軽自動車の中古で狙い目の車種は?買ってはいけない軽自動車のポイントも解説!

最近の軽自動車は高くなったので、中古車が欲しい。

そもそも軽自動車の中古って買っても大丈夫?

中古の軽自動車は意外に高いけど、損しない?

軽自動車中古の購入で悩んでいませんか?

最近の軽自動車は高くなりましたよね。

ちょっと装備をつけるとあっという間に200万円を超えてしまいますよ。

中古を検討すると安全装備が心配になりますよね。

結論:軽自動車は中古でも選び方さえ間違わなければ、お買い得で心配ないですよ。

最近の軽自動車はボディ剛性やエンジンの性能、質感、装備どれをとってもひと昔前の普通車と遜色ないです。

あまり古くない中古車なら安心してこ購入することができますよ。

この記事でわかること
  • 軽自動車の中古で狙い目の車種
  • 軽自動車の中古でおすすめできる50万以下の車種
  • 中古の軽自動車が狙い目の理由
  • 軽自動車の中古で不人気の車種
  • 賢い中古軽自動車の選び方
  • 買ってはいけない軽自動車のポイント

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

軽自動車の中古で狙い目の車種は?

軽自動車の中古で狙い目の車種を紹介します。

軽自動車の中古は普通車と比べて値崩れが少ないですよ。

最近は軽自動車が人気なので、高く売られていますよね。

それでも車種や年式によって、相場は変わります。

軽自動車の中古で狙い目の車種
  • ダイハツ ウェイク
  • スズキ スペーシア
  • 三菱 eKスペース
  • ダイハツ ムーヴ
  • ダイハツ タント
  • 日産 ルークス
  • ホンダ ライフ
  • ダイハツ ミライース
  • スズキ ジムニー

ダイハツ ウェイク

引用 webCG

ウエイクは人気のスーパーハイトワゴンにさらにスペースを求めたモデルです。

タントと比べて天井が高く、自転車や釣り竿等積みやすくなっています。

使い勝手がとてもいい車でしたが、販売台数は不振に終わりました。

理由はタントよりも高い価格設定のためと言われています。

高さに収納を求める人はあまりいなかったんですね。

スーパーハイトワゴンには、収納よりも居住性の方が影響します。

積載性能を求めると、アトレーの方が魅力的にみえますよ。

カーセンサーの平均中古車相場は98.7万円です。

スズキ アルト ターボRS

引用 webCG

先代アルトに設定されていた、アルトターボRSは走りに振ったモデルです。

現行型には設定がないので、中古車しか購入できません。

アルトターボRSとは別にアルトワークスも存在します。

特徴は720kgの軽量な車体に強力なターボエンジンと5AGSを積んでいることです。

5AGSとは、スズキが開発したトランスミッションで、MTを機械が自動で操作するシステムです。

5AGSのダイレクトなシフトフィールとパワフルなエンジンによる走りが楽しめますよ。

MTがないのは残念ですがとてもマニアックなモデルです。

カーセンサーの平均価格は55.4万円です。

スズキ スペーシア

引用 スズキ公式サイト

スズキスペーシアは2023年12月に3代目にモデルチェンジしました。

新型が販売されたばかりなんですね。

中古車市場でのおすすめは2代目スペーシアです。

フルモデルチェンジしたこともあり、これから中古車相場が下がることが予想されますよ。

カーセンサーの平均価格は193.5万円とまだ高いです。

しかし5~6年落ちまで遡ると50万円代から購入することが可能ですよ。

未使用車も多く、31台の登録があります。

中古車価格にフルモデルチェンジの影響が出てくるのは今からです。

三菱 eKスペース

引用 三菱公式サイト

三菱ekスペースはニッサンルークスと兄弟車種です

スーパーハイトワゴンの中でもあまり人気がなく、販売台数も伸び悩んでいますよね。

新車販売台数が少ないので、中古車市場にも影響が出ています。

現行型は2020年からの販売です。

派生車でeKクロス スペースがありましたが、デリカミニの販売により統合されました。

カーセンサーでの販売価格は2020年式で60万円代から購入が可能ですよ。

人気のハイトワゴンの中古車が低価格で購入可能なので、お勧めの車種です。

ダイハツ ムーヴ

引用 MOTA(モータ)

ダイハツムーヴは現行型で6代目になります。

現行型のムーヴは2014年に販売が開始されたので、2023年に生産終了しています。

10年経過することもあり、先進装備などの古さは隠せなくなってきました。

フルモデルチェンジの予想もありますが、詳細は未定ですよ。

中古車市場では、2015年式で25万円代から購入が可能です。

2020年以降の高年式では70万円代から購入できますよ。

ムーヴは人気車種にしては、中古車市場で安いのでおすすめの車です。

ダイハツ タント

引用 レスポンス

ダイハツタントは軽自動車のスーパーハイトワゴンでパイオニア的存在です。

タントがヒットしたことで、N-BOXやスペーシアができたと言ってもいいですよ。

特徴は助手席側のピラー(柱)がないことです。

ピラーが無くても十分な安全性が確保されていますよ。

助手席側のピラーがないので、乗り降りが楽で解放感があります。

現行型は2019年にフルモデルチェンジしました。

カーセンサーで調べたところ、現行型の初期モデルで70万円代から購入することができます。

ホンダ ライフ

引用 MOTA(モータ)

ホンダライフはホンダが販売していたハイトワゴンです。

2014年に販売が終了しています。

販売していた当時はホンダらしい高品質な軽自動車として人気がありましたよ。

ライフが販売終了した後、Nシリーズに引き継がれ、N-WGNが継続しています。

古いこともあり、価格は10万円代から購入できます。

一番新しい2014年式でも20万円代から購入可能です。

後継車種のN-WGNは平均中古車価格が131.5万円と高額です。

ダイハツ ミライース

ダイハツミライースは新車価格がものすごく安いです。

新車販売価格は860,200円からです。

新車販売価格が安いので、中古車市場でも安くなりますよ。

現行型は2017年からの販売で、中古車は30万円代から購入可能です。

ミライースは安いだけでなく、セダン型の軽自動車としてよくできています。

あの小さなボディーに大人4人が乗れるスペースがありますよ。

ガソリンエンジンながら、WLTCモードで25.0KM/Lと燃費もいいです。

通勤専用にするならお買い得ですよね。

スズキ ジムニー

スズキジムニーはスズキが生産する本格的クロスカントリーヴィークルです。

現行型は4代目です。

納期が遅いことで有名ですが、相変わらず新車は1年待ちだそうです。

中古で購入するなら先代の3代目ジムニーです。

3代目ジムニーは98年~2018年の20年間販売されていました。

あまりに古いモデルは、避けたほうがいいですよ。

またクロスカントリーなどで酷使されたモデルもあるので、しっかり確かめてから購入した方がいいです。

比較的新しい2015年モデルだと40万円代から購入可能です。

軽自動車の中古でおすすめできる50万以下の車種

軽自動車の50万円以下でおすすめできる中古車を紹介します。

50万円以下ときくと、ちょっと心配になりますが、大丈夫ですよ。

多少古くはなりますが、安心して乗れます。

ただし走行距離が長い車体は避けた方がいいですよ。

走行距離が長いと消耗品関係が劣化している可能性が高いからです。

査定業者によるち軽自動車の走行距離は普通車の1.5倍で換算するそうです。

普通車と比べて、いろいろなパーツの劣化が早くなりますよ。

50万円以下でおすすめの中古車
  • ダイハツ ミライース
  • ホンダ N-BOX
  • スズキ ワゴンR
  • スズキ アルトラパン
  • スズキ エブリイワゴン
  • スズキ ハスラー

ダイハツ ミライース

ダイハツミライースはセダンタイプの軽自動車で、優れた燃費性能を持っています。

実燃費で20km/L以上走るとの書き込み多いですよ。

燃費の良さから、営業マンが乗っているのをよく見かけますよね。

社用車で酷使しても、耐久性があり通勤するにはいい車ですよ。

セダンタイプの軽自動車で大人4人がしっかり乗れる点もメリットです。

中古車本体価格が50万円以下の個体が多く登録されています。

年式は2018年以前の車両がほとんどですよ。

約5年落ちで50万円以下なのでおすすめです。

ホンダ N-BOX

引用 ヤングマシン

国産車の販売台数ナンバー1のN-BOXですが、最近フルモデルチェンジしました。

売れているだけあって、よく出来た車です。

乗ると、普通車はいらないと思わせる走りと広さがありますよ。

50万円以下でN-BOXの中古車を探すと、初代モデルが該当します。

初期型N-BOXは2011年~2017年の販売です。

50万円以下を探したところ新しくても2013年モデルです。

人気車種だけあって10年落ちになってしまいます。

それでもよく出来た車なのでおすすめですよ。

スズキ ワゴンR

引用 スズキ公式サイト

スズキワゴンRは現行型で6代目になります。

初代ワゴンRは1993年からの販売で、モデルチェンジを繰り返してきました。

30年以上販売を継続しているので、中古車も多く出回っていますよ。

50万円以下の購入できるおすすめは現行型の前期仕様です。

現行型の6代目は2017年からの販売です。

カーセンサーで調べると、2019年モデルが本体価格50万円で販売されています。

タマ数も豊富で程度のいい個体があれば、お得に購入できますよ。

スズキ アルトラパン

引用 スズキ公式サイト

アルトラパンは女性に大人気の軽自動車です。

社名のラパンはフランス語でウサギの意味になりますよ。

マツダの兄弟車のスピアーノよりもラパンの方が人気があります。

初代が2002年からの販売で現行型が3代目になります。

おすすめは現行型ラパンの2018年モデルです。

カーセンサーで調べたところ、ちょうど50万円以下での販売がありました。

現行型の3代目ラパンは2015年からの販売になります。

販売後、9年目になるのでそろそろフルモデルチェンジしそうですよね。

スズキ エブリイワゴン

引用 スズキ公式サイト

エブリイワゴンは車中泊やキャンプの盛り上がりによる人気車種です。

箱バンなので商用利用されることもあり、中古車は値崩れしない状況ですよ。

50万円以下で購入する場合、先代モデルになります。

先代のエブリイワゴンは2005~2015年の間に販売されていました。

エブリイワゴンは車体が重いこともあり、ターボモデルを選んだ方が無難ですよ。

また雪が降る地域では4WDが人気です。

2WDはFRになるので、凍結路面では注意が必要です。

スズキ ハスラー

引用 スズキ公式サイト

ハスラーは大人気の軽SUVです。

現行型は2代目になりますよ。

初代ハスラーは2014年~2019年まで販売されました。

ハスラーは人気車種のため、中古車相場は高めです。

50万円以下で購入する場合、先代ハスラーです。

カーセンサーで調べたところ、2018年モデルがちょうど車両価格50万円で販売されています。

購入するなら2018年以前のモデルです。

購入できるのはベースグレードのGです。

ベースグレードはターボ無しなので、加速は程々ですよ。

中古の軽自動車が狙い目の理由は?

中古の軽自動車はねらい目です。

なぜなら不人気車を狙うと、程度がいい車体を安く購入できる可能性があるからです。

例えばスペーシアのターボカスタムが195万円で、ekスペースのターボが158万円で販売されていますよ。

どちらも2020年式で走行距離も約2万キロです。

登録台数もekスペースの方が少なく、価格も全体的に安いですよ。

車種や色を不人気なものを選ぶと安く購入できる可能性が高くなります。

不人気で、高年式車を狙うと安全装備も充実して、装備もたくさんついている車体を選ぶことが出来ます。

軽自動車の中古で不人気の車種は?

軽自動車で不人気車種は

  • ダイハツキャスト
  • 日産ルークス
  • スズキアルトターボRS

です。

ダイハツキャストはライバルのハスラーと比べ、あまり売れませんでした。

日産ルークスはN-BOX、スペーシア、タントの強力なライバルに全くかなわない状況です。

スズキアルトターボRSはMTの設定がなく、不人気でした。

いずれも高年式車で安全装備や快適装備が充実していて、中古車市場価格が安いです。

不人気なこと意外は、コスパがいい車ですよ。

賢い中古軽自動車の選び方

賢い中古軽自動車の選び方は、不人気車種と未使用車を探すことです。

不人気車は中古車市場での値崩れが起きやすいですよね。

未使用車は、フルモデルチェンジやマイナーチェンジの時にでる在庫です。

この2つを探していくと、掘り出し物が見つかる可能性が高くなりますよ。

そのうえで、賢く選ぶコツを説明していきますね。

以下の点を抑えることで、満足がいく中古の軽自動車がみつかりますよ。

賢い中古軽自動車の選び方
  • 安全装備の有無
  • 3~5年落ちの車を選ぶ
  • 車内の使いやすさをチェックする

安全装備の有無

安全装備は重要です。

予防安全の装備は軽自動車でも標準装備で販売されています。

軽自動車の価格を押し上げている原因です。

しかし、安全にお金を払うのは当然のことですよ。

あまりに古いモデルを選ぶと、安全装備が今の基準に合わないことがあります。

特に予防安全を考慮するなら、高年式車になります。

カメラやレーダーが装備されている、高年式車は価格も高騰しています。

人気車種を選ぶと、高い金額になってしまいますよ。

不人気車を選ぶと、安く購入できることもあります。

3~5年落ちの車を選ぶ

3~5年おちの車はちょうど車検のタイミングに当たります。

車検の時に売却することが多く、タマ数も豊富ですよ。

新車の購入が残価設定クレジットを利用することが多くなってきました。

5年落ちの中古車が中古車市場に多いのは残価設定クレジットのためですよ。

3~5年落ちの中古車を探すと、程度のいい中古車を安く購入できる可能性が高いです。

3~5年落ちの中古車がフルモデルチェンジやマイナーチェンジのタイミングにあたると、さらにお買い得になります。

車内の使いやすさをチェックする

軽自動車と言っても車内が狭いとストレスになりますよね。

最近の軽自動車は高さがあり、Aピラーを前に出すことで車内が広くなっていますよ。

車内が広いため、日常生活は趣味の場面でも使いやすく出来ています。

タントやスペーシア、N-BOXが売れている理由は広さがあって使いやすいからです。

スライドドアも使いやすいポイントですよね。

中古車になっても、使いやすい軽自動車を選ぶと後悔が少なくなります。

不人気車の中には使いやすい軽自動車もありますよ。

買ってはいけない軽自動車のポイント

買ってはいけない軽自動車のポイントを説明しますね。

最近では某大手中古車販売店がニュースになったこともあり、中古車に対する信用問題にもなりましたよね。

中古車は今まで通り購入しても大丈夫なのか不安はあります。

しかし正規ディーラーで購入することで、安心できますよ。

なぜなら、新車も販売しているからです。

もし中古車で不正をしたら、新車まで売れなくなってしまいますよね。

買ってはいけない軽自動車のポイント
  • 点検整備記録簿を確認する
  • 安さだけを考えないようにする

点検整備記録簿を確認する

中古車を購入する時点検整備記録簿を見ることで、その車の整備履歴が分かります。

どのような整備をしてきたか、消耗品を交換しているのかなどの細かいことまで分かりますよ。

整備がされていない車は消耗品などの交換がされていないことがあります。

購入してから、大きなトラブルになりかねません。

整備がいい加減だったり、されていない車は購入を控えるべきです。

外観がキレイでも、エンジンオイルの交換があまりされていないこともあります。

車の中の状態まではなかなか分かりませんよね。

安さだけを考えないようにする

安さだけで車を購入すると、はずれを引いてしまう可能性が高くなりますよ。

あまりに安い中古車は、安い理由があります。

事故車だったり、故障が多発しているケースもありますよ。

こちらのツイートはあまりに極端な例ですが、安いと急に故障するリスクが高くなりますよ。

それが、街中や近所だったらいいですが、1日に数台しか車が通らず携帯の電波も届かない場所だったらどうですか?

ゾッとしますよね。

軽自動車に限らず、安い中古車には安いなりの理由があると思った方がいいですよ。

「軽自動車 中古 狙い目」を検索する人がよく思う質問4選

ルークスはなぜ不人気なのでしょうか?

ルークスが不人気な理由は、ライバルの車種に比べて価格設定が高いことが挙げられます。

N-BOX CUSTOM ターボが税込みで2,049,300円。

ルークスハイウェイスターGターボ2,128,500 円。

約8万円高くなります。

高く購入しても、中古車市場ではルークスの方が安くなりますよ。

リセールまでトータルで考えるとコスパが悪くなってしまいます。

軽自動車はいつまで乗れるか?

軽自動車は普通車と比べると寿命が短くなります。

走行距離は12万キロ前後が寿命と言われていますよ。

ただし、メンテナンスによるところと個体差、使用状況があります。

車が置かれている状況次第で、10万キロ未満でも使えなくなってしまうこともありますよ。

税金の面では、13年を超えると自動車税が年間12,900円になってしまいます。

一番壊れない車は?

軽自動車で壊れにくい車はダイハツ車です。

ダイハツは、2021年度日本自動車耐久品質調査のブランド別ランキングでも高順位のメーカーです。

引用 カーネクスト

最近いろいろあったダイハツですが、耐久性の高い車を販売していますよ。

引用した記事によると特にムーヴとミライースの2車種の耐久性が高いとのことです。

ミライースは燃費もよく、耐久性もあるのでお勧めの車ですよ。

通勤や営業車に使う方も多いです。

軽自動車 平均 何年?

軽自動車の平均寿命はメンテンンス次第で変わります。

最近の軽自動車は耐久性が上がっていますよ。

古い車については、10年程度と考えた方がいいですよ。

耐久性が高いムーヴの中古車販売台数を調べると、10年前の車両まで多く販売されています。

11年前になると極端に在庫が減ってしまいますよ。

まとめ:狙い目車種でも購入する車はしっかりチェックをしよう!

狙い目の中古車を探すポイントは

  • 未使用車を探す
  • 不人気車種を探す
  • 3~5年落ちの中古車を探す

になります。

ここで挙げた車を探すと比較的、安くて状態がいい中古車に会える確率が高くなりますよ。

狙い目の中古車が見つかってもすぐに購入してはいけません。

何も調べずに購入するとトラブルに合う可能性が高くなります。

新車とは違い、中古車はどういう使い方がされてきたか?までは分かりませんよね。

中古車を買う時にチェックするポイントは

  • 整備点検簿
  • 市場相場との比較
  • 店員からの聞き取り

などがあります。

整備点検簿でその車がどういう整備がされてきたか分かりますよ。

市場相場との比較で、極端に安い時は気を付けた方がいいです。

安いには安いなりの理由がありますよ。

最後に中古車販売店の店員さんに聞いてみるといいです。

車を見ただけでは分からない情報を聞けることがあります。

じっくり探してお気に入りの中古車を見つけてください。

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次