事故っても死なない車で国産車における特徴は?事故に強い車ランキングも紹介!

事故っても死なない車 国産車

普段、そこまで意識しないかもしれませんが、車を運転するということは常に危険と隣り合わせということでもあります。

車の購入を検討する際は、デザインや性能の良さを第一に求めるかもしれませんが、自分の命はもちろん、大切な人の命も守ってくれる安全性もしっかりチェックしておきたいですね!

今回は、少々過激なタイトルではありますが、「事故っても死なない車で国産車における特徴」と「事故に強い車ランキング」を紹介します!

もちろん事故が起きないことが一番ですが、万が一に備えて安全性能の高い車の特徴を押さえて、車選びの参考にしてください!

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

事故っても死なない車で国産車における特徴は?

日本の車は世界から見ても、高い安全性はもちろんのこと、丈夫で壊れにくいという高い評価を得ています。

なぜ、そのような高い評価を得ているのか?

そこには日本の車づくりにおける技術力の高さや、妥協のない徹底されたこだわりが隠されているからです。

まずは国産車の高い安全性を性能面から紐解いていきます。

技術・性能面

まずは、技術・性能面から調査をしたところ、安全性能が高い車には以下のような特徴がありました。

  • 車から発せられるレーダーや複数のカメラを用いた先進的な運転支援システムを搭載している
  • 事故を未然に防ぐための自動ブレーキシステムや運転者の誤操作を検知するシステムを搭載している
  • 万が一の事故の際にダメージを最小限に抑えるための衝突安全技術を搭載している
  • 衝突時にドライバーや同乗者を守るための複数のエアバックや室内の変形を防ぐための技術を搭載している

ボディ剛性

次に、ボディ剛性について見ていきましょう。こちらも国産車ならではの特徴が随所に見られたので、以下にまとめます。

  • ボディ全体のフレーム構造が、衝突時の衝撃によるエネルギーを効果的に分散する特殊な構造を採用している
  • 日本の高温多湿で四季の変化がはっきりしている過酷な環境にも耐えうるだけの素材を、車の各部品に採用しているため経年劣化が最小限である
  • 外から強い衝撃が加わっても、室内が変形することがないように前後左右に強固なフレームが施されており、衝突エネルギーを吸収する構造を採用している

安全基準

最後に安全基準についてです。日本が誇る妥協を許さないこだわりでもある、厳しい安全基準がありました。

  • 市販されるまでの間に何工程もの安全基準をクリアしたものだけが販売されている
  • 自動車メーカーとは独立した第三者機関が安全性能評価をしており、何度もテストを繰り返し、厳しい基準をクリアしている
  • 万が一、車の性能に欠陥が発見された場合はリコールなどでスピーディに点検・整備を実施できる仕組みづくりが国レベルで管理されている

安全性が高く評価されている国産メーカーは?

国産メーカーの安全性は自動車アセスメントと呼ばれる、自動車の安全性能評価によって情報が公開されています。

この評価には、実車を使用した衝突テスト運転を支援するシステムの機能など多数の項目が存在しています。

これらの評価項目を見ていくと、頻繁に上位に出てくる国産メーカーは、トヨタ、日産、スバルの車種が多いです。

特に、新型車にはどんどん先進的なシステムが採用されており、高度な運転支援システムや衝突回避システムなど、年々、安全性能の向上が図られています。

事故に強い車ランキング

ここからは事故に強い車をランキング形式で紹介します。

指標としたのは、JNCAPの自動車アセスメント検索結果から、2020年~2023年の評価車の中で、評価結果が91%以上の普通自動車です。

年度によって評価項目の増減があるため、総合評価点ではなく、得点率の高い上位17車種を挙げているので、もっと詳しく知りたい方は、JNCAPも参考にしてください。

スバル クロストレック

クロストレック フロント・サイドスタイル
スバル クロストレック | スバルWEBサイトより

いきなりトップからの紹介となりますが、事故に強い車 第1位はスバル クロストレックです。

2023年安全評価結果は、驚異の得点率 98% (193.53 / 197点) をたたき出しています。

スバルが誇る運転支援システムのアイサイトの力をフルに活用するとともに、高い剛性に仕上げられたボディを身にまとった安全の塊のような車です。

アイサイトは年々進化しているため、スバル車すべてがこの基準に達する日も近いかもしれません。

今後の更なる進化も目が離せませんね。

スバル レヴォーグ

レヴォーグ フロント・サイドスタイル
スバル レヴォーグ | スバルWEBサイトより

続いては第2位の紹介です。事故に強い車 第2位はスバル レヴォーグです。

2020年安全評価結果は、クロストレックと同様の驚異の得点率 98% (186.91 / 190点) となっています。

2023年の評価項目とは若干違いますが、当時の得点率としては最高得点でした。

実は、スバルの主力車種であるWRXも同様の評価結果となっており、スバル車の安全性能の高さを物語っていると言えます。

また、ハンズオフ走行を可能にするアイサイトXを初搭載したのが、このスバル レヴォーグでもあります。

レヴォーグはスバルの基幹車種であるため、今後の進化も楽しみですね。

スバル レガシィ アウトバック

レガシィ アウトバック Limited EX フロント・サイドスタイル
スバル レガシィ アウトバック | スバルWEBサイトより

続いて第3位の紹介ですが、なんとまたまたスバル車になります。事故に強い車 第3位はスバル レガシィ アウトバックです。

2021年安全評価結果は、得点率 97% (185.02 / 190点) となっていました。

車格としては、クロストレックやレヴォーグよりも大きいため、見た目の頑丈さはナンバー1とも言えます

レガシィ アウトバックは、元々はレガシィツーリングワゴンからの派生車でしたが、北米を中心に売れ続け、アウトバックという名前を世界に浸透させてきました。

屈強なボディにアイサイトの安全性能を装備していることもあり、どのような環境下でもドライバーを守ってくれそうな頼もしい存在の車です。

トヨタ クラウン

トヨタ クラウン | トヨタ自動車WEBサイトより

続いて第4位の紹介です。事故に強い車 第4位はトヨタ クラウンです。

2023年安全評価結果は、得点率 95% (188.39 / 197点) となっていました。

その昔、いつかはクラウン…という言葉が流行ったように、車としての完成度の高さはデザインのみならず、安全性能においても最上級という名にふさわしいものがあります。

フルモデルチェンジにより、今後発売を控えているセダンやワゴンタイプを含めると全部で4タイプありますが、どのタイプも国産の中では最高性能の安全性を備えています。

マツダ CX-60

マツダ CX-60 | マツダWEBサイトより

続いて第5位の紹介です。事故に強い車 第5位はマツダ CX-60です。

2023年安全評価結果は、得点率 94% (186.77 / 197点) となっていました。

CX-60は、衝突被害軽減ブレーキなどドライバーの誤操作などから生じる危険を回避・軽減する先進技術を装備しています。

さらに、クルマが常にドライバーの異常を検知してくれるため、重大事故の回避や事故被害を軽減する技術も兼ね備えています。

屈強なボディのイメージ通りの高い剛性でドライバーを守ってくれます。

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー | トヨタ自動車WEBサイトより

続いて第6位の紹介です。事故に強い車 第6位はトヨタ ヴォクシーです。

2022年安全評価結果は、得点率 93% (186.44 / 199点) となっていました。

ヴォクシートヨタ ノアの兄弟車であるため、ノアも同じ性能を持っています。

2022年1月に登場した現行型のヴォクシーは、トヨタが誇る次世代の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しています。

ヴォクシー安全性を高めているだけではなく、ドライバーの負担を減らす運転支援システムや駐車支援システムもあり、運転の安心感と、快適なドライブを両立させている車と言えます。

スバル ソルテラ

ソルテラ フロント・サイドスタイル
スバル ソルテラ | スバルWEBサイトより

続いて第7位の紹介です。事故に強い車 第7位はスバル ソルテラです。BEVとしては初登場ですね。

2022年安全評価結果は、得点率 93% (186.16 / 199点) となっていました。

ソルテラトヨタ bZ4Xの兄弟車であるため、bZ4Xも同じ性能を持っていると言えます。

ソルテラbZ4Xは、スバルとトヨタが共同開発したBEV専用プラットフォームを新たに採用しており、衝突時の衝撃をボディ全体で分散・吸収する構造により、同乗者の安全性を確保しています。

また、ブレーキ制御等による衝突回避支援システムを含めた予防安全システムを全車標準装備しており、自動車や自転車、歩行者など幅広い対象物を検知し、事故の未然防止や被害軽減に貢献しています。

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ | トヨタ自動車WEBサイトより

続いて第8位の紹介です。事故に強い車 第8位はトヨタ シエンタです。

2022年安全評価結果は、得点率 93% (185.33 / 199点) となっていました。

現行型のシエンタでは、2種類のセンサーの採用によって高い認識性能を持ち、幅広いシーンで安全運転をサポートしてくれる最新式のシステムを全車に標準装備しています。

また、高度運転支援技術のアドバンスト パークが設定されていることに加え、4代目ノア、ヴォクシーで初搭載されたプロアクティブドライビングアシストといった最新鋭の技術も多数採用しています。

日産 セレナ

日産 セレナ | 日産自動車WEBサイトより

続いて第9位の紹介です。事故に強い車 第9位は日産 セレナです。

2023年安全評価結果は、得点率 93% (184.34 / 197点) となっていました。

セレナには前方はもちろんのこと、後方や接近車両などを感知する機能を備えた360°セーフティアシスト ( 全方位運転支援システム ) が標準装備されているのが大きな特徴と言えます。

また、最高レベルの先進安全性能を装備した車の総称である、サポカーSワイドに相当する最新の性能に加えて、様々な機能を装備しており、充実した高い安全性能を誇っています。

レクサス NX

レクサス NX | レクサスWEBサイトより

続いて第10位の紹介です。事故に強い車 第10位はレクサス NXです。

2023年安全評価結果は、得点率 93% (183.28 / 197点) となっていました。

交差点右折時の対向車や交差点での他車両を検出し、ブザー等で衝突可能性を知らせると同時に、プリクラッシュブレーキを作動させるなど、安全システムをパッケージ化して標準装備しています。

また、全方位コンパティビリティボディ構造とSRSエアバッグシステムにより、万が一の際も同乗者へのダメージを軽減できる構造や、歩行者との衝突時に、歩行者に対するダメージを緩和する特殊な軽減ボディ構造も採用しています。

まさに、国産車を代表する最新技術が集結したようなハイエンドSUVと言えます。

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー | トヨタ自動車WEBサイトより

続いては第11位の紹介です。事故に強い車 第11位はトヨタ ハリアーです。

2020年安全評価結果は、得点率 93% (177.68 / 190点) となっていました。

ハリアーは、全グレードに安全パッケージ Toyota Safety Sense を標準装備しています。

Toyota Safety Sense は、トヨタ車すべてが同じシステムというわけではなく、ハリアーは夜間の歩行者や昼間の自転車の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ等、高性能なものが採用されています。

また、これ以外にも踏み間違い時の急発進抑制システムも全車に標準装備しており、国が普及を推進しているサポカーの中で最も安全装備が充実したサポカーSワイドに全グレードが認定されているのも特徴です。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル | ホンダWEBサイトより

次は第12位の紹介です。事故に強い車 第12位はホンダ ヴェゼルです。

2021年安全評価結果は、得点率 93% (177.04 / 190点) となっていました。

現行型のヴェゼルは、ホンダが開発した最新の安全運転支援システム Honda SENSING を全車に標準装備しています。

ヴェゼルに搭載される Honda SENSING は、これまでのモデルをより進化させたフロントワイドビューカメラや近距離障害検知に対応したソナーセンサー、高速画像処理チップによって、性能が大きく向上しているのが特徴です。

以前までは、運転支援システムは高価なオプションというイメージでしたが、全車標準装備というのが驚きですね。

三菱 アウトランダーPHEV

三菱 アウトランダーPHEV | 三菱自動車WEBサイトより

次は第13位の紹介です。事故に強い車 第13位は三菱 アウトランダーPHEVです。

2021年安全評価結果は、得点率 93% (176.77 / 190点) となっていました。

アウトランダーPHEVは、強い衝撃を吸収するフロント構造変形が少ないキャビン構造を組み合わせることで、同乗者の安全性を実現させています。

また、7つのSRSエアバッグを全車に標準装備しているのも大きな特徴です。

運転支援システムとしては、車両や歩行者を検知し、衝突被害の軽減をアシストする衝突被害軽減ブレーキシステムや、踏み間違い衝突防止アシストなどを含む、9つの機能をパッケージにしたe-Assistを全車に標準装備しています。

日産 ノート

日産 ノート | 日産自動車WEBサイトより

続いては第14位の紹介です。事故に強い車 第14位は日産 ノートです。

2021年安全評価結果は、得点率 93% (176.73 / 190点) となっていました。

現行型のノートでは、死角になりやすい後ろ側などを含む全方向の安全性を向上させる 360°セーフティサポートを実現する安全技術を採用しており、先代モデルからさらに安全性能を高めています。

また、CMでもおなじみの運転支援技術 プロパイロット に、ナビゲーションとの連携機能を追加し、さらに高度な運転支援を可能にしています。

コンパクトカーでありながら、運転席のニーエアバッグを始め、前席のサイドエアバッグやカーテンエアバッグを標準装備しているという点も安全性能の高さを物語っています。

トヨタ ヤリス クロス

トヨタ ヤリス クロス | トヨタ自動車WEBサイトより

続いては第15位の紹介です。事故に強い車 第15位はトヨタ ヤリス クロスです。

2020年安全評価結果は、得点率 92% (175.50 / 190点) となっていました。

ヤリスクロスは、トヨタの最新安全パッケージ Toyota Safety Sense を全グレードに標準装備しています。

また、後方からの接近車両を検知し、車線変更をサポートするブラインドスポットモニターや、バックで出庫する際の支援システムとして、必要時に自動でブレーキ制御を行うパーキングサポートブレーキをオプション設定しています。

衝突時の二次被害を軽減するための、セカンダリーコリジョンブレーキをトヨタのコンパクトSUVで初採用したのも、ヤリスクロスの特徴と言えます。

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン | ホンダWEBサイトより

続いては第16位の紹介です。事故に強い車 第16位はホンダ ステップワゴンです。

2022年安全評価結果は、得点率 92% (183.92 / 199点) となっていました。

ステップワゴンは、衝突時の衝撃を制御する独自の安全技術や、様々な衝突に対して、同乗者をやさしく保護する6つのエアバッグシステムを搭載しています。

また、全タイプに先進の安全運転支援システム Honda SENSING を標準装備し、サポカーSワイドの認定を受けています。

車体が大きいため、事故が起きた場合の相手車両への衝撃も大きくなってしまいますが、車体の構造上、その衝撃を軽減させるような作りになっているのも安全性能の高さを感じます。

トヨタ プリウス

トヨタ プリウス | トヨタ自動車WEBサイトより

最後に第17位の紹介です。事故に強い車 第17位はトヨタ プリウスです。

2023年安全評価結果は、得点率 91% (180.60 / 197点) となっていました。

現行型のプリウスは、トヨタの安全パッケージ Toyota Safety Sense を全車に標準装備しています。

また、最新モデルらしい高度なシステムを多数搭載しており、中でも単眼カメラとミリ波レーダーの2種類のセンサーを検知システムに採用しているのは安全性能の高さの証です。

さらに、上位グレードは駐車支援機能 トヨタ チームメイト:アドバンスト パーク が標準装備であり、オプションでセカンダリーコリジョンブレーキ等の最新機能を追加できます。

小さくても頑丈な車の特徴は?

小さくても車が頑丈であるには、何よりも車体の強度が重要になってきます。

近年は技術の進歩により、高強度鋼やカーボンファイバーなどの軽量で強度の高い素材がボディ等に採用されるようになりました。

また、衝突エネルギーが室内にそのまま伝わらないように、効果的にエネルギーを分散させるボディ構造の採用や、同乗者の安全を守るための複数のエアバッグの配置など、細かな工夫が施されているのが特徴です。

事故っても死なない軽自動車は?

軽自動車で事故っても死なないためには、ボディに高強度鋼を多用していること衝撃を効果的に吸収・分散させるボディ設計が取り入れられていることが必要です。

また、軽自動車は街乗りの運転を主として設計されているため、頻繁に使用すると思われる速度域の40km/h以下での衝突対策も強化されてきています。

さらに、同乗者の安全を守るための最適なエアバッグの配置や高性能カメラを搭載した運転支援システムを搭載している車種も出てきているため、先進技術を備えている軽自動車を選ぶようにしましょう。

世界一安全な車とは?

ここまでの安全性能の高い車の紹介の通り、世界一安全な車とは、

  • 衝突によるエネルギーに耐えうるボディ剛性を備えている
  • 衝突エネルギーを効果的に吸収・分散させられるボディ構造で設計されている
  • 高性能な運転支援システムとすばやく危険を察知して負担を軽減させるシステムを搭載している
  • 同乗者の衝撃を緩和させるような複数の最適配置されたエアバッグを搭載している

というような項目を満たす車と言えるでしょう。

つまり、これらの条件を多く満たしている国産車は世界トップクラスの安全性能を持っているとも言えます。

世界一安全な車のランキングは?

米IIHS ( Insurance Institute for Highway Safety ) が、2023年モデルの世界中の車の安全性能を評価した結果によると、多くの部門で日本車が好成績を収めています。

その中でも、ミドルサイズSUVに的を絞ると、以下のような結果になっています。

  • ヒョンデ パリセード
  • キア テルライド
  • 日産 パスファインダー

日本では買えない車もありますが、写真を見るとその迫力が伝わってきます。

なお、他部門ではトヨタやスバル、マツダ車も多くランクインしており、国産車の安全性能の高さが証明されています。

世界一安全な車と国産車の比較

上記機関でのランキングを見てもわかる通り、世界で最も安全と評価される車と国産車を比較しても、技術的な差はほとんど見られないとわかります。

それは、日本人独特の豊かな感性を用いて、車に対し、四季に応じた過酷な自然環境にも耐えうるだけの性能を極限まで求めてきた結果と言えるかもしれません。

よくドイツ車三大メーカーの車はボディ剛性が高く、頑丈であると言われますが、結局のところ価格や維持費、さらにアフターサービス等を考慮すると、国産車が多くの点で優れているとわかります。

事故っても死なない外車は?

近年の技術に発達により、外国車と国産車はどちらも高性能なシステムや技術によって、一昔前よりも安全性能が高まっています。

一方で車を使うシーンによっては外車の方が安全面で有利な場合もあります。

例えば、ヨーロッパ車を代表とする外車は、高速道路を主な走行環境として設計されており、高速時の衝突安全性や先進的な運転支援システムは国産車よりも一歩先を行っています。

そういう意味では、日本での使用においても高速走行が多い人は、メルセデスベンツやBMW、アウディといったドイツ車御三家を購入の際の選択肢にしてもいいかもしれません。

ぶつからない車の特徴とは?

すでにご紹介したように国産車の安全技術は、急速に進化を遂げつつあります

特に、事故を未然に防ぐための高性能技術 (複数のカメラやレーダーを搭載) が各メーカーから次々と登場し、車の安全性が大幅に向上しています。

例えば、近年の新車では標準装備になりつつある、自動ブレーキシステムや車線逸脱警告システムのような高度運転支援システムがあります。

これらのシステムは、ドライバーの誤操作や注意欠陥に対し、システムが自動的にサポートして事故のリスクを減らしてくれる役割をもっています。

ぶつからない車のランキングは?

ぶつからない車と言えば、スバルが誇る先進技術で安全運転を支援してくれるアイサイトが有名です。

その意味では、ぶつからない車ベスト3は最新鋭のアイサイトXを搭載している以下の3車種といえます。

  • スバル クロストレック
  • スバル レヴォーグ
  • スバル レガシィ アウトバック

今となっては、各メーカーからカメラによる危険の検知で車を制御するシステムは珍しくはありませんが、スバルがそのパイオニアといっても過言ではありません。

安全な車の選び方は?

安全な車の特徴がわかってきたところで、どのような車を選ぶべきかまとめます。

● 高性能な運転システムを搭載している

新車であれば運転支援システムが標準装備の場合が多いので購入の際は装備を確認しましょう。

● 屈強なボディ剛性で設計されている

正直、見た目やカタログからはわからない部分なので、自動車アセスメント等で数値化されたデータを参考にすると良いでしょう。

● 事故予防のための高性能なカメラやレーダーを搭載している

人間の眼だけで判断するのは限界があります。積極的に最新のシステムを活用して複数の目で安全性を高めましょう。

ランクルは事故っても死なない車なの?

ランクルは全長 4,950 mm×全幅 1,980 mm×全高 1,870 mm大型SUVであることには間違いありませんが、事故が起きても死なないという保証はありません。

どのような車であっても、状況次第では命の危険性があることに変わりません。

少しでも事故が起きたときのダメージを軽減できるような、安全性能が高い車を選ぶようにしましょう。

「事故っても死なない車 国産車」を検索する人がよく思う質問4選

事故に強い国産車は?

世界でも高評価のトヨタ、スバル、日産の最新の車であれば事故に強いのはもちろん、事故を回避する技術も高いためおすすめです。

日本で1番安全な車は何ですか?

2023年段階ではスバル クロストレックが安全性能評価で最高評価であり、ファイブスターを獲得しています。

安全性能が一番高い車は?

一概には言えませんが、トヨタ、スバル、日産の運転支援システムは世界最高レベルの評価を受けているため、これらのメーカーの車がおすすめです。

フォレスターは事故に強いですか?

スバルが誇るアイサイトという運転支援システムを搭載していることと、剛性の高いボディを採用しているため万が一の事故にも強いと言えるでしょう。

まとめ:安全な車の特徴を理解しつつ事故には自身の注意が大切!

今回は、事故に強い車の特徴や具体的な車種をランキング形式で紹介しました。

技術の進歩により、一昔前と比べると格段に車の事故発生率を下げることが出来ています。

一方で忘れてはならないのは、「あくまで車を運転しているのは人である」ということです。

様々紹介してきた最新技術や性能を参考にしていただきながらも、運転をする際は決して無理をすることなく、万全なコンディションで、自分自身はもちろん、大切な人の命も守るという気持ちで運転するようにしましょう。

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次