ロードスターrfは後悔する車なの?ロードスターrfの中古についても分析!

風を切る爽快感と魅力的なデザインで知られるロードスターRF。

車好きの人なら一度は乗ってみたいと思う車ではないでしょうか

しかし、この人気のスポーツカーを手に入れる前に、ロードスターRFについてもっと知っておかなければいけません。

果たしてこの車はあなたの期待に応える車なのか?後悔することはないのか?

ビジュアルやデザイン性といったいい事ばかりを見るよりも悪いことも含め現実的な事が気になる方もいると思いますので

この記事では、ロードスターRFの新車と中古車の両方に焦点を当て、その性能、信頼性、そして所有する喜びと潜在的な問題点について徹底的に分析します。

愛車選びの決定に役立つ情報をお届けするため、専門家の意見や実際のオーナーの体験談も交えて、ロードスターRFの真の姿を明らかにします。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

ロードスターrfは後悔する車なの?

ロードスターRFは、走行性能とデザインで高く評価されており、特にスポーツカー愛好家からの支持が強いです。

2024年モデルは、ライト類のデザイン変更やディスプレイの大型化などの改良が予定されています。

しかし、価格の上昇が目立ち、他のマツダ車種と比較しても上昇幅が大きいとの報告があります。

また、積載性が低い点も一部のユーザーから不満として挙げられています。

これらの点を考慮すると、ロードスターRFは走行性能とデザインを重視するドライバーには適しています。

しかし、価格感や実用性を重視する場合は、他の選択肢も検討する価値があります

ロードスターrfは後悔すると言われるデメリット

参照https://www.mazda.co.jp/

ロードスターRFの主なデメリットとしては以下の項目が挙げられます。

  • エンジン音がうるさい
  • ドアロックが故障する
  • パワーウィンドウが故障する
  • 車内が狭い
  • トランクが狭い
  • 使い勝手が悪い
  • 乗り降りしづらい
  • 雨漏りがある
  • 後ろが見えにくい

順に解説していきたいと思います。

エンジン音がうるさい

ロードスターRFの1番のデメリットとしてエンジン音の大きさが挙げられます。

この車はスポーツカーとしての性能に重点を置いており、その結果、エンジンは力強く、時には大きな音を発します。

この音は走行体験を向上させる要素となり得ますが、日常の運転で静かさを求めるドライバーにとってはマイナス点になることが多いです。

特に都市部の運転や長距離ドライブにおいては、この音がストレスの原因になることも。

ロードスターRFを選択する際は、スポーツカーとしての魅力と日常使用時の快適性のバランスを考慮することが大切です。

エンジン音はスポーツカーファンにとっての魅力の一つでありながら、静かな乗り心地を望むユーザーにはデメリットとなります。

ドアロックが故障する

続いてのデメリットは、ドアロックの故障です。

特に運転席側のドアロックが壊れやすく、これが故障するとドアが開かなくなることがあります。

故障の主な原因は経年劣化によるドアロックアクチュエーターの故障で、修理にはこの部品の交換が必要です。

新品部品での交換はドア1枚あたり約18,000円の費用がかかる可能性があり、リビルト品を使用することで費用を抑えられる場合もありますが、故障が繰り返されることもあります。

このようなドアロックの問題は、ロードスターRFの日常使用において大きな不便となりうるため、検討の際にはこの点を考慮する必要があります。

パワーウィンドウが故障する

パワーウィンドウの故障初代ロードスターから見られる一般的な問題で、経年劣化によるものとされています。

故障の兆候としては、窓の開閉動作が遅くなる、あるいは全く動かなくなることがあります。

修理費用は約1万円から2万円程度が見込まれ、中古車の購入を検討している場合は特に注意が必要です。

一方で、個人の修理例では、パワーウィンドウの故障がレギュレータの弱さ、スイッチの故障、または接触不良によるものであることが示されています。

特に左パワーウィンドウでの問題が報告されており、これらの部品に対する維持・修理が必要になることがあります。

DIYでの修理例もあり、スイッチの分解やハンダの修正が行われている事例が見られます。

車内が狭い

この車は2シーターのオープンスポーツカーであり、室内の広さが限られています。

後席は存在せず、荷物を収納するスペースも限られています。

運転席と助手席の間のスペースも狭く、リクライニング機能もありません。

一方で、室内幅は1,425mmで、横方向にはある程度の広さがありますが、室内長は940mmと短く、全高もそれほど高くないため、狭さが顕著に感じられることがあります。

多くのユーザーレビューによると、この車の狭さに関して不満が表明されています。

特に、車内の狭さに関する不満が繰り返し述べられ、屋根を開けることで空間が広がるとはいえ、その狭さが際立っていると感じられることがあります。

また、2人しか乗れず、荷物の積載量が限られていることに関しても不満が示されています。

さらに、高速道路での風切り音など、普通の車に比べて騒音が大きいという指摘もあります。

トランクが狭い

マツダ ロードスターRFは2シーターのスポーツカーで、そのデザインと性能に重点を置いています。

しかし、その結果として日常の使用や長距離の旅行に必要な収納スペースが犠牲になっています。

トランクスペースの制限は、この車の全体的な設計と目的を考えると理解しやすいものです。

しかし、日常的に多くの荷物を運ぶ必要がある方にとっては、購入を検討する上で重要なポイントとなります。

ロードスターRFを購入を考える際は、この車の他の特徴と比較して、トランクの容量の重要性を検討する必要があります。

運転の楽しさやデザインではロードスターRFが優れていますが、広いトランクスペースが必要な場合は、他の車種を検討することも考えられます。

使い勝手が悪い

マツダ ロードスターRFの使い勝手に関するデメリットは、主にその小さな室内空間と限られた収納スペースにあります。

特にトランクの容量は狭く、大きな荷物の積載には適していません。

また、車内の収納スペースも限られており、日常的な小物以外の収納には不便さを感じることがあります。

スポーティなデザインと性能に重点を置いているため、実用性はやや犠牲になっています。

これらの点を考慮し、日常の使い勝手と車の性能のバランスを検討することが重要です。

乗り降りしづらい

スポーツカー特有の低い車体は、地面からの距離が短いため、特に背が高い人や体の柔軟性が低い人にとっては、車内に入る際や出る際に不便を感じやすいです。

また、コンパクトな内部空間は、快適な運転ポジションを提供してくれます。

その一方で、特に足元や頭上のスペースが限られており、これも乗り降りのしにくさに影響しています。

このような設計は、運転中のパフォーマンスと直接的なドライビング体験を重視しているため、日常的な利便性よりも運転の楽しさに焦点を当てています。

雨漏りがある

雨漏りが起きるのはドレンの詰まりが主な原因として挙げられています。

ドレンが詰まると、水が車内に侵入し、雨漏りを引き起こすことがあります。

このドレンの詰まりは、泥やゴミによって引き起こされることが多いため、定期的な清掃が重要です。

また、ロードスターの初期型では、幌のリアスクリーンの経年劣化によるヒビや歪みが水の侵入を招くこともあります。

このような問題は、特に古いモデルやハードに使用された車両で見られることがあります。

ロードスターRFを購入する際や所有している際には、これらのポイントを注意深くチェックし、必要に応じて適切なメンテナンスを行うことが大切です。

特に、中古車を購入する場合は、ボディの歪みや幌の状態を確認し、排水経路の清掃やパッキンの状態をチェックすることが推奨されます。

後ろが見えにくい

ロードスターRFのデザインは、電動ハードトップを採用しているため、オープン状態でも完全な開放感は得られません。

特に、斜め後ろの視界は左右共に非常に制限されており、特に左後方はほとんど見えないという状況です。

このような視界の制限は、狭角合流時など後方から来る車が見えない状況に特に問題を引き起こす可能性があります。

一方で、ソフトトップモデルのロードスターと同様、屋根を閉じた状態では後方視界は改善されます。

リアウインドウの幅が広く、ドライバーに近いため、後方視界は比較的良好です。

しかし、斜め後ろの視界に関しては、ソフトトップ車と同等の制限があります。

この問題に対する実用的な解決策としては、バックモニターの利用が勧められております。

特に駐車時などの後方視界が必要な状況での安全性が向上します。

ロードスターrfのメリット

この章では、マツダ ロードスターRFの特長について詳しく解説します。

まず、燃費の良さに焦点を当て、その効率性と節約効果について探求します。

次に、充実した安全装備について、それらがどのように運転者をサポートし安全性を高めるかを説明します。

さらに、爽快で楽しい運転体験について、そのスポーティなハンドリングと運転感覚を深く掘り下げます。

最後に、ロードスターRFの美しいデザインとその魅力について詳細に述べ、どのようにしてこの車が視覚的にも印象的であるかを考察します。

これらの要素を通じて、ロードスターRFの総合的な魅力を明らかにします。

燃費が良い

ロードスターRFは、そのスポーツカーの特性にも関わらず、優れた燃費性能を持っていることが大きなメリットです。

実際の燃費データを見ると、14.9㎞/lという優れた燃費を記録しています。

これは、比較的厳しい条件(常時エアコン使用、アイドリングストップ機能の非使用)下でのデータであり、スポーツカーとしては非常に印象的な数値です。

WLTC(Worldwide Harmonized Light Vehicles Test Cycle)モードにおける公表燃費値は、グレードによって異なります。

例えば6速マニュアルトランスミッションを搭載したモデルで15.8km/L、6速オートマチックトランスミッションモデルでは15.2km/Lとなっています。

さらに、ロードスターRFの魅力としては、オープンエアの走行感覚や高級感のあるデザイン、パワフルなエンジンなども挙げられます。

オープンエアでの走行は、特に晴れた日には非常に快適で、ドライビングの楽しさを高めます。

また、美しいデザインと高品質なインテリアは、所有する喜びをもたらします

車のボディカラーは豊富で、個性に合わせた選択が可能です。

これらの特徴は、ロードスターRFを選ぶ際の重要な考慮点となるでしょう。

安全装備がついている

参照https://www.mazda.co.jp/

ロードスターRFの2024年モデルは、最新の安全装備を充実させています。

主要な機能として、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)とスマート・ブレーキ・サポート[後退時検知機能(SBS-RC)]が新たに採用され、これによりドライバーの快適性と安全性が大幅に向上しています。

また、全車に「i-ACTIVSENSE」というマツダの先進安全技術群が搭載されています。

衝突被害軽減ブレーキには夜間の歩行者検知機能が加わり、夜間の歩行者保護が強化されました。

さらに、ヘッドライト技術も進化し、対向車に応じてハイビームとロービームを自動で切り替えるシステムや、アダプティブLEDヘッドライトが搭載されています。

ロードスターの安全性能は、先進運転支援システムとボディのパッシブ・セーフティの組み合わせにより、高い安全性を提供しています。

事故が避けられない場合でも、高い衝突安全性能やアクティブボンネットによる歩行者保護機能で安全を確保しています。

運転が爽快で楽しい

ロードスターRFの2024年モデルは、運転の爽快さと楽しさに重点を置いて設計されています。

このモデルは、2Lの直列4気筒DOHC16Vの直噴エンジンを搭載し、高回転域での出力性能が強化されています。

また、軽快な走りと爽快な伸び感を実現するために、エンジンとトランスミッションのチューニングに細心の注意が払われています。

さらに、キネマティック・ポスチャー・コントロール(KPC)技術を全車に採用しています。

これにより、安定した旋回姿勢を実現し、ドライバーはより一体感のある走りを楽しむことができます。

この技術は、特にタイトなコーナーでの運転時に効果を発揮します。

車内では、吸音・遮音技術により、クローズ時は乗用車と同等の静粛性を、オープン走行時は不快音を低減しています。

デザインが良い

ロードスターRFの2024年モデルは、その新しいライトデザインの採用と全ランプのLED化、加えて新しいホイールデザインが特徴です。

さらに、新しいボディカラー「エアログレーメタリック」が追加され、これによりロードスターに軽快さとクールな印象が与えられています。

内装に関しても、クラシックかつ上品なスタイリングが追求されており、新たな特別仕様車「V SELECTION」では、スポーツタン内装とベージュ幌が設定されています。

これらの変更は、ロードスターの魅力をより一層高めています。

ロードスターRFについて

この章ではマツダ ロードスターRFに関する重要な情報を網羅します。

初めに基本スペックを取り上げ、エンジン性能や燃費などの基礎データを紹介します。

次に、車のデザインについて、その魅力的な外観とスタイルを詳述します。

さらに、内装の部分では、車内の素材や快適性、インフォテインメントシステムについて掘り下げます。

これらの側面がロードスターRFの運転体験にどのように貢献するかを解説します。

基本スペック

2024年モデルのマツダ ロードスターRFに関して、主要なスペックは以下の通りです

  • 駆動方式: 後輪駆動(FR)
  • トランスミッション: 6速オートマチック(6AT)
  • 車体サイズ: 全長3915mm、全幅1735mm、全高1245mm
  • タイヤサイズ(後): 205/45R17
  • 最小回転半径: 4.7m
  • 安全装備: ドライバー・助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、ABS(アンチロックブレーキ)、トラクションコントロール、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)、電子制動力配分装置(EBD)
  • 快適装備: フルオートエアコン、パワーウィンドウ、集中ドアロック、テレスコピックおよびチルト機能付きステアリングホイール、本革巻きステアリング、17インチアルミホイール
  • ボディカラー: ソウルレッドクリスタルメタリック、エアログレーメタリックなど

これらのスペックにより、ロードスターRFはコンパクトながらも快適で安全なドライビング体験を提供します。

スタイリッシュなデザインと高い運転性能が特長の車です。

デザイン

2024年モデルのマツダロードスターRFのエクステリアとインテリアの特徴は以下の通りです:

エクステリア

  • 新しいLEDヘッドライトデザインと昼間走行灯。
  • 再設計されたリアLEDライト。
  • 新色エアログレーがラインナップに追加。

インテリア

  • 8.8インチの大型タッチスクリーンマルチメディアディスプレイ。
  • 更新された計器パネル。
  • USB-Cポートを装備。

内装

2024年モデルのマツダロードスターRFのインテリアに関する詳細は次の通りです:

  1. 8.8インチタッチスクリーンディスプレイ:
    より大きなディスプレイが追加され、インフォテインメントシステムの操作性と視認性が向上。
  2. 計器パネルのアップデート:
    デザインと機能性が向上し、運転中の情報提供が改善されています。
  3. USB-Cポートの追加:
    現代のデバイスに対応するためのUSB-Cポートが新たに装備され、利便性が向上。

ロードスターrfの中古価格は?

日本におけるマツダロードスターRFの中古車市場では、車両の年式や条件によって価格が大きく異なります。

2016年式のロードスターRFは、約200.5万円の支払総額で販売されているものがあります。

また、2018年式のモデルは、支払総額が約281万円程度のものも見られます。

さらに、2021年式の高スペックなモデルでは、支払総額が379.3万円に達することもあります。

れらの価格は、車両の状態、走行距離、装備などの条件によって変動し、また地域や販売店によっても異なることが考えられます。

したがって、購入を検討する際には、最新の市場情報を確認し、複数の販売店の情報を比較することが重要です。

ロードスターrfがおすすめの人は?

マツダロードスターRFは、特に以下のような人におすすめです

  1. 運転の楽しみを重視する人
    ロードスターRFは、軽量でバランスの取れた設計が特徴で、俊敏なハンドリングと優れた運転の楽しさを提供します。
  2. スタイリッシュなデザインを求める人
    RFモデルは、スマートなリトラクタブルハードトップを備え、オープンカー特有のエレガントな外観を持っています。
  3. 日常使いと週末のドライブを両立させたい人
    RFは普段使いにも適しており、快適なインテリアと十分な実用性を提供します。
  4. 限られた予算でスポーツカーを楽しみたい人
    比較的手頃な価格で、本格的なスポーツカー体験を提供するため、価格対性能比で優れています

ロードスターrfを選ぶ時の注意点

ロードスターRFを選ぶ際の注意点は以下の通りです

  1. 実用性とスペースの制限:
    ロードスターRFはコンパクトなスポーツカーであり、荷物スペースが限られています。
    日常的に多くの荷物を運ぶ必要がある場合は不向きかもしれません。
  2. 乗り心地:
    スポーツカー特有の固めのサスペンションにより、乗り心地が硬く感じることがあります。
    長時間のドライブや不整地での快適性について検討が必要です。
  3. オープントップの特性:
    リトラクタブルハードトップを持つRFモデルは、オープン時の風の流れや騒音に影響されやすいです。
    静粛性や防風対策を考慮する必要があります。
  4. 燃費と維持費:
    スポーツカーとしては燃費が良好な部類に入りますが、それでも維持費には注意が必要です。
    定期的なメンテナンスや消耗品の交換が必要になります。

「ロードスターrf 後悔」を検索する人がよく思う質問4選

ロードスターRFの顧客の年齢層は?

マツダ ロードスターRF(MX-5)は、若いプロフェッショナルと40~55歳の既婚プロフェッショナルの男性が主なターゲットです。前者は自己表現のため、後者はセカンドカーとして楽しむために選んでいます。

NDロードスターの弱点は何ですか?

NDロードスターの弱点は、耐久性に欠けるギアボックス、柔らかすぎるサスペンション、及び電動パワーステアリングのフィードバックの不足にあります。

ロードスターRFの維持費はいくらですか?

マツダ ロードスターRFの年間維持費は、税金、車検、保険、ガソリン代を含めて約29.9万円から40.3万円です。この金額は、平均的な駐車場代を含む場合の数字です。維持費には自動車税や重量税、保険、車検費用、ガソリン代、駐車場代などが含まれています。

ロードスターの3ナンバーはなぜ?

マツダ ロードスターが3ナンバー登録となる理由は、車幅が1.7メートルを超えるためです。日本の法規では、車幅が1.7メートル未満の場合は5ナンバー、それ以上の場合は3ナンバーに分類されます。ロードスターの車幅が1.7メートルを少し超えるため、3ナンバー登録となっています。

まとめ:ロードスターrfはデメリットだけではなく魅力的なメリットもある

マツダ ロードスターRFは、デメリットだけでなく、多くの魅力的なメリットを持っています。

そのコンパクトなデザインと軽量な構造は、優れた運転感覚と敏捷なハンドリングを実現し、ドライビングの楽しさを提供します。

スタイリッシュな外観とリトラクタブルハードトップは、オープンエアの魅力とクーペの利便性を兼ね備えています。

また、ロードスターRFは比較的手頃な価格で本格的なスポーツカー体験を提供し、日常使用にも適しています。

このように、ロードスターRFはその運転の楽しさ、スタイル、および実用性で多くのドライバーを魅了しています。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次