rav4はでかすぎるの?売れてない?高級車?買ってよかったというレビューもチェック!

rav4 でかすぎ

1994年にデビューした初代rav4のコンセプトは「アウトドアでも、アーバンシーンでも、見て、乗って、楽しいクルマ」でした。

いまだに人気が高いrav4ですが、購入を迷っている方にとって不安要素もあると思います。

今回の記事では、rav4の魅力や実際に買った人のレビューをご紹介します。

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

rav4はでかすぎる?

結論、RAV4はスペックで他社SUVと比較すると車幅は少しだけ大きいですが、SUVに乗り慣れている人であれば問題ありません。

RAV4のデザインコンセプト「Adventure & Refined」の基づき、「アクティブで力強いワクドキ感」「都会にも似合う洗練さ」を併せ持つデザインが気に入り始めてSUVを買う人も少なくはないと思います。

しかし、今まで比較的小さな車特に車幅1700mm以下の「5ナンバー枠」の車に乗っていた人は、100mm(10cm)以上車幅が増えたので、それまで平気で通っていた狭い道を狭く感じてしまうかもしれません。

rav4はでかすぎると言われる理由は

先ほどは、小さい車から新しくRAV4に乗り換えた人の場合を取り上げましたが、その他にもRAV4がでかすぎると感じる声があります。

今回はそんなでかすぎると言われる理由を実際のユーザーの声をもとに様々な視点で紹介します。

ライバルのSUVを比較されるから

RAV4がでかすぎると言われている1番の理由は比較対象となる他メーカーのSUVが小さいからです。

昨今のSUVブームが到来して以来、各メーカーから様々なサイズのSUVが販売されてます。

RAV4を購入する時に候補として他のメーカーのSUVと比較すると大きく感じてしまいます。

本来、RAV4のライバル車は日産エクストレイルスバルフォレスターホンダCR-VマツダCX-5と言ったミドルサイズSUVになりますが、ライズやヤリスクロスと比較するとどうしても多くなってしまいます。

日本の道路では狭く感じるから

そもそもRAV4はミドルサイズSUVでデザインコンセプトが「Adventure & Refined」に基づき、「アクティブで力強いワクドキ感」と「都会にも似合う洗練さ」を再現しているため、車体が大きく設計されています。

つまりミドルサイズのSUVは他の車よりもサイズが大きいため、日本の狭い道や広さに余裕のない駐車場おいてはでかすぎて不便さを感じます。

ただ、都内の狭い住宅街を走っていると高級外車のSUVやセダンなど多く走っているのでRAV4が特別にでかいわけではありません。

歴代のRAV4のサイズは?

初代のRAV4が5ナンバーサイズのコンパクトサイズでしたが、時代が進むにつれて力強いデザインが求められでモデルチェンジの段階で3ナンバーサイズにアップしている経緯があります。

ここでは歴代のRAV4のボディーサイズを比較して紹介いたします。

RAV4L(J)のボディサイズ

初代RAV4 Lは、当時こういったSUVテイストモデルがなかっただけに売れ行きも好調であったといえます。

それでは、このモデルのサイズはどうでしょうか?

  • 全長×全幅×全高=4145×1735×1690mm
  • 室内長×室内幅×室内高=1735×1465×1230mm
  • ホイールベース=2490mm

スペックから5ナンバーサイズの車ではないのはわかりますが、現代の主流SUVにスペックと比較するとコンパクトなモデルで登場しているのがわかります。

初代RAV4のボディサイズ

次に初代RAV4ですが、そのころ北米市場にもRAV4の販売推進を行っていました。そのため北米で受けるようにと少しずつサイズが大きくなっています。一旦RAV4は、人気が維持できず日本発売を終了させていますが、北米ではモデルチェンジして販売され続けていました。

では、同モデルのサイズはどのようになっているでしょうか?

  • 全長×全幅×全高=4335×1815×1685mm
  • 室内長×室内幅×室内高=1820×1495×1240mm
  • ホイールベース=2560mm

全長が拡大され、全幅も1800㎜を超える状況になっています。
1800mmをこのモデル超える形となり、RAV4は正式にコンパクトSUVではなくミドルサイズSUVにサイズアップしていることがわかります。

現行RAV4のボディサイズ

ここまでのRAV4がスペックからでかすぎることはありませんでしたが、現行型RAV4はどのようなサイズに仕上がっているのでしょうか?

  • 全長×全幅×全高=4600×1855×1685mm
  • 室内長×室内幅×室内高=1890×1515×1230mm
  • ホイールベース=2690mm

日本先代モデルよりも、全長が300㎜近くも拡大されて、全幅も120mmほど拡大されました。

先代モデルを所有している人やイメージが残っている人からすると、かなり大きくなっていると考えられます。

これに伴い、ホイールベースも拡大されたのもサイズアップした要因と言えます。

他モデルとサイズや性能比較

車は安い買い物ではないので基本的に他メーカーの車と比較すると思います。そこでRAV4を購入する際に必ずと言ってもいいくらい比較対象になるミドルサイズSUVをサイズや性能面で比較します。

スバル フォレスター

フォレスターは、スバルが販売するSUVモデルです。同モデルも時代に合わせて刷新されるたびに大きくなっていますね。

それでは、フォレスターのサイズはどうでしょうか?

  • 全長×全幅×全高=4640×1815×1730mm
  • 室内長×室内幅×室内高=2140×1545×1275mm
  • ホイールベース=2670mm

全長は、フォレスターの方が長いですが、全幅はRAV4の方が大きい結果となっています。

スペック比較からRAV4がズッシリした印象が付きます。

全幅の大きいRAV4ですが、車内寸法はフォレスターと比較すると狭くなっており車体の大きさの割には圧迫感があります。

日産エクストレイル

次に日産の主力モデルと言えるエクストレイルは、昨年新型に刷新され、同モデルもサイズを拡大させています。

それでは、エクストレイルのサイズはどうでしょうか?

  • 全長×全幅×全高=4675×1840×1720mm
  • 室内長×室内幅×室内高=2530×1540×1255mm
  • ホイールベース=2705mm

全長は、エクストレイルの方が長いですが、全幅はRAV4の方が大きいです。

エクストレイルと比較してもRAV4の方がワイド感が強調されるボディと感じるでしょう。

ホンダ CR-V

CR-Vはホンダの中でも主力SUVモデルです。RAV4と似たように先代モデルと比較して大きくなっており、デザインもよりシャープになっております。

それでは、CR-Vのサイズはどうでしょうか?

  • 全長×全幅×全高=4605×1855×1680mm
  • 室内長×室内幅×室内高=1970×1550×1230mm
  • ホイールベース=2660mm

全体的にサイズ感はRAV4と比較すると小さくなっています。

全幅他メーカーのSUVと比較すると最大ですが、それでもRAV4には及びません。

またフォレスター同様に車内寸法はRAV4より大きくなっており、より圧迫感が際立つ結果となっています。

マツダCX-5

CX-5は、マツダがSUVフラッグシップモデルとして販売しているSUVです。マツダの洗練されたデザインと高級感を演出している内装が人気を伸ばしているモデルとなります。

  • 全長×全幅×全高=4575×1845×1690mm
  • 室内長×室内幅×室内高=1890×1540×1265mm
  • ホイールベース=2700mm

比較的RAV4と似たサイズなっていますが大きく違うところは、CX-5の方はラインがシャープで、RAV4の方はエッジが効いたデザインであるという点です。

ディテールの違いが、大きい小さいと見える部分のひとつであることも言えます。

rav4は駐車場に入らないの?

自宅がマンションの方や都心でよく車を利用する方にはとっても残念なことですが、今回の新型RAV4は全幅1,865mmもあります。

日本の立体駐車場でもっとも多い制限サイズは、高さ1550mm・全幅1850mm程度になるため、購入をしたくても今借りている駐車場の制限に引っかかる恐れがあります。

駐車場の借り換えで対応できるならばいいですが、借り換えが困難な場合は購入を断念せざるを得ないで駐車場の制限については注意が必要です。

rav4は高級車なの?

一般的には高級車はレクサスやベンツなどのハイエンドメーカーのイメージがありますが、日本人の賃金が伸び悩む現在では、RAV4の価格は手を出せない高級車になったと思う人もいると思います。

しかしテレビCMでは泥にまみれてアクティブに遊ぶイメージを前面に出していますので、高級路線の車では無いと思います。

では、年収300万~600万円ぐらいの庶民サラリーマンが気軽に買える金額かと言われるとそうでもなく、普通車だけど金額高めぐらいの感覚です。

rav4は売れてない?

コロナ禍で全体の新車販売台数は低調でも、2020年トヨタは50%までシェアを拡大させ、車種別の販売台数ランキングでも上位を独占するほど好調となりました。

そのトヨタ車のなかでも好調な売れゆきを見せているのがSUVです。

ところが、そんなトヨタのSUVでも販売台数に大きな格差が生じて、ハリアー、ヤリスクロスは絶好調、ライズは好調となっております。

これに対して、RAV4は一時期の勢いを失いトヨタ内でも明暗を分けています。

RAV4を買って後悔したというレビュー

“アウトドア派の相棒にと走行距離2万キロ弱の中古GZパッケージ、モデリスタエアロ付きを購入。 
北陸地方住みで今年の冬はまあまあ雪がありましたが、RAV4はフルタイム4WDだと思っていましたが、スピードが一定速度で出すと4WDはオフになりFF走行となります。雪道を走っているとちょくちょく滑ります。そこから4WDがきいて体制を立て直すまでにタイムロス。SNOWボタンを押そうが、DIRTやMUDにダイヤルを回そうが、一定速度で4WDはFFモードに知らぬ間に切り替わっています。全ては燃費向上の為だそうです。トルクベクタリングもFFに毛が生えた程度のような気がします。過去にエスクードに乗った事がありますが、クロカンと同じような気持ちで運転していると痛い目に遭います。フルタイム4WDでないと知っていたなら購入しなかったと思います。”

https://s.kakaku.com/review/K0001104803/ReviewCD=1552950/RevRate=2/

オフロードの走破性がうりのRAV4ですが、本格的にクロスカントリーを、するにはフルタイム4WDではないので物足りないと後悔しているオーナーもいます。

RAV4を買ってよかったというレビュー

良かった点 
①とにかく外観がカッコイイ! 
RAV4乗る前は初期型のホンダ ヴェゼルに乗っていましたが、4代目RAV4が出た時に一目惚れして購入しました。 
1年乗った頃にモデリスタのエアロを付けたのですが、ノーマルでもカッコ良かったのがさらにカッコ良くなったので、これから購入される方は是非取り付けをオススメします。 
今は手放してから次の車の納車待ちですが、街中でRAV4走ってるのを見るとついつい目で追ってしまいます。今でもホントにカッコイイ車だなぁと惚れ惚れします。

https://s.kakaku.com/review/K0001104803/ReviewCD=1709566/RevRate=5/Order=1/

【エクステリア】 
一番お気に入りの部分。同クラスSUVでは、ハリアーのような都会的で流れるような綺麗なラインの車も多数ありますが、 
元ハイラックスサーフ乗りなので、アメリカンで無骨なデザインに惚れ込みました。誰が否定しようが大好きです(笑) 
ちなみに、キャンプ、アウトドア、BBQ、旅好きな私のライフスタイルには雰囲気ピッタリです。 

https://s.kakaku.com/review/K0001104803/ReviewCD=1487359/RevRate=5/Order=1/

とにかくRAV4の売りでもある見た目のゴツさがユーザーの中でも良いと言う声が多いです。

rav4がおすすめの人は?

ここまではRAV4がでかすぎると言われている理由を紹介しましたが、SUVに慣れていてサイズ感が気にならない人に向けて、おすすめの理由も紹介します。

大きいボディが好きな人

RAV4はミドルサイズなのでSUVの中でも中型から大型のサイズに分類されます。

多少小回りが利きにくい部分があったとしても大きな車体の車が好みの人にとってRAV4は嬉しいサイズ感の車です。

運転席も高い位置にあるため、広々と見渡せる視点から快適に運転できます。

また、内装のシートは疲れを感じにくい座面形状に設計されており、外観だけでなく車内空間も広いため、どの座席においてもゆったりと快適に過ごせる仕様になっています。

ごついデザインが好きな人

外観の好みにおいてクーペスタイルの様な丸みを帯びたデザインよりも、ゴツゴツと角張ったデザインが好みの人にはRAV4の外観はおすすめできます。

RAV4の外観の印象としてはフロントのデザインもスタイリッシュな感じというよりは、オフロード感のあるゴツゴツとしたタフな印象の強いデザインになっています。

好みが分かれる部分ではありますが、見た目でカッコよさを求める人にはピッタリのスタイルです。

また、デザインが先代と大きく変わったことによって大きく人気を伸ばしているといえます。

アウトドアが好きな人

RAV4は走行性能や機能性を重視したSUVであるため、アウトドアやレジャーなどで出掛けることが多い人におすすめできます。

キャンプなどでは荷室の高さを2段階で調整できたり、USB電源端子・オープントレイ・カップホルダーなどの便利な機能が活躍します。

また、世界初のダイナミックトルクベクタリングAWD(路面状況に応じて旋回時の安定性を高める機能)やマルチテレインセレクト(3つの選べる走行モード)によって悪路での走行性能の高さもRAV4の特徴となります。

走りの力強さを感じたい人にはピッタリのSUVとなっています。

「rav4 でかすぎ」を検索する人がよく思う質問4選

ラブフォー 何キロまで乗れる?

RAV4にはガソリン仕様ハイブリッド仕様プラグインハイブリッド仕様があります。

燃料タンクは55l(通常使用量50l)と全仕様同じなので、ガソリン仕様:760kmハイブリッド仕様:1015kmプラグインハイブリッド:1100kmとなっております。

ラブフォーとハリアーどっちが大きい?

ハリアーが全長4740×全幅1855×全高1660mm、RAV4は全長4600×全幅1855×1685mmと、全長はハリアーの方が140mm長く、全高はRAV4の方が25mm高いだけで、大きな違いがあるわけではありません。

プラットフォームが同じであることがスペックで見て取れます。

ラブフォーの良いところは?

大きく4つあります。

1.車内、荷室が広い

トヨタの同じクラスのSUV、ハリアーよりも開放感があり、荷室容量もハリアーより大きいです。

2.ハリアーよりも安くて完成度が高い

ボディ骨格やエンジン、先進機能などはハリアーよりも優れており、それでいてハリアーよりも安いです。

3.デザインがカッコイイ

無骨でグイグイ走っていきそうなデザインが、男性を中心に高い評価を受けています。

4.乗り心地が良い

の無骨なデザインから、走りはゴツゴツしていそうというイメージを持たれがちですが、意外にも乗り心地が良いという声が多く挙がっています。

トヨタ RAV4 何リッター?

RAV4の燃費は、パワートレーンごとに異なります。

2022年10月時点におけるカタログ燃費(WLTCモード燃費)は、2.0Lガソリン車が15.2km/L~15.8km/L2.5Lハイブリッド車が20.3km/L~21.4km/L2.5Lプラグインハイブリッド車(PHEV)が22.2km/Lです。

まとめ:rav4の大きさが心配な人は他のSUV車と比較して検討してみよう

高いオフロード走破性とゴツゴツとしたデザインが最大の売りのRAV4が、なぜでかすぎる言われているか紹介してきましたが、冒頭で述べた通りスペックで他社SUVと比較すると車幅は少しだけ大きいくらいで、SUVに乗りなれている人であれば問題なく乗れるでしょう。

また都内走っていてもランドクルーザーやベンツのGLSといったフルサイズSUVも走ってることから、都内も道と駐車場を選べば、特に不自由なく過ごせることがわかりました

住んでいる場所によっては、駐車場や狭い道で数センチが大きく感じてしまうこともあるため、先ほど紹介した競合他社の車も含めて事前に確認することをお勧めします。

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次