買って後悔した軽自動車ランキングを紹介!買ってよかった軽自動車もチェック

買って後悔した軽自動車ランキングを紹介!買ってよかった軽自動車もチェック

軽自動車は、燃費の良さと、リーズナブルな価格で、近距離の通勤や買い物が多いユーザーには、絶大な人気を誇っています。

車の分類も、標準的なセダン、レジャー向けのSUV、室内が広いトールワゴン、スポーツタイプのクーペなど、様々なバリエーションがあります。

現在、新車で販売される車の約4割は軽自動車といわれています。

しかし、軽自動車も、普通自動車と同様、事前によく調べないで購入して後から後悔したというケースは少なくありません。

そこで、この記事では、買って後悔した軽自動車のランキングや、買ってよかった軽自動車の声などを、紹介します。

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

買って後悔した軽自動車ランキング

軽自動車を買って後悔したという声には、様々な軽自動車に対するものがあります。

以下では、そのうちの代表的な車種に関するものについて、書いてゆきます。

スズキ ジムニー

ジムニーは、スズキ自動車が販売するオフロード4輪駆動車です。

ジムニーは、悪路走行に強い車として設計されていますので、街乗りでの乗り心地はよくありません。

また、他の軽自動車と比較して、燃費が悪いです。街乗り中心のユーザーが、ジムニーを購入すると、乗り心地と燃費に関して不満で、後悔するケースが多いです。

スズキ ラパン

ラパンは、スズキ自動車が販売するハッチパック型セダンです。

ラパンは、若い女性層をターゲットに設計されていますので、デザインが可愛すぎ、男性や、年配の女性が乗ると、違和感を感じます。

若い女性にしても、最初はよいのですが、年を重ねるごとに、ラパンのデザインと合わなくなります。

そうなると、もっとベーシックなデザインの車を買えばよかった、ラパンを買って失敗したということになります。

日産 SAKURA

日産SAKURAは、日産自動車が販売する軽自動車のEV(電気自動車)です。

SAKURAは、安全性能では高い評価を得ていますが、バッテリー容量が小さく、充電満タン時の航続距離が短いと不評があります。

また、地方では、充電環境が整っておらず、遠くの充電所まで出向いて充電しなければならないので、大変不便です。

このような理由で、SAKURAを買って後悔したというユーザーが目立ちます。

ダイハツ コペンGR

ダイハツ・コペンGRは、ダイハツ自動車が販売する軽のクーペ型オープンカーです。

この車は、スポーツカーですので、実用性が全くありません。

2人乗りですし、収納スペースもほとんどないので、遊び車と割り切って購入するのであればよいですが、子育て中の方などが購入すると絶対後悔します。

ダイハツ S660

ホンダS660は、ホンダ自動車が販売する軽のクーペ型オープンカーです。

この車は、スポーツカーですので、2人乗りで、収納スペースがほとんどないため、実用車としては、ほとんど役に立ちません。

軽自動車なので、パワーも弱く、スポーツカーとしての魅力もイマイチです。

スポーツカーにしては価格が安く、入手しやすいというメリットはありますが、この車を買って後悔する人も少なくありません。

ダイハツ タント

タントは、ダイハツ自動車が販売する軽トールワゴンです。

タントは、車内が広いことで知られています。

しかし、エンジンパワーと比較して車重が重いため、止まりにくい、曲がりにくい、加速しにくい、燃費が悪いと評価されています。

無理やり車体を大きくしたひずみが、走行性能に悪影響を与えているようです。

安定した走行性能を求めるユーザーからは、タントを買って後悔したという声が聞かれます。

ホンダ ライフ

ライフは、ホンダ自動車がかつて販売していた軽自動車で、ハッチパックセダン型とトールワゴン型があります。

ライフのエンジンパワーは非力のため、坂道ではATのキックダウンが多く、エンジン音がうるさくて大変です。

エンジンパワーが弱い分、燃費が良いかというと、それほどでもなく、買って後悔したという声が多くなっています。

トヨタ ピクシスエポック

ピクシスエポックは、トヨタがダイハツからOME供給(ダイハツで製造された車をトヨタブランドで販売すること)された車で、トヨタでは珍しい軽自動車となっています。

ピクシスエポックは、シンプルで目立った特徴がなく、平凡なデザインです。

その為、オプションをつけないと全く個性が感じられないなどという評価が多く、購入後に後悔するユーザーが目立ちます。

三菱 ekワゴン

ekワゴンは、三菱自動車が軽トールワゴンです。

この車には、エンジンパワーが非力だという評価が多くなっています。

街乗りならば問題はありませんが、高速道路は怖くて走れないという声が聞かれます。

高速道路や大きなバイパスなどの走行機会が多い方が、この車を買うと、エンジンの非力さが目立って、後悔するケースがよくあります。

買って後悔した人の口コミを紹介

塗装が悪くフェンダー、ドアの角の塗装が剥れたのには驚いた。非力で3速ATの為、坂道ではキックダウンの連続でエンジン音がうるさいのには非常に困る(長崎は坂が多いので致命的)他社の軽は良く走るし、作りも格段に良い。非力な分、燃費が良いかといえば全く悪い。(ホンダ・ライフ)

https://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/life/urev/detail/182044/

実は後悔しています。初めての軽自動車に乗り換えた為に他の軽自動車との比較は出来ませんが。最初に乗った印象は思った以上に走らない(重量のせい?)、止まらない(やっぱり重量のせい?)、曲がらない(重量か?車体の形状のせい?)でした。特に曲がりにくいのと止まりにくいのはホントに驚きです。ただ慣れというのは恐ろしいのか今となっては随分と慣れてきました。そして驚きと言えば燃費ですが、これは想像していた以上に悪いです。街中で11㌔平均・・夏場でエアコンを使えば悲惨な燃費なうえ更に走らないです。(ホンダ・タント) 

https://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/tanto/urev/detail/174389/

室内は狭いです。女性が乗るにはいいですが、男性が乗ると頭上も足元もギリギリです。あとは荷物もあまり乗せられないです。荷台は小さめのベビーカーならギリギリ乗るぐらいなので、ママが赤ちゃんを連れて普段乗るには不便かと思います。ちょっとした近場にお出かけ程度なら家族で乗りますが、燃費がいいからと言って遠出する時にピクシスはちょっと厳しいかなぁと思いました。 価格が安いだけあって車内も少しシンプルすぎて社用車といった感じが強い感じがします。(トヨタ・ピクシスエポック)

https://www.carsensor.net/catalog/toyota/pixis_epoch/review/

軽自動車を買って後悔したという口コミには、燃費や内装、走行性能に関するものが多いです。

買って後悔する軽自動車の特徴は?

軽自動車を買って後悔する理由は様々ありますが、以下では、そのうちの代表的なものをまとめて、書いてゆきます。

燃費が悪い

軽自動車の平均的な燃費はガソリン車で20㎞/Lです。

軽自動車を購入する際は、この燃費を上回る車を購入するように心がけましょう。

軽自動車を購入する方は、燃費が良いことを期待していることが少なくありません。

燃費が20㎞/Lを切る車を購入した場合、高い燃費を期待して軽自動車を買ったのに、ガソリン代が意外に高くて、期待外れだったと、購入後に後悔をするケースがよくあります。

特に、ターボ車は燃費が悪くなりがちなので、注意が必要です。

目的や用途に合っていない

軽自動車は、燃費が良く、小回りも効きますので、短距離の通勤や買い物に適した車です。

逆に、エンジンパワーの関係で、高速道路や大きなバイパスなどの走行には向きません。

また、車内や荷室が狭く、悪路走行も苦手のため、レジャーにも向きません

長距離走行の多い方や、レジャーでの使用を目的として軽自動車を購入すると、軽自動車の欠点ばかり目立つことになりますので、購入後に後悔することになります。

車内や荷室が狭い

軽自動車は、パワーが非力なので、どうしてもボディをコンパクトにしなければなりません。

そのため、普通車と比較して、車内や荷室が狭くなりがちです。

1人乗りなら問題はありませんが、大人の2人乗りや4人乗りの場合は、車内の窮屈感が目立ちます。

複数人乗りの多い方が、軽自動車を購入すると、この窮屈感がストレスになって、購入を後悔するケースが多くあります。

故障しやすい

軽自動車でも、年式が古くなってくると、故障率が上がってきます。

また、軽自動車でも、最近製造されたものは、故障がかなり少なくなっていますが、製造年が古いものだと、故障しやすい車も存在します。

また、軽自動車の中には、徹底的にコスパを追求するものもあります。

しかし、そういった車には、多少故障率が上がっても、コストダウンのために、質の良くない材料が使われることがあります。

そんな車を買ってしまうと、故障を繰り返すので、購入後に後悔します。

安全性能に不安がある

軽自動車は、ボディが小さく、軽いですから、事故などの衝撃で、壊れやすいイメージがあります。

交通事故に巻き込まれた場合、普通自動車ならボディが丈夫で軽いけがで済んだのに、軽自動車だったので、大けがになったというケースも容易に想像がつきます。

軽自動車でも、自動ブレーキや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能などの安全支援システムが装備されている車なら大丈夫です。

しかし、そういったシステムのない車だと、安全性能が弱く、購入後の後悔につながります。

パワーが弱すぎる

軽自動車は、1980年代にスピードの出しすぎによる重大事故が多発した反省から、スピードの出しすぎを防止するために、64馬力規制という業界自主規制が実施されています。

そのため、日本製の軽自動車は64馬力が基本となっています。

64馬力が基本だと、どうしても、パワーが出ません。

街乗りなら特に問題はいですが、高速道路や大きなバイパス、長い上り坂などでは、アクセルを強く踏んでもスピードが上がらず、ストレスになります。

長距離運転が多い方が、軽自動車を購入すると、このことで後悔することがあります。

走行性能が悪い

軽自動車は、エンジンの自主馬力規制などの影響で、パワー不足が目立ちます。

そのため、街乗りでは特に大きな問題はありませんが、高速道路、大きなバイパス、悪路などでは、走行性能の悪さが目立ちます。

ターボ車であれば、そういった道路でもなんとか普通に走れますが、ノンターボだと、ひどい走りになります。

高速道路などの運転が多い方が軽自動車を買うと、その走行性能の悪さにストレスがたまり、軽自動車を買って後悔するケースが少なくないです。

乗り心地が悪い

軽自動車は、高級車並みの乗り心地を有する車もあります。

しかし、中には、価格を安くすることを追求しすぎて、サスペンション(タイヤからの衝撃を吸収する緩衝装置)に性能の悪いものを装着して、乗り心地が悪いものもあります。

軽自動車は、横幅が狭く、軽量ボディのため、その分、地面からの衝撃に弱く、サスペンションなどが弱いと、乗り心地に直結します。

低速での走行での乗り心地はそれほど悪くなくても、時速60㎞以上になると、急にガタガタし始めるという車も少なくないです。

年式が古い

軽自動車の寿命は、新車登録から12年、走行距離は12万㎞といわれています。

これは、エンジンの主要部など、走行に不可欠な装置は、ほぼ12年で交換しなければならないことに由来します。

寿命が近くなっている年式の古い中古車を購入すると、故障の頻度が増えます。

また、寿命までの時間が短いので、運転できる期間も短くなり、割高になります。

また、年式が古いと、安全支援システムが搭載されていないことも多く、安全面でも、不安があります

保証がない

新車の場合は、メーカーが、購入から3年間の一般保証(消耗品を除くほとんどの部品の無料交換)、購入から5年間の特別保証(安全や走行にかかわる部分の部品の無償交換)をつけてくれます。

中古購入の場合、新車登録から5年以内であれば、メーカーの保証が残っています。

しかし、5年以後の中古車を購入すると、販売店が保証をつけてくれない限り、保証のない車になります。

保証のない車を購入すると、購入直後に故障しても、自費で直さなくてはならないので、後から後悔します。

後悔しない軽自動車を選ぶ際のポイントは?

軽自動車も、日本の国内自動車メーカーが、競って、次々に、魅力的な車を販売していますので、購入する際には迷ってしまいます。

しかし、軽自動車とはいえ、自動車ですので、結構高い買い物になります。

そこで、その買い物で後悔しないためにも、軽自動車を選ぶ際のポイントについて、書いてゆきます。

安全性能を確認

最近の軽自動車には、ADASと呼ばれる運転支援システムが搭載されている車が多くなっています。

ADASは、自動ブレーキや誤発進抑制装置、車線逸脱警報装置などで構成されます。

ADSAが装備されていると、軽自動車の安全性能は大きく向上します。

軽自動車を購入する際には、ADSAが標準装備されている車か、オプションでADSAを選択できる車を選んでこれをつけておくと、事故を起こして後から後悔することが少なくなります。

燃費を重視

燃費は、各メーカーの軽自動車で異なりますが、軽自動車(ガソリン車)の燃費の目安は20㎞/Lといわれています。

軽自動車の魅力は、なんといっても、ボディを含む車全体が軽いことによる燃費の良さです。

燃費が良い軽自動車を買うと、ガソリン代が節約できて、やっぱり、軽を買っておいてよかったな、という満足につながります。

軽自動車を購入する際には、できるだけ燃費の良い車を購入すると、後悔が少なくなります。

目的や用途に合わせる

軽自動車にも、セダン型、オフロード型、SUV型など様々あります。

街乗りなのでは、セダン型が適します。砂利道や雪路での走行が多いならば、オフロード型がいいです。

レジャーでの使用が多いと、SUV型がぴったりです。

目的や用途に合わせて軽自動車を購入しないと、後から後悔してしまうかもしれません。

街乗りメインのユーザーが、オフロード型を購入すると、燃費が悪くて不満を感じます

また、レジャー目的のユーザーがセダン型を購入すると、室内が窮屈すぎて不満を感じます

目的や用途に合わせて軽自動車を購入することは、購入後の後悔を防ぐために重要です。

乗り心地を確認

軽自動車は、全部とは言いませんが、一部には、コスパを徹底的に追求するあまり、乗り心地が良くないという車もあります。

特に、長距離走行が多いユーザーは、乗り心地が悪いと、大きなストレスになります。

乗り心地は、購入前の試乗で確認することができます。

その際、低速での走行は問題ないが、急加速時や時速60㎞以上になると、急に乗り心地が悪くなる車もあります。

なので、そういった点にも十分注意して試乗することも大切です。

丈夫な車を選ぶ

軽自動車の中には、コストを下げるために、安全基準が必要最小限でしかない車もあります。

そういった車は、交通事故なので、グシャッと潰れてしまいますので、乗るには危険です。

一方、軽自動車でも、普通車並みの丈夫な車も少なくありません。

安全性は、軽自動車を選ぶ際の最も重要な基準といえます。

交通事故で大ケガをして後から後悔するよりも、購入前によく調べて、事故の際にも壊れにくい丈夫な車を選ぶことが大切です。

使いやすさを確認

例えば、ダイハツから販売されている軽トールワゴンのタントは、ミラクル・オープンドアといって、センタービラーが内部に埋め込まれています。

そのため、側面ドアの開放部が極端に広くなっており、乗り降りや、荷物の出し入れが、大変しやすくなっています。

これは1例ですが、このように日本の各軽自動車メーカーは、競って、特徴のある軽自動車を販売しています。

なので、自分の用途にぴったり合った、使いやすい軽自動車が、必ず見つかります。

購入前に、その使いやすさを確認しておくと、購入後の大きな満足につながります。

自分が好きなデザインを選ぶ

軽自動車にも、セダン型、オフロード型、SUV車、ワゴン型、トールワゴン型、スポーツ型と様々な車種があります。

また、各メーカーで、車種ごとに、様々なデザインの車を販売していますので、自分の好きなデザインの車が、その中に必ずあります。

長く乗る車ですので、デザインも重要です。

デザインに不満があると、早く飽きてしまって、購入後に不満を感じがちになります。

購入後に後悔しないためにも、自分が好きなデザインの車を選ぶ必要があります。

「買って後悔 した 軽 自動車 ランキング」を検索する人がよく思う質問4選

軽自動車で壊れにくい車は?

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA・ナスバ)が実施している、自動車の安全性能を評価する自動車アセスメント(JNCAP)の衝突安全性能試験で、総合1位の日産ルークス(86.54点)を上回る88.60点を獲得したのが、同じ日産ディズと三菱ekワゴンです。

衝突安全性能試験は、車の壊れにくさを検査する試験なので、この試験で1位のディズとekワゴンは、軽自動車で一番壊れにくい車といえます。

一番安全な軽自動車は?

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA・ナスバ)が実施している、自動車の安全性能を評価する自動車アセスメント(JNCAP)で、総合第1位の好成績を収めたのが、日産のルークスです。ルークスは、200満点の安全性能テストで、176.54点の最高得点を獲得しています。

ホンダのハスラーに似た車は?

スズキのハスラーに似た車には、同じスズキのクロスビーがあります。ハスラーは軽自動車、クロスビーは普通自動車という違いはありますが、デザインはほぼ同じで、車の分類も、クロスオーヴァーSUVと共通しています。メーカーも同じです。

軽自動車で高速道路は危ないですか?

軽自動車は、エンジンパワーが低いですので、高速道路では、加速が悪く、大型車に煽られる危険があり、その点では危ないと言えます。

ただし、ターボエンジンがあれば、そういった危険はかなり軽減できるので、高速道路の走行が多いユーザーが軽自動車を購入する場合は、ターボ付きの車を選ぶといいでしょう。

まとめ:後悔する特徴を理解して後悔しない軽自動車選びを!

軽自動車は、普通乗用車と比較すると価格は安いですが、それでも自動車の購入なので、大きな買い物です。

そのため、買い物に失敗すると、大きな損失をこうむります。

しかし、軽自動車を買って後悔したユーザーの声をよく調べると、軽自動車の購入にあたり、注意すべき点がよくわかるようになります。

その上で、軽自動車を購入すると、買い物で後悔することはなくなります

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次