ポルシェボクスターが安い理由は?中古車の相場や新車の価格も紹介!

ポルシェ ボクスター 安い理由

ポルシェは、ドイツの高性能スポーツクーペやSUV、スポーツセダンなどを専門とするメーカーです。

しかし、そのポルシェの中でも「ボクスターは安い」と言われるけど、どうしてなんだろう?

今回はポルシェボクスターが安い理由を紹介します。

ポルシェボクスターが気になる人はぜひ最後までご覧ください。

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

ポルシェボクスターが安い理由は?

ポルシェボクスター(以下ボクスター)が安い理由について解説します。

特に中古車市場におけるボクスターの価格は、新車価格に比べて大幅に下がっています

理由として、生産数が多く、エントリーモデルとして購入しやすく、そこからの乗り換えをきっかけに中古車市場に出回る車の数が大ことが影響しています。

需要が少ないから

ボクスターが安い理由に「需要が少ないから」というワードも出てきます。

ポルシェ自体が憧れの車ではありますが、

  • ポルシェなんて購入できない
  • 維持費を払えない

上記のような、ポルシェには高級なイメージがあります。

また、購入後にかかる維持費など現実的に考えると「乗りたいけれど、乗れない」などと、高嶺の花の印象を持っている人が多いことから需要が少なくなっています。

以上の点から、ボクスターが安くなる原因となっています。

年式が古い

ボクスターが安い理由として、年式が古い点もあげられます。

一般的にどの車も年式によって値崩れはしやすいですが、ボクスターの中古車価格は年式によって大きく変わります。

そのため、デビューしてから約8〜10年前のモデルは比較的購入しやすいです。

古ければ古いほど車両価格は安くなりますが、その代わりに故障のリスクが高まります

気に入った車を見つけたらまず試乗したり、細かくチェックしたりして車の状態を確認しましょう。

中古車が多い

ボクスターが安い理由として、中古車の球数が多い点も理由にあげられます。

  • ボクスターの生産数が多いため
  • オーナーのステップアップで手放したボクスターが多く出回っているため

先にも少し触れましたが、ボクスターは生産数が多いため、市場に出回る数が多いです

また、ボクスターはポルシェのエントリーモデルのため、ステップアップで乗り換えるオーナーも多いです。

その結果、中古車市場にボクスターが多く出回り、中古の球数が増えるため、金額も新車に比べ大幅に安く手に入ります。

新車に比べて安く感じる

ボクスターの中古車が安い理由として、新車に比べて安く感じられるからです。

ボクスターの新車と中古車の価格差は、グレードや年式、車の状態にもよりますが、一般的に大きな差があります

その結果、新車にこだわらず、状態がよくて距離もあまり走っていない車を見つけられれば、年式が古くても中古車の方がいいし、お得と感じる人も多いです。

浮いた分で、カスタムであったり違うところにお金をかけられます。

ポルシェボクスターの中古相場は?

ボクスターの中古相場を紹介します。

状態や年式等によって差がるので、あくまで目安です。

2012年から2016年モデルで平均556万円となっており、価格帯としては、375万円〜1560万円と価格差が大きいです出典:カーセンサー

先述した通り、車本体の年式、グレード、走行距離、カラー、修復歴の有無があるかなどによって同じ車でも金額が大きく変わってきます。

よって気に入った車が、安く販売されていたり、反対に高額で販売されていたりする可能性があります。

候補をいくつかあげておいて気に入った車種を選んでいくのも一つの手でしょう。

ポルシェボクスターの新車価格は?

ボクスターの新車価格を紹介します。

ボクスターの新車価格は879万円〜1312万円となっております。

金額だけ見てみると、中古車の幅よりは広くないものの、新車購入だと879万円からと高額になります。

オプション品等追加すると、さらに高額になる可能性があります

キャンペーンやサービスなどを上手に利用すると多少、お得に購入できる可能性があるので、店員に見積もりを作成してもらう時などに相談してみましょう。

ポルシェボクスターの魅力は?

ボクスターの魅力について3つ程紹介します。

  • 高い運動能力と燃費のよさ
  • ポテンシャルの高い走行力
  • ルックス

現在のボクスターは50年〜60年代のレースで多くの勝利を収めた、4気筒の「ボクサー」ガソリンエンジンを搭載した力づよさと、高性能を維持しつつ平均燃費は約8㎞/Lという高燃費です

また、ボクスターはオールマイティに走りこなすスポーツマシンであり、操舵レスポンスが鋭いですし,総会なドライブを楽しめます。

最後にボクスターはルックスが魅力的で、際立つ彫刻的なフォルムや誰もが見てもポルシェとわかるフロントやノーズが特徴です。

ポルシェボクスター中古のメリット

ボクスター中古車を購入する上でのメリットとはどこにあるのでしょうか。

新車ではなく、中古だからこその良さもあります。

  • 種類が豊富
  • 気軽に乗れる

以上2点から、ボクスターの中古のメリットの詳細を一つずつ紹介してきます。

種類が豊富

ボクスターの中古を購入する上でのメリットの一つとして種類が豊富です。

前途した通り、ボクスターはポルシェの中でもエントリーモデルとして多くの人が購入する分、ステップアップしてのりかえる方が多いです。

そのため、年式、走行距離、カラーなどのレパートリーが広く車の状態も含めて様々な種類のボクスターが選択肢としてあげられるでしょう。

検索をかけると、昔の車両やが出回っており、年式が古いほど金額も低くなります。

初めてポルシェの購入を考えている方には、選びやすいモデルです。

気軽に乗れる

ボクスターの中古を選ぶメリットととして気軽に乗れることもあげられます。

こちらも前途しましたが、エントリーモデルであるボクスターは気軽に購入しやすいです。

さらにボクスターも人気車種であることから、乗りたいという人も多いでしょう。

ポルシェというブランドでまず優越感を味わえますし、アクセルの踏み込みに対しての加速が気持ちよくドライバーをどんどん楽しませてくれます。

新モデルも、旧モデルもそれぞれ好みに合わせてユーザーが満足できる車です。

ポルシェ ボクスターの維持費は高い?

ボクスターを乗る上で絶対かかってくる維持費は高いのか解説します。

  • ガソリン代
  • 自動車税や車検代等の税金
  • 修理代
  • 保険代
  • 駐車場代

車を所有している人は絶対上記の出費があります。

ボクスターの場合、修理代・保険代が国産車等に比べると高額になる傾向があります。

修理代では、ボクスターは外車のため部品代や、それにを取り寄せる送料や工賃が高額です。

保険代では車両保険をつけると国産車に比べ割高になります。

そのため、国産車に比べると維持費は高額になるこ傾向にあります。

ポルシェ ボクスターの燃費は良い?

ボクスターの燃費はいいのかを解説します。

ボクスターの燃費は、レギュラー車で9.94km/L、ハイオク車で8.89km/Lです。
出典:みんカラ

しかし、燃費は運転の仕方や、エアコンの使用頻度等で数値が大きく変わるため、あくまで目安程度です。

ボクスターのオーナーの中には高速道路を16.8km/L、街乗りで13.0km/Lという人もいて、10km/Lを超えている場合もあります。

ボクスターに乗っていてるオーナーは,燃費が良いという人が多く、これからボクスターに乗ろうと検討している方には朗報といえます。

ポルシェ ボクスターは故障しやすい?

ボクスターは故障しやすいのかどうかを解説します。

ポルシェは壊れやすいというイメージが強い人もいるかもしれません。

しかし、結論から言ってしまうと、ボクスターに限らずポルシェだからといって故障率が特段に高いわけではありません。

工業製品としても完成度が高いため、工場出荷時点ではほぼ完璧な状態で発送されます。

センサーが多いのため、少々の不具合もエラーとして表示されるので、故障と思われがちですが、部品交換で解決することも多いです。

そのため、ボクスターの故障率はあまり高くないでしょう。

ポルシェ ボクスターに乗ってる人の特徴は?

ボクスターにはどのような人が乗っているのでしょうか。オーナーの特徴を紹介します。

ポルシェというブランドを聞くだけで、

オーナーはどのような人なんだろう?やっぱりお金持ちなんだろうか?

と、そんなことを考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

芸能人や社長を想像する人もいるかと思いますが、新車で購入を考えると高額ですが、中古であれば、サラリーマンでも乗っている人もいます。

一概に「この人がボクスターに乗っている!」とは言い切れませんが、車やポルシェが好きな人が、車を維持するために工夫して乗っています。

ポルシェ ボクスター中古を購入する際の注意点

ボクスターを購入する際にどのような点に注意したら良いのかを紹介します。

  • エアコン
  • エンジンは綺麗か

ボクスターの幌の状態を確認しましょう。

幌の交換費は、20万円以上する場合がありますので、下見をした際細かく状態を確認しましょう。

次に、エアコンの状態を確認することも大切です。

エアコンが使えないのは、夏や冬は地獄です。

エアコンのコンプレッサー異常、試乗ができればエアコンの効きが悪くないか確認しましょう。

エンジンの状態も確認しましょう。

エンジンをパッと見た際に汚れていないか、オイル交換は定期的に行われていたかなど、整備手帳を元に確認することは可能です。

「ポルシェ ボクスター 安い理由」を検索する人がよく思う質問4選

ポルシェのボクスターは故障が少ないですか?

外車で心配されがちな故障ですが、ボクスターは故障は多くはありません。
ポルシェは完成度が高いので、出荷時はほぼ完璧な状態で出荷されます。
センサーが多いため、ランプ点灯が多くつく場合がありますが、ほとんどの場合は部品交換で解決できます

ポルシェボクスターの故障率は?

ボクスターの故障率は、2.6%です。
ドイツの第三者試験認証機関が発行したテストレポートでは、最も故障率が低い車として発表されています。
以上の点から、ボクスターの事故率は極めて低いということがわかります。

911の年間維持費はいくらですか?

911ボクスターの年間維持費は、約64万9,000円です。
しかしこの金額はあくまで平均です。保険の契約の内容や、燃費、故障時やメンテナンスの部品、工賃代等によっては金額が大きく変わる可能性もあります。

718ボクスターの価値はいくらですか?

718ボクスターの買取相場は108万円〜1,448万円です。
しかし、車の状態によって大きく変わります。
具体的に、年式、総走行距離、修復歴、カラー等です。
そのため上記のように、金額の幅も大きくなっているので、気になる方は一度自身の信用できる店舗で査定してもらいましょう。

まとめ:中古のボクスターが安くても魅力は変わらない

ここまで「ポルシェボクスターが安い理由は?中古車の相場や新車の価格も紹介!」について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

結論として、中古のボクスターは安くても魅力は変わらないということです。

理由として、ボクスターを取り扱うポルシェは、最も故障率の低いメーカーとして有名で、ポルシェを購入するエントリーモデルとしても人気だからです。

また、中古でも球数も多いことから選択肢が広がり、オーナーになってからのカーライフを楽しませてくれること間違いありません。

ボクスターが気になっている人は、ぜひ一度試乗してみていはいかがでしょうか。

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次