motaのオークション評判を調査!MOTAオークションのデメリットは?

mota オークション 評判

motaのオークションは、株式会社MOTAが展開する、中古自動車売却支援システムです。

このシステムは、基本的にはオークション代行サービスです.

しかし、株式会社MOTAが展開するmota車買取と併用することもできます。

そのため、中古自動車の売却における選択肢を増やす効果があります。

motaのオークションは、消費者であるユーザーが、プロのオークションに直接参加できるので、高額査定が期待できます。

この記事では、新しいサービスとして注目されているmotaのオークションの評判を調査し、そのデメリットなどについても、解説します。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

motaのオークション評判・口コミ

良い評判・口コミ

X(旧ツイッター)でのコメントを調べてみると、motaオークションの評価は上々です。やはり、買取店300社が参加するオークションに出品できると、高値売却が期待できるようです。

悪い評判・口コミ

X(旧ツイッター)に投稿されたコメントを見てみると、motaオークションの査定額に関する不満は少ないのですが、申請受付の漏れや、個人情報の取り扱いが適切でなかったなど、査定額以外での不満が散見されます。

mota車買取のサービス内容

https://autoc-one.jp/

運営者情報

motaのオークションは、東京都港区赤坂に本社がある株式会社MOTAが運営しています。

株式会社MOTAは、1999年6月に設立され、2024年1月現在の資本金は1億円です。

株式会社MOTAは、下記のような様々な事業を展開しています。

  • 中古車買取支援サービス(motaオークション)
  • カーリース(新車・中古車)
  • 中古車検索
  • 新車見積もり
  • 自動車ニュース
  • 新型車レビュー

いずれの事業も、DX(デジタル・トランス・フォーメーション)を活用して、従来の自動車関連事業にはない特色あるサービスを展開しています。

motaのオークション出品の流れ

motaのオークションに出品を申し込むと、mota社員が、申込者の自宅に出向き、車の査定と撮影を行います

出品は、これだけで可能です。

オークションは、毎週月曜日と金曜日に行われます。

オークションで最高額をつけた買取店の査定額が、出品者の希望額を上回る場合は、落札となります。

オークションの最高額が、出品者の希望額を下回る場合は、希望額を上回る最高額が出るまでオークションを続けます。

しかし、何度かオークションを繰り返しても、希望する価格が出ない場合には、出品を取りやめることもあります。

motaのオークション手数料は?

motaオークションの手数料は、税込み11,000円です

これは、成約手数料ですので、成約しなかった場合、手数料は発生しません

出張査定料、出品料、事務代行手数料はすべて無料です。

オークションを申し込んだけれども、出張査定の段階で、キャンセルした場合には、出張査定料が無料とされていますので、料金は発生しません。

MOTAの入札メールがないこともある?

MOTAのオークションは、mota社員がオークション手続きを代行してくれますので、入札メールが届かないということはまず考えられません。

motaのオークションは、首都圏限定ですが、約300の買取店が参加する大規模なものです。

その為、落札者が出るかどうかは別として、オークションで入札申込者がいないことはまず考えられません。

入札者が出たら、その情報は、mota社員から出品者に必ず伝達されます。

入札者がいない場合でも、入札者なしの情報は必ず入るはずです。

結論として、MOTAの入札メールがないことはありません

MOTAオークションはキャンセルできる?

motaオークションの出品者が、車を引き渡した日の翌日までに、買取店に対して契約キャンセルの通知を入れた場合に限り、契約キャンセルは受け付けられます。

その場合のキャンセル料は発生しません。

車の引渡し日の翌日までに通知するという条件付きですが、motoオークションはキャンセル可能です

ただし、車の引き渡しの翌日までにキャンセルの通知を出さなかった場合は、キャンセル不可か、または、キャンセル可能だが、キャンセル料が発生する可能性があります。

MOTA車買取にキャンペーンはある?

2020年10月1日から10月31日までの間に、motaの車買取に査定を依頼し、同年11月8日までに加盟買取店に車を売却した場合は、抽選で10名に、アマゾン・ギフト券1万円分をプレゼントするというキャンペーンがありました。

また、motaの車買取に査定を依頼し、その感想などの口コミをmotaに投稿すると、抽選で毎月100名の方に2,000円分のアマゾン・ギフトが贈呈されるというキャンペーンもありました。

(このキャンペーンは、2023年8月3日で終了しています。)

MOTAオークションのメリット

https://autoc-one.jp/

motaのオークションのメリットは、出品者が、買取店と直接交渉しなくてもよい点です

オークションで最高価格を提示した業者との、車の売却手続きは、motaの社員が行います。

出品者は、落札価格が希望額を上回る場合は、motaの社員の指示に従うだけで、車を売却できます。

motaのオークションを利用することで、自分の車を、直接、本来は買取店でないと参加できないオークションに出品することができます。

motaのオークションには約300社の買取店が参加していますが、約300社の買取店を相手にすることで、高額売却が期待できます。

MOTAオークションのデメリット

motaのオークションの対象エリアは、今後順次拡大されていく予定ですが、現在は首都圏のみです。

対象エリアが首都圏のみだと、オークションには首都圏の買取店しか参加できません。

なので、全国を対象エリアとするオークションと比較すると、参加買取店が限定される分、入札価格が低くなる可能性があります。

また、最低出品金額が相場とずれている車、不人気車種、過走行車などは、オークションで売れ残ってしまいがちです。

オークションで人気がないと、申し込みから売却まで、何度も何度も入札を繰り返すことになり、売却までに時間がかかってしまいます。

こういったことも、motaのオークションのデメリットになります。

MOTAのオークションで入札を増やすためのポイントは?

motaのオークションでは、申し込みをすると、mota社員が、自宅に来て、車の査定や撮影が行われます。

この査定結果や車の画像をもとに、入札が行われます。

mota社員が自宅に来る前に、出品する車の、車内の清掃や、ボディの洗浄、ワックスがけをしておけば、査定結果がよくなるかもしれません。

また、きれいな画像が撮れるので、入札価格がUPする可能性があります

出張してきたmota社員に丁寧に応対することで、査定額がよくなることがあります。

査定額がよくなれば、入札価格も上がるので、こういったことにも気を使いましょう。

MOTA車買取の注意点

MOTA車買取は、比較的新しい会社ですが、今のことろ、大きなトラブルの話は出ていません。

今までの自動車オークションのトラブルを改善する様々な新しいサービスを取り入れており、査定額も高いと評判です。

そのMOTAの唯一の欠点は、地方で提携買取店数が少なく、地方で申し込むと、入札数が少なくなり、高額査定が期待できない点です。

地方の方がmotaの車買取を利用する場合は、この点に注意しなくてはなりません。

また、後日のトラブルを避けるためにも、修理歴や事故歴はきちんと申告すべきです。

修理歴や事故歴を正確に申告しなかった場合、motaの、現車査定で、オークション見積額の下限金額が保証されるという制度は適用されません。

MOTA車買取が向いている人は?

MOTA買取が向いている人は、まず、高値で中古車を売りたい人です。

MOTA買取は、査定額が高いことで評判です。

最大20社の買取店が入札に参加し、そのうち査定額の上位3社が、売却希望者との交渉権を獲得します

交渉権を確保した3社のうち、最も高い査定額を出した買取店に売却する方式なので、自然に高い値段で売れるようになっています。

次に、安心して一括査定を利用したい人にも、MOTA買取がおすすめです。

MOTA買取は、他にはないユーザー保護の制度が導入されているので、安心して申し込みができます。

  • 車両引き渡し翌日までのキャンセルについては、キャンセル料が請求されない
  • 現車査定については、現車査定前の見積額の下限以下の金額を出すことが禁止されている

このような制度があるため、安心して一括査定を利用できます。

「mota オークション 評判」を検索する人がよく思う質問4選

Motaオークションとは何ですか?

Motaオークションは、株式会社MOTAが運営する、中古オークション代行サービスです。誰でも、成約時に11,000円を支払うという条件で、約300店の自動車買取店が参加するオークションに、自分の車を出品することができます。

Mota どこの会社?

株式会社MOTAは、東京港区赤坂に本社があります。設立は1999年6月です。中古自動車売却(買取)支援システムmotaオークションを始め、カーリース、自動車ニュース、新車レビューなど、自動車に関する様々な事業を展開しています。

毎日オークションで最高額はいくらですか?

2022年12月、オークションでトヨタ2000GTが1億2千万円で落札されました、これが、オークションで落札された日本車の最高価格と言われています。ちなみに、自動車史上最高の落札価格は、メルセデス・ベンツ・300SRLウーレンハウトクーペで、1億3,500万ユーロ(当時の為替レートで約180億円)です。

Motaの買取手数料はいくらですか?

motaの車買取には、手数料はかかりません。mota車買取では、売買契約が成立して車の引き渡しと決済が終了した時点で、買取店からmotaに一定の手数料が支払われ、この手数料でmotaが運営されているため、売主に手数料は請求されません。

まとめ:良い評判・悪い評判を参考に出品を検討してみよう

motaオークションは、中古自動車の売却について、選択の幅を広げてくれるサービスです。

約300店以上の買取店が参加するオークション出品できるため、思わぬ高額売却の期待が持てます

よい評判、悪い評判を参考にして、他の買取サービスと併用して、又は、単独で、motaオークションへの出品を検討してみるのもよいでしょう。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次