プジョーはやめとけと言われる理由は?最悪?プジョーを買って後悔しないための注意点

プジョー やめとけ

プジョーと言えば、たてがみを風になびかせたライオンのエンブレムが有名で、フランスの自動車会社です。

グリル中央に配置されていますので、このエンブレムを見ると、すぐにプジョーの車だとわかります。

しかし、このプジョーの車を購入するのはやめとけという口コミが、あちこちで聞かれます。

そこで、そういった口コミが出る理由や、プジョーを買って後悔しないための注意点などについて、書いてゆきます。

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

プジョーはやめとけと言われる理由は?

プジョーはやめとけと言われ理由には、様々ありますが、ここでは、その中から主なものを一つ一つ取り上げて、解説してゆきます。

修理費が高い

プジョーは、外国車です。外国車の場合は、修理の際の部品交換は、基本は本国からの取り寄せになります。日本国内で修理する場合において、海外からの取り寄せになると、運送費がかかるなどの理由で、どうしても、費用が高くなります。

外国車の修理となると、特殊な技術がいるので、工賃も割高になります。

さらに、プジョーは、日本国内でのディラーの数が少ないので、遠く離れたディラーに修理に出すケースも出てきますが、その場合には、陸送費もかかります。

故障が多い

最近の外車は、昔に比べると、ずいぶん故障が少なくなっていると言われています。しかし、それでも、国産車と比較すると、故障率は高くなります。

特に、新車のうちは、故障が少なくても、日本の気候や道路環境が、海外に比べると厳しいという事情から、車が古くなってくると、外車は、急に事故率が上がるという傾向があります。

中古で古いプジョー買う場合には、特にこの傾向が強くなります。

リセールバリューが悪い

ほとんどの方は、外車を新車で乗りたいと考えるため、新車の需要は高いです。

その反面、中古の外車は人気がありません。特にプジョーは、ベンツやBMWと比較すると、日本での外車としての人気がイマイチです。

ほとんどの外車は、新車からの時間の経過によるか価格の下落が、国産車よりも激しい傾向があります。

とりわけ、外車としての人気がイマイチなプジョーは、この傾向が強く、リセールバリューが極端に悪くなる傾向があります。

車内空間が狭い

プジョーには高級セダンの508(フラッグシップ・モデル)、SUVの2008、3008、5008、コンパクトカーの208、ステーションワゴンの308など、様々な車種があります。

このうち、コンパクトカーの208については、外観をかっこよくするために、室内空間を犠牲にしたいるため、車内空間が狭くなっています。

大人2名+子供2名で乗るのであれば大丈夫ですが、大人4人だと、窮屈感が出てしまいます。

操作性が気になる

プジョーは、フランス製ですので、フランス人に合わせて、自動車制御装置をレイアウトしています。

そのため、日本人が操作する場合、その操作性がイマイチだという結果になります。

国産車の「かゆいところに手が届く」ように徹底的に研究された自動車制御装置と比較すると、プジョーのそれは、どうしても劣ってしまいます。

外車だから仕方がないと割り切ってしまうのも一つの考え方ですが、快適なドライブのため車の操作性が高いことは不可欠ですので、それがよくないことは気になります。

燃費が良くない

コンパクトカーであるプジョー208(ガソリン車)の燃費は、WTLCモードで13.4㎞/L~20.8㎞/Lです。

一方、国産コンパクトカーの代表格であるトヨタ・ヤリスのWTLCモードの燃費は19.2㎞/Lから21.6㎞/L、同じくホンダ・ヒットのそれは、17.0㎞/Lから20.4㎞/Lとなっています。

プジョー208は、国産ライバル車と比較すると、高速道路では燃費に大きな差がつきませんが、特に市街地走行において、国産車よりも燃費がかなり悪くなります。

国産車と比較される

プジョーは、国際的な乗用車分類方法でいうと、Bセグメント(コンパクトカーなど)やCセグメント(トヨタ・カローラなどの中型普通乗用車)の車の販売に力を入れている会社です。

しかし、日本で販売されているこのクラスの車には、トヨタではカローラ、ヤリス、アクア、ホンダではヒット、日産ではノートなど、世界的にも成功している人気車両が多数存在します。

日本の自動社メーカーが、しのぎを削って優秀な車を売り出している中で、プジョーは、常に、それらの名車と比較されるので、なかなか厳しい立場にあります。

知名度が低い

日本で販売される外車の中で、ドイツのベンツやアウディ、BMW、フランスのルノーなどと比較すると、プジョーの知名度はイマイチです。

ステータス・シンボルとして外車を購入するユーザーにしてみると、日本国内での知名度が低いプジョーの車に乗っても、周囲に与えるインパクトが少ないので、それほどメリットがありません。

プジョーの車は、ステータス・シンボルとしては、大きな役割を果たせません。

ディーラーが少ない

日本の自動車市場では、ベンツ、アウディ、BMWなどといったドイツメーカーと比較すると、プジョーは少数派です。そのため、日本国内にあるプジョーのディラー数は、少なくなっています。

ディラーが少ないと、特に中古のプジョーを購入して、購入後に供した場合、近くにはプジョーの車を修理できる工場がなくて、遠くまで陸送して、プジョーを修理しなくてはならないことも起こり得ます。

プジョーのは魅力的と思った人の良い評判・口コミ

プジョーは、内装を犠牲にしてまで、外観(エクステリア)をかっこよくすることにこだわるメーカーなので、「プジョーかっこいい」のコメントが大変多くなっています。

これも、プジョーの大きな特色の一つとなっています。

プジョーは最悪と思った人の悪い評判・口コミ

307xs乗ってましたが、高速でギアが3速に固定し、死ぬ思いをしました。一度や二度ではありません。修理に出しても直らない。同じようなケースはネットでいくつか拝見しました。ディーラーさんは「アクセルを急に踏むとそうなることがある」とおっしゃってましたが、日本車なら間違いなくリコール対象です。放置したまま何の手もうとうとしないメーカーの態度に、ユーザーをなめてんのかと腹が立ちます。

訳あってその後も307SW乗ってましたがこれまたホイルにゆがみがあり、まっすぐ走れない。

今は車に乗っていませんが、プジョーだけは一生乗りません。

https://bbs.kakaku.com/bbs/70101710270/SortID=12596588/

プジョーの自動車の性能が最悪なのは、昔の話で、最近の新型車両はずいぶん改良されているようです。

ですが、中古で古い型式のプジョーを買うときは、故障の多い車である可能性があります。

プジョーに乗る女性の特徴

プジョーは、フランスならではの美意識が反映された外観が魅力的な車です。特に、コンパクトカーであるプジョー208は、内装を犠牲にしてまで、外観の美しさにこだわった車です。

こういったプジョーを選ぶ女性は、モダンで洗練された美意識をもつ、オシャレで、上品な人です。

日本で、フランスというと、何かそういったイメージがありますが、まさに、フランス的な人とも言えます。

プジョーに乗る男性の特徴

プジョーは、大変デザインのよい車ですから、プジョーにのる男性は、車のカッコよさを重視する、洗練された都会的なライフスタイルの人です。

また、プジョーにはSUVタイプの車もありますが、このタイプの車を選ぶ男性は、オシャレだけれども、大変アクティブな人といえます。

日本人がもつフランスのイメージは、芸術やファッションが盛んで、美意識が研ぎ澄まされている国というものですが、プジョーに乗る男性にも、そういったイメージが当てはまります。

プジョーがおすすめな人は?

プジョーがおすすめなのは、フランス車のファンで、特に車のデザインにこだわる人です。

プジョーは、車の外観の美しさを特に重視するメーカーなので、車の外観にこだわる人であれば、十分に満足できます。

また、手ごろな価格で外車に乗りたいという人にも、プジョーが適しています。

コンパクトカーのプジョー208の場合、ベーシックグレードだと、300万円程度で購入できます。

プジョーは、特殊なサスペンションが、高いところから飛び降りた猫の足のように、地面からの衝撃を吸収するので、乗り心地が素晴らしいです。乗り心地を重視する人にも、プジョーが向いています。

プジョーを買って後悔しないための注意点は?

プジョーは、外車の中では日本国内における知名度がイマイチなうえに、メインで販売されるのが、コンパクトカーや中型自動車なので、大型自動車に比べると、周囲に与えるインパクトが弱いです。

そのため、プジョーに、外車購入理由の1つであるステイタス・シンボルを求めても、それほど大きな満足は得られません。

プジョーは、外観の美しさを除けば、燃費にしても、耐久性にしても、走行性能にしても、操作性にしても、特に優れているわけではないので、本当にプジョーが好きだという理由で買わないと、後から後悔することになるでしょう。

「プジョー やめとけ」を検索する人がよく思う質問4選

プジョーは壊れやすい車ですか?

ドイツのDJパワー社が行った2018年に行った故障の少ない車の調査によると、故障の少ない自動車メーカーのランキングで、プジョーは、日本の日産やマツダを上回る第6位にランクインしています。

ちなみに、第1位は日本のトヨタ自動車、日本でも人気のあるベンツは第8位でした。この結果を見ると、プジョーは壊れやすい車とは言えません。

プジョーに乗る人はどんな人?

プジョーは、車のデザイン性を非常に重視するメーカーなので、プジョーに乗る人は、美意識が高く、オシャレな人です。

フランスの自動車メーカーの中でも、特にフランス的なメーカーなので、フランスにあこがれを持つ人も、プジョーによく乗っています。

外車で故障が少ないメーカーは?

ドイツのDJパワー社が行った日本自動車耐久品質調査によると、故障の少ない自動車メーカーのランキングで、第1位は日本のトヨタ自動車でしたが、第2位は、ポルシェでした。

ポルシェの故障率が少ないのは、高性能の水冷エンジンを搭載しているため、エンジントラブルが非常に少なくなっているからです。

世界一故障が少ない車は?

ドイツのDJパワー社が行った故障の少ない車調査及び日本自動車耐久品質調査の双方で、ランキング第1位を獲得したのが、日本のトヨタ自動車です。

トヨタ自動車が世界中で人気が高い理由は、故障が少なく、長期間にわたり安定した走行を維持できることです。

まとめ:プジョーの悪い面や良い面を参考に購入検討を!

プジョーには、外国車特有のメリットとデメリットがあり、さらには、他の外国車にはない、プジョー特有のメリットとデメリットがあります。

プジョーを購入するにあたっては、外車であることと、プジョであること、双方の良い面と悪い面をよく検討する必要があります。

それらを十分に考慮したうえで、プジョーの購入を決めた場合には、決して後悔することはないでしょう。

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次