ハイエース新型2024年の価格は?新型ハイエース300系の最新情報も紹介!

ハイエース新型 2024 価格

ハイエースは広い車内空間を用途によって自由にアレンジできるのが魅力です。

多くの荷物を運ぶ商用からアウトドア好きな方の自家用車、さらに幼稚園や老人ホームといった施設の送迎車など幅広く活用される人気車種です。

現在のハイエース最新モデルは2024年1月一部改良されたモデルで、最新法規対応と安全性能の拡充が主な変更内容となっています。

今回は、現在の新型ハイエースの価格や主な改良点、さらに2024年8月以降フルモデルチェンジとなる300系についての最新情報をご紹介します。

現在の最新モデルを購入するか少し待ってフルモデルチェンジ後の300系を購入するか迷われる方にぜひ参考にしていただければと思います。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

ハイエース新型2024年の価格は?

ハイエース新型2024年の価格
ハイエース|トヨタ公式サイト

ハイエースバン:243万9,500420万600円(税込)

グレード乗車定員価格
DX3名243万9,500
DX3/6名260万6,000
DX“GLパッケージ”3/6名263万2,000
特別仕様車スーパーGL“DARK PRIME Ⅱ”2/5名329万600
スーパーGL2/5名376万5,500
ハイエースバン価格例

ハイエースワゴン:294万6,600~405万200円(税込)

ハイエースコミューター:335万3,600385万1,600円(税込)

ハイエースの価格はグレードの他にドア数や乗車定員などの仕様により変わります。

詳細は公式カタログや販売店でご確認ください。

新型ハイエースの変更内容は?

現在、販売されている新型ハイエースはこれまでのハイエースとどこが違うのか、その変更内容をパワートレインと価格についてご紹介していきます。

新型ハイエースのグレード別のパワートレイン

新型ハイエースのグレード別のパワートレイン
クリーンディーゼルエンジン|トヨタ公式サイト

2022年4月のマイナーチェンジの際に排ガス規制対応のため、ディーゼルエンジンが3.0Lから2.8Lのディーゼルターボエンジンに変更されています。

その他のパワートレインに関係する大きな変更は実施されていません。

ボディータイプ駆動方式パワートレイン(※種類は全て直列4気筒)
ハイエースバン2WD2.7Lガソリン
2.0Lガソリン
2.8Lディーゼル
4WD2.7Lガソリン
2.8Lディーゼル
ハイエースワゴン2WD2.7Lガソリン
4WD2.7Lガソリン
ハイエースコミューター2WD2.7Lガソリン
2.8Lディーゼル
4WD2.7Lガソリン
グレード別パワートレインまとめ

新型ハイエースのグレード別価格

今回の変更は最新の排ガスや騒音規制などの法規対応と安全性能向上が主な変更点で、見た目はあまり変わっていないように見えます。

しかし、技術的な中身は様々な改良がされているため、価格が少し高くなっています。

変更価格としてはスタート価格でプラス47,400円です。

ボディータイプ変更前変更後
ハイエースバン239万2,100~349万1,200円243万9,500420万600
ハイエースワゴン290万3,600~403万9,100円294万6,600~405万200
ハイエースコミューター323万8,600~381万8,500円335万3,600385万1,600
変更前後の価格比較

2024年ハイエースはフルモデルチェンジがなかった?

当初、ネット上では2023年にハイエースはフルモデルチェンジするという予想が出ていました。

しかし、実際は2024年1月にマイナーチェンジが行われたのみで、フルモデルチェンジはありませんでした

このマイナーチェンジの内容は最新法規対応がメインとなっています。

見た目として分かりやすい変化はアウトドアブームを受け、アースカラーパッケージが導入された点です。

ハイエース(アースカラーパッケージ ベージュ)|トヨタ公式サイト

なお、気になるフルモデルチェンジ時期の最新予想は2024年8月~2025年です。

新型ハイエース300系の最新情報

ハイエース300系(フィリピン仕様)|トヨタ公式サイト

現在、日本で販売されているのは5代目にあたる200系ハイエースです。

6代目となる新型ハイエース300系へのモデルチェンジは約20年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

ここでは300系についての最新情報をご紹介します。

発売日について

新型ハイエース300系は2019年にフィリピンでは既に登場しており、日本での導入を待ち望んでいる方も多いでしょう。

日本での新型ハイエース300系の発売開始時期は2024年8月~2025年の予定です。

なお、長年親しまれてきた200系も300系と共に併売される可能性もあり、より広い選択肢から自身に合う車を選択できるようになるでしょう。

また、新型ハイエース日本販売については300系は導入せず、400系を導入するという噂もある状態です。

これからも発売日情報を含め、最新情報を確認していく必要があります。

価格について

新型ハイエース300系の販売価格は250~500万円と予想されています。

最新法規対応とさらなる安全性能向上のため、おそらく現行のハイエースの価格より若干高くなると考えられます。

ハイエースのライバル車としてあげられる日産キャラバンの価格も現在252万6,700円~です。

ハイエースは商用車として活用されている車種ですので、価格競争は自家用車よりも厳しいものとなります。

市場競争力も考慮した上で、価格上昇は最小限に抑えてくるでしょう。

ボディサイズについて

ボディサイズは現行ハイエースよりも一回り大きいものになる予想です。

新型ハイエース300系サイズ(予想)
全長×全幅×全高:4,700×1,735×2,000mm

参考に現行ハイエースのサイズは全長×全幅×全高:4,695×1,695×1,985mm(標準モデル)です。

全長5mm、全幅40mm、全高15mmのサイズアップとなります。

現行モデルより荷室が広くなり、積載能力を上げることで商用としての利便性が高まるでしょう。

また、広い空間を活用して室内レイアウトの幅も広がります。

外装と内装について

外装については現行モデルから大きく変化すると考えられます。

現行ハイエース(キャブオーバー形状)|トヨタ公式サイト

現行ハイエースはエンジンが運転席と助手席の下に配置されたキャブオーバーの形状ですが、300系では比較的短いボンネットを持つセミボンネットの形状となると予想されています。

これは既に登場している海外モデルがセミボンネットを採用していることに基づく予想です。

ハイエースと言えばキャブオーバーと言われるほど定着している設計のため、思い切った変更と言えます。

内装としては運転席からの視界のさらなる確保荷室の積載向上といった改善が見込まれます。

ビジネスシーンでの利便性と乗り心地の向上を考えた内装デザインとなるでしょう。

パワートレインについて

新型ハイエース300系のパワートレインは引き続きガソリンエンジンディーゼルエンジンでの展開予想です。

300系パワートレイン(予想)
ガソリンエンジン:3.5Lガソリン V型6気筒
ディーゼルエンジン:2.8Lディーゼル 直列4気筒

商用としての活用を考慮し、必要パーツが多く他エンジンより故障リスクが上がるハイブリットの導入はないと考えられます。

最近のトヨタのパワートレイン展開としてはディーゼルとハイブリットの同時展開を避けているように見えることからもハイブリットモデル導入の可能性は低いでしょう。

安全性について

フルモデルチェンジにおいてセミボンネット採用という選択から安全性向上をかなり重要視していると言えます。

これまでのキャブオーバーの設計は前にボンネットがないため、衝突時の安全性に不安があります。

しかし、セミボンネットを採用することで運転席と助手席の安全性向上はもちろんのこと、歩行者に対しても衝突の際の被害を軽減することができます。

また、安全運転を支援する先進技術も搭載され、現行モデルより格段に安全性が向上するでしょう。

ハイエース新型 2024年のフルモデルチェンジの予想は?

2024年1月にマイナーチェンジした現行ハイエースは7月には生産を終了とするとのことですので、さらなるマイナーチェンジの可能性もありますが、2024年にフルモデルチェンジを実施する場合は8月以降となるでしょう。

フルモデルチェンジの予想内容まとめ

発売時期は2024年8月~2025年

価格は250万~500万円

車体サイズは全長×全幅×全高:4,700×1,735×2,000mm

外装はセミボンネット採用

パワートレインはガソリンとディーゼルの展開

トヨタセーフティーセンスなど多様な安全技術の搭載

他にも乗車定員が最大17人となる予想もあり、商用はもちろん送迎用としても利便性の向上が見込まれます。

ハイエース新型2024年の価格を検索する人がよく思う質問4選

ハイエースの新型の納期は2023年でどのくらいですか?

2023年にマイナーチェンジされたハイエースの新車納期は5~6ヶ月が目安となっています。

2024年現在も納期3~6ヶ月です。

新型ハイエースはいつ出るのか?

フルモデルチェンジの新型ハイエースは2024年8月~2025年に発売される予定です。

ハイエースの最高級グレードの価格はいくらですか?

最高級グレードはスーパーGL“DARK PRIME Ⅱ”で2/5人乗り、5ドアの仕様が最も高額です

価格は420万600円です。

ハイエースは何年くらい持ちますか?

車の平均寿命は走行距離10万km前後です。

しかし、ハイエースは優れた耐久性から50万km以上走ることができます。

一年に何km走るかにもよりますがハイエースは10~20年は持つ長寿命な車です。

まとめ:ハイエースの新型について情報をチェックしていこう

新型ハイエースは商用、送迎用、自家用車など様々な活用シーンでの利便性と安全性および、快適性の向上が期待できます。

ハイエースの新型についての情報はこれから詳しい情報が出てきますので、引き続き情報のチェックをしていきましょう。

情報をチェックした上で、自身にあったモデルが現行モデルなのかこれから登場する新モデルなのか見極めていただければと思います。

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次