-POWERは市街地や郊外路での燃費が良いですが、高速道路での燃費はガソリン車と比べて大きく変わる場合があります。走行環境や使用頻度によって適したモデルが異なるかもしれません。

最終的には、個々の運転スタイル、燃費への重視度、環境への配慮、予算などの個人的な優先事項に基づいて選択することが重要です。可能であれば、実際に両モデルを試乗し、自身のニーズに合った車種を選ぶことをお勧めします。

e-POWERとSハイブリッドはどっちがいい?

e-POWERとSハイブリッド(セレナの従来型ハイブリッドモデル)を比較する際、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  1. 駆動方式
  • e-POWERはシリーズハイブリッド方式で、ガソリンエンジンは発電専用であり、駆動は電気モーターが担います。これにより、電気自動車のような静かでスムーズな走りが特徴です。
  • Sハイブリッドはパラレルハイブリッド方式で、ガソリンエンジンと電気モーターが直接駆動に関与します。これは従来のハイブリッド車と似たシステムです
  1. 燃費
  • e-POWERは特に市街地や郊外路での燃費が良く、エンジンの発電効率とモーター駆動の効率の高さから、燃費が優れています。
  • Sハイブリッドも燃費が良いですが、e-POWERほどではない可能性があります。高速道路などでは、e-POWERと比べて差が縮まることもあります。
  1. 走行感覚
  • e-POWERは、電気モーター駆動のため、加速時のレスポンスが良く、静粛性が高いです
  • Sハイブリッドは従来のハイブリッド車と似た走行感覚で、ガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせによる運転体験が得られます。
  1. コスト
  • e-POWERは技術的に進んでいるため、初期費用が高くなる可能性があります。
  • Sハイブリッドは比較的手頃な価格設定の可能性があり、初期投資が低く抑えられる場合があります。
  1. 環境への影響
  • e-POWERはエンジンが発電専用のため、効率的なエネルギー使用が可能で、環境への影響が比較的小さいです。
  • Sハイブリッドも従来のガソリン車に比べて環境への影響が少ないですが、e-POWERほどではないかもしれません。

選択は、使用環境、燃費、走行感覚、コスト、環境への影響など、個々のニーズに基づいて行うべきです。また、試乗を通じて実際の運転感覚を体験することも重要です。

セレナe-powerを中古で購入する際の注意点

セレナe-POWERを中古で購入する際の注意点は以下の通りです

  1. バッテリーの状態:バッテリーの劣化はハイブリッド車の性能に大きく影響します。
    特に走行距離が多い車両では、バッテリーの状態を確認し、必要に応じて交換コストを考慮する必要があります。
  2. 走行距離と年式:走行距離が多い、または年式が古い車両は、メンテナンスコストが高くなる可能性があります。
    特にe-POWERは比較的新しい技術なので、年式による性能の差異を考慮する必要があります。
  3. メンテナンス履歴:定期的なメンテナンスが行われていたかどうかを確認することは重要です。
    整備記録簿やメンテナンス記録を確認し、過去に大きな修理や事故がなかったかをチェックしてください。
  4. 試乗:実際に車を運転し、走行中の挙動、エンジンやモーターの音、変速のスムーズさなどを確認することが重要です。
    また、電気システムや各種装備が正常に機能しているかもチェックしてください。
  5. 保証とアフターサービス:中古車の保証範囲や期間、アフターサービスの内容を確認し、将来的なメンテナンスコストを見積もることが重要です。
  6. 価格相場:市場での価格相場を把握し、適正な価格であるかを判断します。高すぎる価格や異常に安い車両は注意が必要です。
  7. 法定点検(車検):車検の有効期限を確認し、車検切れ近くの車両は、車検費用を考慮に入れる必要があります。
  8. ディーラーや専門店での購入を検討:信頼できるディーラーや専門店で購入すると、品質やアフターサービスについて安心できる場合が多いです。

中古車購入は、新車購入に比べてリスクが伴うため、特にハイブリッド車ではこれらの点に注意して慎重に選ぶことが重要です。

セレナe-powerを安く購入するコツは?

セレナe-POWERを安く購入するためのコツは以下の通りです

  1. 中古車の検討:新車よりも中古車の方が価格が低い傾向にあります。中古車市場で良質な車両を探すことで、コストを節約できます。
  2. 旧モデルの購入:新型モデルの登場に伴い、旧モデルの価格が下がることがあります。新型と比較して特に問題がなければ、旧モデルを選ぶのも一つの手です。
  3. ディーラーのキャンペーンを利用:特定の時期にディーラーが実施する販売促進キャンペーンや割引セールを利用すると、価格交渉の余地があります。
  4. 下取りや買取:現在所有している車を下取りに出すことで、新しい車の購入価格を下げることができます。複数の買取業者に見積もりを依頼し、最も高い価格を提示した業者を選ぶことが重要です。
  5. 長期ローンの避ける:低月額の長期ローンは魅力的に見えますが、利息が多くかかるため、トータルコストは高くなります。短期間のローンや、可能であれば一括払いを選ぶことで、長期的なコストを節約できます。
  6. オプションの見直し:必要最低限のオプションに絞ることで、購入価格を抑えることが可能です。
  7. 複数の見積もりを比較:複数のディーラーから見積もりを取り、比較検討することで最適な価格を見つけることができます。
  8. 購入時期を考慮:年末や決算期など、ディーラーが在庫を減らしたい時期に購入すると、価格交渉が有利になることがあります。

これらのコツを活用することで、セレナe-POWERをより経済的に購入することが可能です。ただし、価格だけでなく車両の状態や保証、アフターサービスなども重要な検討ポイントであることを忘れないでください。

「セレナ e-power 買って後悔」を検索する人がよく思う質問4選

Eパワーの欠点は何ですか?

e-POWERの欠点は、高速走行時の燃費効率の低下、初期購入費用の高さ、バッテリーの耐久性や交換コストに関する懸念、そしてガソリン車に比べて総合的なメンテナンスコストが高い可能性がある点です。

セレナE-powerの寿命は?

セレナe-POWERの寿命は、適切なメンテナンスを行った場合、一般的な自動車と同じく約10年以上と見積もられますが、バッテリーの寿命や使用状況により異なります。

新型セレナの弱点はどこですか?

新型セレナの弱点は、高速走行時の燃費が比較的低いこと、初期購入コストが高い点、および3列目のシートの使い勝手に関する若干の不満があることです。

セレナE-powerの税金はいくらですか?

セレナe-POWERの自動車税は排気量に基づくため、1.2Lエンジンなら年間29,500円(2023年度の税制改正前)。ただし、エコカー減税の対象で税額が軽減される場合があります。

まとめ:購入してから後悔しないためにオプションなども確認しよう

セレナe-POWER購入時の後悔を避けるため、ライフスタイルに合ったオプション選択が重要です。

安全性を重視する場合は、自動ブレーキシステムやドライバーアシストシステムの選択を検討。
快適性を求めるなら、シートヒーター、サンルーフ、高品質な内装などが適切です。
また、走行性能を優先する場合は、サスペンションやハンドリング関連のオプションが重要。
しかし、これらの追加オプションはコストがかかるため、予算内で本当に必要な機能に絞ることが賢明です。
自分のニーズに合ったオプションを選ぶことで、長期的な満足度を確保できます。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次