枝で車に引っかき傷ができたときの修理方法は?ひっかき傷の修理代も調査!

枝で車に引っかき傷ができたときの修理方法は?ひっかき傷の修理代も調査!

せっかく新車を買ったのに、道端に生えている木の枝に車を擦って、ひっかき傷がついてしまうと、気分が台無しになります。

そのため、ボディについた傷は修理することが必要ですが、その修理方法には様々なものがあります。

この記事では、枝で車にひっかき傷ができた場合の修理方法や、その修理代金がどれくらいになるかなどについて調査ます。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

枝で車に引っかき傷ができたときの修理方法は?

ボディーについた薄くて細かい傷であれば、市販のカー用品を使って、自分で修理することができます

小さな傷の修理で、修理業者に依頼すると、確かに、仕上がりはきれいになりますが、費用がかさんで大変です。

そこで、以下では、枝が車にひっかかってできたような、薄い細かい傷の修理で、自分でできるものにいついて書いてゆきます。

タッチペンを使う

自動車用品店では、様々なカラーのタッチペンが販売されています。

店舗に備え付けの自動車塗装色見本を参考にして、自分の車のカラーのタッチペンを購入します。

それを、車のひっかき傷の上から何度か塗ることで、細かい傷であれば、ほとんど目立たなくすることができます

タッチペンを塗る前は、傷の周辺をよく洗浄する必要があります。

また、塗装後、塗料が乾いてから、耐水ペーパーなどで、盛り上がった塗装面を削って、周囲と同じ高さにします

コンパウンドを使う

コンパウンドを使って、傷の周囲の塗料を削り、傷を目だたなくする方法もあります。

この方法は、コンパウンド以外の材料が不要なので、非常に簡単な方法です。

傷周辺を、スポンジにしみ込ませたコンパウンドで磨くだけです。

深い傷には対応できませんが、細かい傷であれば、これだけで十分に目立たなくすることができます。

ただし、あくまでも、傷とその周辺の塗装面を削って、目立たなくするだけなので、傷の周辺の塗装面が薄くなってしまうという欠点があります。

傷消しワックスを使う

木の枝によるひっかき傷の修理には、傷消しワックスを使う方法もあります。

傷消しワックスるには、研磨剤ありのものと、研磨剤なしのものがあります。

研磨剤ありのものは、傷の周辺の塗装面を削って目立たなくする効果があります。

研磨剤なしのものは、シリコンで傷を埋めて目立たなくする効果があります。

研磨剤なしの傷消しワックスで修理した場合、時間が経過すると、シリコンがはがれて、傷が浮き上がってくることがあります。

なので、長期間の効果の持続を考えた場合は、研磨剤ありの傷消しワックスを使った方がいいでしょう。

この方法は、簡単な上に、通常のワックス塗布と同じ手順で傷直しができるので、修理方法が覚えやすいというメリットがありますが、

傷消しに使用するおすすめの商品

傷消しに使用するカー商品でおすすめなのは、タッチペンについては、Holtsの「ミニミックス筆塗りカラータッチ」です。

すべての国産車メーカに対応しており、純正塗料と同様の高品質です。

刷毛付きなので、ごく細かい傷にも対応できます。

コンパウンドでは、ソフト99「液体コンパウンド・トライアルセット」がおすすめです。

傷消し用、仕上げ用、鏡面用の3種類のコンパウンドがセットになっていて、この3つを順番に使用することで、満足のいく修理ができます。

セット値段で2,000円以内で買えるのでお手頃です。

木の枝などで車に傷がつくことはあるの?

住宅街や狭い道路を走っていると、街路樹や垣根の木の枝に触れることがあります。

当たり所が悪いと、それだけで、ボディに細かい傷がつきます

また、屋外駐車場に車を止めているときに、台風などの強風で折れた枝が飛んできて、車にぶつかることもあります。

こういったケースでもボディに傷がつきます。

特に新車を運転する場合は、木の枝と接触しそうな場所を走行する場合には徐行する方が良いでしょう。

また、強風が予想されるときに屋外駐車場に駐車しないなどという、車に傷をつけないための対策が必要です。

傷の状況別の修理方法

車についた傷は、その程度によって、修理方法が異なってきます。

傷の程度に応じた修理方法をとらないと、修理した結果、かえって傷が目立つようになったなどということがよく起こります。

そこで以下では、傷の状況別修理方法について書いてゆきます。

車の引っかき傷がごく薄い場合

この場合は、市販のカー用品を使って自分で修理できます

塗装面のごく表面だけの傷であれば、市販コンパウンドで軽く磨くだけで、傷はほとんど目立たなくなります。

多少傷が深くても、小さい傷であれば、市販のタッチペンを何回か塗るだけで、傷があることがほとんど分からなくなります。

ごく薄い傷でも、修理業者さんに依頼することもできますが、自分で簡単にできるのに、ざわざ高い費用を払う必要はないでしょう。

車の引っかき傷が浅い場合

ひっかき傷は浅いけれども、傷の面積が大きい場合や、外から傷がはっきり見えるような場合は、修理業者(ガソリン・スタンドやカー用品店など)に依頼した方がよいでしょう。

もちろん、DIYが得意な方であれば、自分で修理できるかもしれません。

しかし、DIYが苦手な方が、このレベルのひっかき傷を自分で修理すると、失敗して、かえって傷を目立つようにしてしまうことがよくあります。

この場合は、修理業者に依頼するのが、結局は費用を節約できます

修理業者さんの中では、ガソリン・スタンドやカー用品店は、こういった比較的簡単な修理の対応ができます。

もちろん、ディラー修理に比べて費用も安いです。

車の引っかき傷が深い場合

下地が見えているような深いひっかき傷の修理は、DIYが得意な方でも、自分では無理なので、修理業者に依頼した方がよいでしょう。

修理業者さんの中でも、深い傷の修理のような難易度の高いものは、ガソリン・スタンドやカー用品店では対応は難しいので、板金工場かディラーに頼まなくてはなりません。

ディラーなどに頼むと、費用が結構掛かりますが、難しい修理なので、それはやむを得ないことです

車の引っかき傷を自分で修理する際の注意点

車のひっかき傷を自分で修理する場合は、自分で修理するか、修理業者さんに依頼するのかの、見極めが大切です。

例えば、下地が出ているような深い傷を自分で修理すると、ほとんどは、修理に失敗して、傷をかえって目立つようにしてしまいます。

そこであわてて、修理業者さんに依頼すると、自分で修理した費用が無駄になる上に、修理業者さんに支払う修理費も高くなります。

それなら、最初から修理業者さんに依頼した方が合理的です。

枝で車に引っかき傷ができたとき自分で修理できない場合は?

枝で車にひっかき傷ができたときに、その傷が深くて大きいと、自分で修理するのは、ほぼ不可能になります。

そういった場合は、外部の業者さんに修理を依頼することになります。

以下では、車のひっかき傷の修理の依頼先とその特徴などについて書いてゆきます。

ディーラーに依頼

車についたひっかき傷でも、下地が見えるような深い傷の修理は、ユーザーやガソリン・スタンド、カー用品店では無理です。

そういった修理の依頼先としては、ディラーがあります。

ディラーに依頼すると、自動車を製造したメーカーの工場で修理ができますので、ほぼ完ぺきな修理が可能になります。

ただし、ディラーの修理は、費用が割高になるという欠点があります。

板金工場やカー品店などの費用に比べ、1.5倍から2倍程度の費用が掛かります

ガソリンスタンドで依頼

ガソリン・スタンドでも、簡単な傷の修理であれば、対応してくれます

費用も、専門の修理工場に依頼するのと比較して、割安です。

ただし、板金の専門職が修理するのではないので、難しい傷には対応できません。

対応できるのは、下地が見えない程度の線傷やひっかき傷までです。

下地が見えない程度の線傷やひっかき傷で、傷が小さければ、自分で対応するか、修理に出すか迷うところです。

しかし、そのくらいの傷を、費用が掛かってもよいからきれいに直したいという場合は、ガソリン・スタンドでの修理がおすすめです。

板金業者に依頼

下地が見えるような深いひっかき傷は、板金業者に修理を依頼する方法がおすすめです。

専門の板金工が修理に対応するので、修理の出来栄えはばっちりです

カー用品店などの修理と比較すると、費用は高いですが、しっかり修理してくれれば、元がとれます。

高いと言っても、ディラー修理よりは、多少は安くなります。

板金業者は、傷の修理に熟練していますので、ディラーは別として、ガソリン・スタンドやカー用品店よりも、傷の修理の技術は上です。

修理の出来がまずいのに、代金だけはしっかり請求してくるということはありません。

深い傷の修理で、できるだけ安く修理したい場合は、板金業者に依頼するのがおすすめです

カー用品店で相談

カー用品店でも、浅い傷であれば、修理に対応してくれます。

費用も専門工場に依頼するよりも割安です。

ただし、カー用品店に修理を依頼した場合、専門の板金工が対応するわけではないので、難しい修理はできません。

無理に難しい修理を依頼すると、修理のできが悪いのに、結構な代金を請求されて、大失敗する恐れがあります。

簡単な傷の修理を自分でする自信がない時が、カー用品店での修理に向いています。

ひっかき傷の修理代はいくらぐらい?

傷の程度によりますが、修理代の目安は大体以下の通りです。

  • コンパウンドで消える程度の薄い傷の修理
    ディラー修理で15,000万円~50,000円、板金業者だと10,000円~40,000円、カー用品店やGスタンドだと10,000円~30,000円が相場です。
  • はっきりした線傷やひっかき傷の修理
    ディラー修理で25,000万円~80,000円、板金業者だと20,000円~60,000円、カー用品店やGスタンドだと15,000円~50,000円です。
  • 下地が見えているような深い傷の修理
    ディラー修理で35,000万円~100,000円、板金業者だと25,000円~60,000円、カー用品店やGスタンドだと20,000円~50,000円です。

「車引っかき傷枝」を検索する人がよく思う質問4選

車の引っかき傷の修理費用はいくらですか?

修理の依頼先によって異なりますが、おおよその修理費用の相場は、コンパウンドで消える程度の薄い傷の場合は、10,000円から30,000円、はっきりした線傷やひっかき傷の場合は15,000円から80,000円、下地が見えているような深い傷だと20,000円から100,000円程度です。

車の引っかき傷を治すには?

車のひっかき傷を治す方法には、①市販のカー用品を使い自分で修理する②ガソリン・スタンドに修理を依頼する③カー用品店に修理を依頼する④板金業者に修理を依頼する⑤ディラーに修理を依頼する、合計5つの方法があります。

木の枝で車を擦ったらどうすればいいですか?

木の枝で車を擦ったら、まず、傷の有無と程度を確認します。無傷の場合は問題ありませんが、傷がある場合は修理が必要です。非常に薄い傷であれば、自分で修理します。普通の浅い傷であれば、自分で修理するか、カー用品店やガソリンスタンドに修理を依頼します。深い傷であれば、板金業者かディラーに修理を依頼します。

車の擦り傷を放っておくとどうなる?

車の擦り傷をほおっておくと、そこから雨水などが侵入して、錆が広がり、ボディーが腐食します。修理の出来栄えは別として、何かしらの補修をしておけば、ボディの腐食を防止できます。

また、新車の場合は、ボディーに目立つ傷があると、新車で購入したメリットが半減します。

まとめ:自分で修理が難しい場合はプロにお願いしてみよう

枝で車にひっかき傷ができた場合で、その傷が大きい時は、無理に自分で修理すると、傷がかえって目立ってしまうようになったりして、大失敗することがあります。

そんな時は、修理のプロに依頼した方がいいです。

ボディの傷の修理の依頼先には、大きく分けて2種類あります。

1つ目は、カー用品店やガソリン・スタンドです。

もう1つは、板金業者やディラーです。

カー用品店やガソリン・スタンドは、費用は安いですが、難しい修理には対応できません

一方、板金業者やディラーは、費用は高いですが、難しい修理に対応可能です

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次