クリスタルキーパーは意味がない?クリスタルキーパーは1年持たないのか検証

クリスタルキーパーは、KeePer技研株式会社が開発したカーコーティングメニューの1種です。

車の塗装をコーティングと呼ばれる強力な皮膜で覆うことで、ボディの塗装を紫外線や擦り傷から守ります

クリスタルキーパーには、姉妹商品として、ダイヤモンドキーパー、Wダイヤモンドキーパーなどがあり、まとめて、キーパーコーティングといいます。

キーパーコーティングは、「キーパーラボ」「プロショップ」などの看板を掲げているガソリンスタンド(全国に6,200店舗あります。)などで施工を受けることができます。

しかし、このクリスタルキーパーには、施行しても意味がないとか、1年しか持たないなどの否定的な意見が出ています。

そこで、この記事では、その意見が本当なのかについて検証していきます。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

クリスタルキーパーは意味がない?

クリスタルキーパーに意味がないわけではありません。

クリスタルキーパーは、新車や、ボディに汚れや傷がほとんどない場合は有効なコーティングです。

しかし、汚れや傷があった場合は、汚れや傷ごとコーティングするので、その効果が半減します

新車やボディに汚れや傷がほとんどない車に、クリスタルキーパーを施行した場合、透明感のある艶と、はっ水、塗装の保護が、長期間続きます。

そのため、クリスタルキーパーは、一定の条件付きで、意味があるコーティングといえます。

クリスタルキーパーとは?

ガソリンスタンドの店内をよく見ると、「クリスタルキーパー」の看板を目にすることがあります。

クリスタルキーパーというネーミングから、何となく、カーコーティングやワックスがけのことだろうと推測はつきます。

しかし、その詳細は不明だという方もいらっしゃると思います。

そこで、以下では、クリスタルキーパーとは何かについて解説します。

基本情報

クリスタルキーパーは、KeePer技研株式会社が開発したカーコーティングの商品名です。

クリスタルキーパーを施行すると、透明なベールをまとったような美しい見た目になります。

さらに、塗装面が厚い皮膜によって長期間保護されるので、その劣化を防ぐことができます

クリスタルキーパーは、「キーパーラボ」や「プロショップ」の看板を掲げる、全国のガソリンスタンド(約6,200店舗)などで受けることができます。

クリスタルキーパーの姉妹商品として、ダイヤモンドキーパー、Wダイヤモンドキーパーがあり、まとめて、キーパーコーティングといいます。

料金

クリスタルキーパーの料金は、塗装面のサイズに決まってきますが、16,600円から31,300円です。

より、コーテイング膜が厚いダイヤモンドキーパーは、47,500円から86,400円です。

最上位グレードのWダイヤモンドキーパーは、68,800円から125,100円です。

ドライブスルー洗車などで、高密度ガラスコーティングメニューの価格は、2,500円くらいです。

なので、クリスタルキーパーの価格は、6倍から13倍もあり、かなり高いことが分かります。

他のコーディングとの違い

自動車工場などでも、コーティングを施行してくれるところがあります。

しかし、普通のコーティングは、研磨などの下地処理が9割で、塗りに回される労力は残りの1割程度です。

クリスタルキーパーの場合は、下地処理は1割で、残りの労力の全部が塗りに回されます

クリスタルキーパーは、下地処理をほぼ省略して、塗りに特化したコーティングといえます。

従って、クリスタルキーパーは、コーティングにあたり、十分な下地処理が必要な、汚れや傷の多い車には、向きません。

そういった車は、クリスタルキーパー以外のコーティングがおすすめです。

新車や、汚れ傷のほとんどない車の場合は、下地処理を省略しても構わないので、クリスタルキーパーがよく効きます。

クリスタルキーパーの失敗例

毎年同じガソリンスタンドへ、車のクリスタルキーパーコーティングをお願いしていて、今回で5回目になるので安心して依頼をしたところ、車を預ける前より全体的に汚くなって返って来ました。ボディのコーティングは所々ムラになっていて、部分によっては垂れた跡のように縦線のムラに。さらには窓も水垢のような跡が細かくたくさんついていて、拭いてもとれません。依頼したスタンドへ電話をしたところ、もう一度やり直しますということなので、今週末もう一度車を持っていきますが、全て元通りきれいになるのでしょうか。きれいにしたくてお金を出して依頼したのに、こんなの残念すぎます。

引用元:教えてgoo

施工店(スタンド)の技術がイマイチなので1つです。拭き残し多数だったのでその場で手直し。やはり安かろう悪かろうの典型例かもしれません。後日蛍光灯下でみたら料金取られたのに頼んだ研磨してない、ルーフにレジン拭き残し固着、すでに効き目切れてる最悪な仕上がりなのでキーパーは勧めません。研磨はしたが、その結果水垢が浮いて取れなくなったと。ダメだこりゃ

引用元:みんカラ

新車ならもつと思いますが、野天駐車だし塗装もやれてて全塗装か車庫に金使った方がよかった。つか、コーティングして効果無いか判断できずただロボットの様に勧めて施工する店員の評価が星1だ。この前に2回ほどクリスタルキーパーを施工し、鉄粉除去までしたが鉄粉除去施工した面だけ塗装が剥げてきた。クリスタルもダイヤモンドも野天の下ではもちは同じ。捨て金。やらない方がいい。

引用元:みんカラ

最初のコメントは、施行した担当者が不慣れだったようで、クリスタルキーパー自体の問題ではないようです。店舗や担当者によって、技術力にだいぶばらつきがあるようです。

クリスタルキーパーで後悔する人の特徴

クリスタルキーパーは、新車やボディに汚れや傷のほとんどない車に施行して威力を発揮します。

別の言い方をすれば、新車の状態の塗装面を保護するコーティングともいえます。

従って、汚れや傷の目立つ古い車に施行しても、値段の割には、大したことはなかったという結果になり、後悔につながります。

また、店舗によって、コーティングの技術力にばらつきがあります

受付前に、その店舗の口コミをよく調べるなどして、評判の良い店舗を選ばないと、期待していたほどのコーティングがされなくて、後悔します。

クリスタルキーパーの口コミ・評判

新車の輝きを保てます

私が気に入っている点は、年1回の施工で、車をいつまでも綺麗に保てる点です。ガラス層とレジン層の2層の塗膜で、紫外線や風雨から本来の塗装をしっかりガードしてくれます。撥水効果が高く、汚れが付きにくいので、日々のお手入れは軽い水洗いで済む点も気に入っています。コーティング剤の耐用年数は約1年と、それほど長くありませんが、この価格で1年もてば十分な気がします。今乗っている車は、今年で7年目になりますが、新車の時から毎年クリスタルキーパーをかけているおかげで、今でも新車の様な輝きを保っています。これからも定期的に施工して、相棒の美しさを保ちたいです。

引用元:みん評

新車への乗り換えを機会に施工を依頼しました。これまでは新車購入の際にディーラーで施工してましたが、やはり時間と共に少しずつ光沢が失われることが気になっていました。それならいっそ1年ごとにプロに再施工を依頼するのはどうだろうと試すことにしたわけですが、結果はとても満足です。お手入れはディーラー施工と一緒で水洗いだけなので楽ですし、1年ごとに美しい光沢が蘇ります。価格もディーラー加工と比較して高いとは思わないですね。なにしろ1年ごとに光沢が蘇るわけなので、妥当だと思います。

引用元:みん評

新車のときから、年1回クリスタルキーパーを行うことで、新車の輝きを長期間維持できます。クリスタルキーパーの本領発揮といったところです。

古い車は研磨も併せて頼む

いつものお店にてクリスタルキーパーのコーティングをしてもらいました。10年以上前の年式ということもあり、納車前から結構洗車キズや細かなキズが気になっていました。購入したディーラーさんも出来る限りきれいして納車してくださったのですが、細かなキズは簡単には消えませんでした。そして馴染みのキーパーのお店に相談したらコーティング前に軽磨きをしたらキズもある程度消えてきれいな状態でコーティングできますとのことで、今回は軽研磨+コーティングをしてもらうことにしました。1日預けて先ほど取りに行ったら、完成度の高さにびっくりしました。

引用元:洗車部屋

5年落ちの車を購入しましたが、ボディをよく見ると細かなキズがたくさんあったので、オプションの軽研磨を含めて施工をお願いしました。結果、わずか3時間程度でこんなにきれいになるとは思っていなかったので大満足です。ブレーキダストがべったり付いていたホイールも、まるで新品のようになりました。確かにオプションと合わせて料金も3万円超なので決して安くはないものの、これで見た目が新車のようになって洗車もラクになると考えれば納得です。1年ごとに施工すると効果が長持ちとのことなので毎年このくらいの出費になる訳ですが、1日に換算すれば100円未満なので安いもんです。来年ももちろん施工するつもりです。

引用元:みん評

10年落ちや5年落ちの古い車には、クリスタルコーティングはあまり向きませんが、施行前に十分な研磨を実施すれば、一定の効果があるようです。ただし、担当者に、研磨も実施するようにお願いする必要があります。

今後は、自分でするか、別の店舗にしたい

鉄粉取り作業がどの段階でされていたのかまったく確認できませんでした。もしかしてやってないんか?とも思いましたがそこは信用するしかないですが。仕上がりも持ち込んだ時と光沢ほぼ変わらず。なぜか研磨かけないと取れないと言われていた水じみは私の目が悪いからなのかほぼ確認できずでした。それより施工完了時の細かな粉が非常に気になりました。翌日よく見てみると塗りむらがひどくドアとボディのさかいめやエンブレムまわりなどの処理が非常に悪い。こんなことなら自分でコーティングかけたほうが費用もしあがりもよかった気がします。

引用元:みんカラ

クリスタルキーパーと軽研磨施工をしました。小さい傷が何ヶ所ありましたが残念ながら1ヶ所も消えてませんでした。クリスタルキーパーはとりあえずですがガソリンスタンドではなく次回はキーパーラボにて施工しようと思いました。

引用元:みんカラ

クリスタルキーパーは、よいコメントと悪いコメントの差が大きいです。その原因は、担当する店舗の技術力が均一でないことが考えられます。

クリスタルキーパーのデメリット

クリスタルキーパーの特徴は、下地処理をほぼ省略して、徹底して塗りを重視している点です。

従って、コーティングの前提として下地処理をほとんど必要としない新車や新車に近い車に施工することは問題はありません。

しかし、下地処理が必要な古い車に対しては、その効果は半減します。

そのため、汚れや傷の目立つ、古い車にクリスタルキーパーを施工しても、期待していたほどの効果は上がりません。

そうすると、料金の高さのみが目立ち、後悔する結果となります。

クリスタルキーパーのメリット

クリスタルキーパーのメリットは、他のコーティングと比較すると、施行後の光沢感がより強く、その効果が長期間持続することです。

また、塗装面に厚い皮膜が形成されますので、紫外線や酸性雨から車体を保護し、車の劣化を遅らせる効果があります。

また、洗車のみのメンテナンスでも、1年間は、その効果が持続します

ドライブスルー洗車のコーティングのように、施行直後はよいが、少し走ると、すぐに元どおりになってしまうことはありません。

クリスタルキーパーは1年持たないの?

クリスタルキーパーの光沢感や塗装面の保護効果の持続期間は、洗車以外のメンテナンスなしで、約1年間と言われています。

クリスタルキーパーの効果を持続するためには、1年ごとに、繰り返しコーティングする必要があります。

持続期間はほぼ1年ですので、1年持たないということはありません。

クリスタルキーパーだけで十分なの?

クリスタルキーパーの効果の持続期間は、おおよそ1年間と言われています。

1年ごとに、定期的にクリスタルキーパーのコーティングを受けるのであれば、クリスタルキーパーだけで十分と言えます。

ちなみに、クリスタルコーティングの姉妹商品であるダイヤキーパの場合は、洗車のみで、3年間は、新車のような光沢が維持できるとされています。

より長期間の効果を希望する方は、こちらがおすすめです。

クリスタルキーパーは青空駐車でも効果ある?

クリスタルキーパーは、塗装面を保護する厚いガラス被膜が形成されるので、青空駐車する車に向いています。

青空駐車する車だと、屋内駐車よりも、紫外線や、酸性雨、黄砂などの影響を受けやすく、塗装面が傷つきやすく、汚れやすいという傾向があります。

クリスタルキーパーによって、そういった影響を軽減することができます

クリスタルキーパーは、青空駐車の車でも効果がありますので、むしろ、青空駐車の車にこそ、クリスタルキーパーがおすすめと言えます。

クリスタルキーパーは10年落ちの車でも意味がある?

クリスタルキーパーの売りは、「新車のような光沢感が持続する」です。別の言い方をすれば、「新車の光沢感を、より長期間持続する」です。

10年落ちの車では、そもそも光沢感が失われています

クリスタルキーパーは、下地処理をほとんどしないので、光沢感のない車体にコーティングをしても、それほどの効果は期待できません。

クリスタルキーパーには、光沢感を維持するほかにも、塗装面の保護という効果があります。

なので、10年落ちの車に施しても、まったく意味がないとは言いませんが、適切だとは言えないです。

クリスタルキーパーをする際の注意点

クリスタルキーパーを受けることができるのは、以下の2つです。

「キーパーラボ」と呼ばれるKeePer技研株式会社の直営店(全国88か所)

「キーパープロショップ」とばれるKeePer技研株式会社と提携したガソリンスタンド(全国約6,100か所)

キーパーラボ」の方がより専門性があり、技術力も高いと言われています。

キーパープロショップ」は、店舗によって技術力に差があると言われています。

「キーパープロショップ」を利用する場合には、事前に、口コミなどを調べておく必要があります。

また、クリスタルキーパーは、基本は、新車のもつ光沢感をできるだけ長く維持するものです。

新車や新車に近い状態の車を想定したサービスですので、古い車には向きません。

「クリスタルキーパー 意味 ない」を検索する人がよく思う質問4選

車のクリスタルキーパーのデメリットは?

クリスタルキーパーのデメリットは、下地処理をほとんど省略して、塗りに特化しているため、コーティングにあたり下地処理が必要な古い車には、効果が低くなることです。

料金を考えると、新車又は新車に近い車にしか割に合わないので、対象となる車が限定されています。

クリスタルキーパーの耐久期間は?

クリスタルキーパーの耐久期間は、約1年間です。施行後1年間は、洗車だけで、その光沢感を維持できます。

クリスタルキーパーの効果を長期間持続するためには、1年ごとに、定期的にクリスタルキーパーのコーティングを受ける必要があります。

ダイヤモンドキーパーとクリスタルキーパーどっちがいい?

ダイヤモンドキーパーは、クリスタルキーパーよりも、コーティングにより形成される皮膜が厚くいため、より強い光沢感が得られます。また、その効果もより長期間持続します。

ダイヤモンドキーパーは、洗浄のみのメンテナンスで、約3年間はその効果が持続すると言われています。クリスタルキーパーの持続期間は約1年と言われていますので、3年間で比較すると、ダイヤモンドキーパーの方が、割安になります。

キーパーコーティングの弱点は何ですか?

キーパーコーティングの弱点は、店舗である全国の提携ガソリン・スタンドの技術力にばらつきがある点です。技術力の低いガソリンスタンドを利用した場合、満足できるコーティングが受けられません。

そうすると、その利用者が、キーパーコーティングは大したことないという情報を流して、そのブランドイメージを低下させます。

まとめ:クリスタルキーパーをする意味はある!

クリスタルキーパーは、新車や新車に近い状態の車の塗装面を保護することに、特に適しています。

保護効果も長期間持続します。

しかし、もともと光沢感のない古い車に対しては、施工しても光沢感はそれほど増えません。

逆に、汚れや傷を厚い保護膜で長期間保護することになるので、あまり意味を持ちません。

クリスタルキーパーを、新車やそれに近い車向けのサービスだと割り切れば、それはそれで、素晴らしいサービスだと言えます。

クリスタルキーパーを定期的に繰り返して受けておけば、ピッカピッカで買った新車に、何年もその状態のままで乗り続けることができます。

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次