インプレッサスポーツが安い理由は?インプレッサスポーツ中古の注意点も解説!

インプレッサスポーツ 安い 理由

インプレッサスポーツの中古車は何故安いの?

故障が多い?

当たりはずれがあって買わない方がいい?

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

結論:インプレッサスポーツは価格が安く安心して購入できる車です。

何故インプレッサスポーツは他の車種に比べて中古車市場で安くなるのでしょうか?

インプレッサスポーツはもともと新車販売価格が安いことが影響しています。

インプレッサはスバルのエントリーカーです。

グレードによってとても安く購入することが出来るんですね。

この記事ではインプレッサスポーツが安い理由や購入前の注意点を解説していきます。

この記事でわかること

    • インプレッサスポーツが安い理由
    • 歴代インプレッサで狙い目のモデル
    • インプレッサスポーツを購入する時の注意点
目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

インプレッサスポーツの中古が安い理由は?

インプレッサスポーツの中古が安い理由は、たくさんあります。

一番の理由は販売価格がもともと安いからなんですね。

もちろんスバルにはインプレッサスポーツよりも安い車種はあります。

しかしインプレッサスポーツより安い車種はトヨタやダイハツのOEMですよ。

スポーツやラリーのイメージが強いスバルのベーシックカーがインプレッサなんですね。

インプレッサスポーツは車に対するこだわりが強く、走行性能を求める一部の人たちからは人気があります。

では何故中古車が安くなるのか、詳しくみていきますね。

走行距離が多い

インプレッサスポーツの中古車は過走行になっていることが多いです。

過走行とは年式の割に走行距離が多いという意味ですよ。

インプレッサスポーツは歴代モデルのほとんどに走りを楽しむモデルが存在します。

走ることそのものを求めて購入するユーザーも多いですよ。

走りを楽しむとなると走行距離は長くなりますよね。

過走行になっているだけではなく、過酷に使われているケースもあるんですね。

中古で購入する時はしっかり吟味が必要になりますよ。

高級車に比べて装備が少ない

インプレッサスポーツの装備は普段使いするには十分です。

必要な装備はほぼそろっていて、困ることはないですよ。

購入後は満足するユーザーが多いです。

高級車と比べても見劣りしない装備がついていますよ。

ベースグレードに限っては装備はチープになっています。

上級グレードと比べ、安全装備がついていなかったりメーカーオプションになるものがあります。

  • 緊急時プリクラッシュステアリング 選択不可
  • 運転支援テクノロジー 選択不可
  • 視界拡張テクノロジ メーカーオプション

この3つが選択できないのは残念です。

ベースグレードにはベーシックなアイサイトコアテクノロジーだけが搭載されてるだけなんですね。

その他にもフォグライトがなかったり、ステアリングがウレタンだったりします。

もともと価格が安い

インプレッサスポーツが中古車市場で安い理由は、元々価格が安いことがあります。

4代目のGP2型インプレッサスポーツ1.6iLの新車販売価格が、172万円からだったんですね。

もっと下のベースグレードの1.6は160万円の販売価格でした。

5代目のGT2型は1.6iLが200万円からの販売です。

ベースグレードはとてもリーズナブルですよ。

今の車の値段から考えると、とても安いですよね。

もともとの価格が安いため、中古車市場では安く購入することができますよ。

モデルチェンジの影響

2023年にインプレッサがフルモデルチェンジしました。

フルモデルチェンジにより、中古車市場にも影響がでていますよ。

先代のGT型インプレッサスポーツの中古車相場は値下がりしています。

中古車販売サイトで調べたところ、1.6iLアイサイト2020年モデルが102.5~155.8万円となっていました。

新車販売価格が200万円だったので、51~78%の価格です。

2021年式の同じグレードが126~194.7万円だったので、今後ますます下がることが予想されますよ。

インプレッサの中古車が安い理由は?

インプレッサスポーツだけではなく、インプレッサも中古車市場では安く販売されています。

なぜなら、インプレッサスポーツと同じで中古車市場ではあまり人気がないからですよ。

ツイッターでは中古車が安いという書き込みをよく見かけます。

スポーツ色が強く、一般受けしない車種なんですね。

中古車となると、過激に走行されていて、どうしても故障が心配ですよね。

特にスバル車はエンジンの故障をよく耳にします。

インプレッサの中古車の安い理由を知ることで、後悔しない買い物ができますよ。

燃費が悪い

インプレッサの燃費は最新のGU型でもWLTCモードで13.6km/L~16.6km/Lです。

ハイブリッドのe-BOXERのFFモデルでも16.6km/Lなので悪いですよね。

AWDモデルはFFモデルと比べると、とても悪いですよ。

スバルのAWD車は常時4輪に駆動力が伝わっているので、どうしても燃費が悪くなります。

FFモデルでも燃費が悪いのは水平対向エンジンの特徴です。

水平対向エンジンは横向きにピストンがストロークするので、幅を取りますよね。

そうするとシリンダーを長くすることができないんですよ。

シリンダーを長くできると燃焼効率が上がり、燃費が良くなります。

水平対向エンジンは構造的に燃費性能は悪くなってしまうんです。

ガソリン高等の現在では低燃費の車は人気が落ちてしまいます。

スポーツタイプが多い

インプレッサは以前からラリーのベース車だったこともあり、スポーツタイプのモデルが存在します。

初代から過激なターボモデルがあり、過激なスポーツカーですよ。

初代から現行型まで、インプレサにWRXやSTIを冠したモデルはファンがついているんですね。

一般受けは全くしませんが、固定ファンがついているので完成度が高いモデルになります。

スポーツモデルに全く興味がない人が使うと狭くて荷物がつめなく、燃費が悪い車になってしまいますよね。

どうしても中古車販売価格に響き、安くなってしまいます。

マニア向け

インプレッサのイメージは車好きで細かいスペックにまでこだわるマニア向け、というイメージがあります。

なぜなら、WRXなどのラリカーの持つ印象が強いからです。

細かいところまでこだわって改造しているユーザーが多くいますよ。

マニアにとって車を改造するのは当たり前かもしれませんが、一般受けは全くしないですよね。

改造してある車は中古車市場では、好まれません。

そのイメージが他のグレードに影響していることもありますよ。

中古車販売価格に影響しているんですね。

もともとスバルの中で価格が安い

インプレッサはスバルの中でエントリーカーです。

もともと安く売っていた車だったんですね。

現在スバルで販売しているトヨタとダイハツのOEMを除くと、今でも一番価格が安いです。

もともとの販売価格が安いので、中古車市場で安く購入できますよ。

反対に過激なターボモデルは高額です。

歴代インプレッサの中でもターボモデルは、中古車市場でも高額で取引されていることがあります。

初代のインプレッサWRXですが、もう30年程前のモデルになります。

中古車市場では程度が良いと200万円以上の価格で取引されていますよ。

エンジンが壊れやすい

インプレッサはエンジンのトラブルが多い車種です。

スバル車のエンジントラブルでよくあるのがオイル漏れです。

マニアの間では定番のトラブルとして認識されていますよ。

オイルが漏れる場所はシリンダーヘッドのパッキンからの漏れが多くなるんですね。

劣化したオイルを使用しているとなりやすいトラブルなんですね。

トラブルを避けるには、こまめなエンジンオイル交換が必要になってきますよ。

オイル漏れした場合、もう片方もパッキンの交換が必要になります。

工賃は大体10万円はかかりますよ。

不人気モデルがある

歴代インプレッサで3代目のGH系は不人気モデルになります。

3代目は今までのワゴンとセダンからハッチバックに変わりました。

インプレッサハッチバックになります。

特に3代目インプレッサの1500ccモデルは、走りを期待して買うと後悔する可能性がありますよ。

加速性能がイマイチで軽自動車よりも遅いなんて書き込みも見られますよ。

しかしインプレッサハッチバックのターボモデルは、中古車市場で安く取引されていることがあります。

調べたところインプレッサハッチバックS-GTが50万円代から販売されていました。

ディーラーが少ない

スバルのディーラー数は全国に780店舗です。

トヨタは約5000、ホンダは約2500、日産は約1500と圧倒的に少ない状況です。

ディーラーが少ないと認定中古車などの流通が少なくなりますよ。

新車の販売台数は多くても、中古車はスバル以外の販売店に流れていることになります。

他の中古車販売店から購入すると直営ディーラーよりも安く購入することができます。

スバル以外の中古車販売店を回ると、思わぬ掘り出し物が見つかる可能性もありますよ。

デザインがダサいと思われることもある

インプレッサはよくデザインがダサいと言われることがあります。

特に2代目GD/GG系の前期がダサいと言われていますよね。

たしかにスポーツカーにしては地味なデザインです。

もともとベーシックカーと共通のデザインなので、仕方ないですよね。

デザインで車を購入する方の多いので中古車価格には響いてきます。

インプレッサスポーツになってからは、デザインで酷評されることが少なくなりました。

中にはダサいという人もいますが、反対にかっこいいという意見も多いですよ。

中古の台数が多い

インプレッサの中古車台数はライバルの車種と比べると多いです。

カーセンサーで販売台数を調べたところ、3000台以上在庫があります。

ライバルのシビックが1355台、アクセラが871台となっています。

新車販売台数がもともと多いですが、在庫状況を見るとあまり売れていないですね。

買取相場も下落傾向です。

今が買い時の車種とも言えます。

豊富な在庫と下落気味の相場なので、購入を考えているなら今がチャンスですよ。

インプレッサの中古車で狙い目なのは?

インプレッサの中古車で狙い目は5代目のインプレッサスポーツGT2型になります。

フルモデルチェンジがあり、相場が下がっているんですね。

高年式の2020年型で、1.6iLアイサイト2020年モデルが102.5~155.8万円と安く購入できる状況ですよ。

新車販売価格が200万円だったことを考えると3年落ちが約半額で購入できる可能性があります。

5代目インプレッサスポーツはスバルの新プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用しています。

6代目インプレッサは5代目インプレッサスポーツのプラットフォームとパワートレインをそのまま採用していますよ。

今中古のインプレッサを購入するなら5代目インプレッサスポーツは外せないです。

インプレッサの中で安いモデルは?

インプレッサの中でも安いモデルは5代目インプレッサスポーツの1.6iLになります。

特にFFモデルが格安です。

2017年からの販売で中古車市場では60万円代から購入することができますよ。

AWDモデルはそれよりも10万円ほど高い相場になっています。

2.0iLのAWDになると80万円代から購入できるようです。

1.6リッターよりも10万円ほど相場が高いですよ。

インプレッサらしい走りを求めるなら、2.0iLのAWDがおすすめです。

この金額で購入できるなら乗ってみたいですよね。

インプレッサスポーツ中古の注意点は?

インプレッサスポーツを中古で購入する時の注意点をお話しますね

  1. 過走行車を避ける
  2. オイル交換をまめにしているか確認する
  3. オイル漏れがないかチェックする
  4. スバル系ディーラー以外でも探す

1過走行車を避ける

インプレッサは車の持つイメージから酷使されている可能性が高いです。

過走行車は避けたほうがいいですよ。

2オイル交換をまめにしているかチェックする

整備履歴がわかれば、オイル交換をまめにしているかチェックした方がいいです。

オイルが劣化しているとオイル漏れを起こしやすいエンジンですよ。

3オイル漏れがないかチェックする

水平対向エンジンのよく起きるトラブルがオイル漏れです。

エンジンルームを空けて十分にチェックが必要ですよ。

4スバル系ディーラー以外でも探す

スバル系ディーラは少ないので、他の中古車販売店もあたった方が見つけや少なります。

中古車販売店で購入すると価格が安い時もありますよ

「インプレッサスポーツ 安い 理由」を検索する人がよく思う質問4選

スバルインプレッサはなぜ人気があるのでしょうか?

スバルインプレッサはスポーツのイメージが強く、走りにこだわるユーザに人気です。

ファミリーカーとしても使えて走りもいいので、人気が高い車種ですよ。

忘れていけないのが安全性の高さです。

スバルは2030年までに交通事故ゼロを目指しています。

スバルアイサイトは30年以上の研究実績がある優れたシステムですよ。

スバルインプレッサは何年乗れる車ですか?

最近車は技術の進歩から15年は乗れると言われています。

スバルインプレッサは過酷に使用されることもあるので、15年は難しいでしょう。

調べてみると、平均的に13年で寿命を迎えるという意見が多いです。

走行距離は10万キロを超えると消耗部品の交換が必要になってきます。

スバルの弱点は何ですか?

インプレッサの弱点は水平対向エンジン特有のオイル漏れと燃費の悪さです。

オイル漏れはオイル効果などのメンテナンスをマニュアル通りしていれば防げる可能性が高いですよ。

燃費が悪いのは水平対向エンジンの構造上仕方ない部分があります。

燃費を帳消しにするほどの走りの良さがありますよ。

インプレッサスポーツ 何キロ走る?

インプレッサスポーツに限らず、最近の車は20~30万キロ走行が可能だそうです。

これはメンテナンス状況や気象条件にもよるので、無理です。

インプレッサスポーツの水平対向エンジンは10万キロを超えると消耗品が痛んできますよ。

ツイッターなどでも13万キロ前後の走行距離をよく見ます

10万キロを超えたらそろそろ限界と思ったほうがいいですよ。

まとめ:もともとインプレッサの車は安いタイプの車

もともとインプレッサはスバルのエントリーカーで安いタイプの車です。

トヨタとの業務提携のおかげでインプレッサよりも小さく安い車を販売しています。

スバル製の一番小さく安い車はインプレッサで今も変わりありません。

エントリーカーということもあり、万人受けするように作られています。

フィットやカローラと比べられる車と思っていただいて間違いないですよ。

どこにでも気軽に安全に出かけられるファミリーカーなんですよね。

ファミリーカーとしての特徴をあげると

  • 安くて手頃な価格
  • 車内が広い
  • 安全性が高い
  • 運転しやすい

などです。

WRXなどのスポーツのイメージに隠れて目立たないですが、ファミリカーとして使っても十分に満足できる車ですよ。

ファミリーカーなのに走りもよく、買っても後悔しない車です。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次