ハイエースの荷室寸法は?ハイエースの荷室をカスタムした事例もご紹介!

ハイエース 荷室寸法

ハイエースの荷室寸法についての知識は、ビジネスからレジャーまで多岐にわたる用途でハイエースを使用する方々にとって非常に重要です。

この記事では、ハイエースの荷室寸法について詳しく解説するとともに、荷室をカスタムした事例もご紹介します。

ハイエースはその広大な荷室スペースとカスタマイズの自由度の高さから、多くの人々に愛され続けています。

ここでは、ハイエースの基本的な荷室寸法から、さまざまなグレードやモデルによる違い、また、荷室スペースを最大限に活用するためのカスタム事例までを網羅的にご紹介します。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

ハイエースの荷室寸法は?

ハイエースは、その広々とした荷室が魅力の一つです。

用途に応じて選べる多様なモデルがあり、荷室の大きさもそれぞれ異なります。

ビジネス用途はもちろん、趣味の道具運びやアウトドア活動にも最適なスペースを提供します。

このセクションでは、ハイエースの荷室寸法の基本について紹介します。

ハイエースワゴン

価格.comより

ハイエースワゴンの荷室は、その寛大な空間が特徴です。

具体的には、長さ4,790mm、幅1,880mm、高さ2,285mmのボディサイズにより、乗車定員に応じた広々とした荷室を提供します。

荷室の高さは約1,350mmで、大人数の乗車と同時に、大きな荷物の搭載も容易に行えるため、長距離旅行やアウトドア活動に理想的な車種と言えるでしょう。

シートを畳むことで、さらに利用可能なスペースを広げることができ、キャンプ用品やスポーツ機材など、かさばるアイテムもスムーズに収納可能です。

この柔軟性が、ハイエースワゴンを家族やグループでの移動に最適な選択肢としています。

ハイエースバン

価格.comより

ハイエースバンは、ビジネスシーンでの利用に特化した設計がされています。

荷室の寸法に関しては、長さが最大で3,110mm、幅が1,730mm、高さが1,415mmに達し、非常に広大な空間を提供します。

この広い荷室は、配送業や工具の運搬、移動販売など、さまざまなビジネスニーズに応える柔軟性を持っています。

また、荷物の積み下ろしを容易にするためのスライドドアや、荷室内のアレンジを自由に変更できるカスタマイズ性も魅力の一つです。

ハイエースバンはその実用性から、多くのプロフェッショナルに選ばれ続けています。

グレード別に荷室寸法を解説

ハイエースは、さまざまなグレードがあり、それぞれで荷室の寸法が異なります。

このセクションでは、200系ハイエースをはじめとする代表的なグレードごとに、荷室のサイズとその特徴を詳しく解説します。

ビジネス用途からレジャーまで、使用目的に合わせて最適なモデルを選ぶための重要な情報を提供します。

200系ハイエースの荷室寸法

200系ハイエースは、その多様性と実用性で高い人気を誇ります。

荷室寸法については、標準ボディであれば長さは2,300mmから2,570mm、幅は1,645mm、高さは1,330mmから1,355mmの範囲内に設定されています。

この広々とした荷室は、ビジネス用途において多くの荷物を運ぶ際に十分なスペースを提供します。

また、スーパーロングボディの場合、荷室の長さはさらに拡大し、最大3,110mmまで確保され、より大きな物の輸送が可能になります。

これらの寸法により、200系ハイエースは様々なニーズに対応できる柔軟性を持ち合わせており、多くのプロフェッショナルから支持されています。

ハイエーススーパーglの荷室寸法

ハイエーススーパーGLは、快適性と実用性を兼ね備えた人気のモデルです。

このグレードの荷室寸法は、長さが3,040mm、幅が1,545mm、高さが1,335mmとなっており、特にビジネス用途での多様なニーズに対応するための広い空間を提供します。

荷物の積みやすさを考慮した設計になっており、例えば配送業務や工具の運搬、イベント用品の搬入など、様々なシーンで活躍します。

スーパーGLはその快適な乗車空間と共に、広大な荷室も魅力の一つであり、多目的に使用するユーザーにとって非常に価値の高い選択肢と言えるでしょう。

ハイエースワイドの荷室寸法

ハイエースワイドは、その名の通り、通常のモデルよりも幅広い荷室を持つことが特徴です。

このモデルの荷室寸法は、長さが3,110mmにも及び、幅が1,730mm、高さが1,415mmとなっており、大型の荷物や多量の荷物の運搬に最適な設計となっています。

特に、大きな機材や材料を運ぶ必要があるビジネス、例えば建設業やイベント業界での利用に適しています。

ハイエースワイドは、これらの広大な荷室を活かして、効率的な物流を実現するために設計されたモデルであり、その実用性から多くのプロフェッショナルに選ばれています。

ハイエースロングの荷室寸法

ハイエースロングは、標準サイズよりも長い荷室を提供し、特に長物の運搬に適したモデルです。

荷室の寸法は、長さが3,280mm、幅が1,655mm、高さが1,365mmとなっており、大きな荷物や長尺物を効率良く積載することが可能です。

このモデルは、配送業務や特殊な機材を扱う業種での使用に最適であり、広い荷室は多種多様なビジネスニーズに対応します。

ハイエースロングの提供する広々とした空間は、作業効率の向上に貢献し、ビジネスの現場で高い評価を受けています。

ハイエーススーパーロングの荷室寸法

ハイエーススーパーロングは、最も長い荷室を持つモデルで、特に大容量の荷物運搬を必要とするビジネスに適しています。

このモデルの荷室寸法は、驚異的な長さである3,850mm、幅が1,755mm、高さが1,380mmに達します。

これにより、大型の貨物や、長尺の材料を運ぶ際のニーズに応えることができ、例えば建築資材の運送や、大量の配送物を一度に運ぶ必要がある物流業務などでその真価を発揮します。

ハイエーススーパーロングの提供する広大な荷室は、その用途の幅広さと、運搬効率の高さから、業務用車両として高く評価されています。

ハイエースの魅力は?

ハイエースの魅力は、その汎用性の高さと信頼性にあります。

広い荷室だけでなく、様々なグレードやモデルが用意されており、ビジネスからレジャーまで幅広い用途に対応可能です。

また、耐久性と信頼性の高さもハイエースの大きな魅力であり、長期間にわたって安定した性能を提供します。

さらに、カスタマイズの自由度が高いことも特徴で、ユーザーのニーズに合わせて車両をカスタムすることができます。

これらの点が組み合わさることで、ハイエースは多くの人々から支持され続けているのです。

また、ハイエースは大人数で乗ることが可能なので、芸能人の移動やロケ、介護職関係にも重宝されています。

ハイエースが何人乗れるかについてはこちらをご覧ください。

ハイエースのシートアレンジの種類は?

CarMeより

ハイエースでは、使用目的に応じて選べる多様なシートアレンジが魅力の一つです。

スタンダードな2列シート配置から、乗車定員を最大化するための3列、4列シート配置まで、ビジネスやレジャー、ファミリー使用に適したバリエーションが用意されています。

さらに、フルフラットにできるシートアレンジメントもあり、車中泊や大型荷物の積載が可能になるなど、用途に合わせたカスタマイズが可能です。

これらのシートアレンジによって、ハイエースはただの移動手段を超えた多目的な活用が可能になり、その汎用性の高さをさらに強調しています。

ハイエースは使いやすい?

ハイエースの使いやすさは、その設計思想に根ざしています。

ビジネスシーンでの効率的な荷物の積み下ろしや、レジャー活動での快適な車中泊など、ユーザーのニーズに応えるための機能が豊富に備わっています。

広い荷室はもちろん、運転のしやすさや視界の広さも使いやすさを支える要素です。

また、カスタマイズの自由度の高さも、ユーザーそれぞれの用途に合わせて車両を最適化できる点で、大きな魅力となっています。

荷物の積みやすさ

ハイエースは荷物の積みやすさに優れており、その設計は機能性と利便性を重視しています。

特に広い荷室は、大きな荷物や多量の荷物もスムーズに積むことが可能です。

荷室の入口は低く設計されており、重たい荷物の積み込みも楽に行えます。

また、スライドドアや広いリアゲートを備えているモデルもあり、様々なサイズの荷物を効率良く積み込むことができるのです。

ビジネスでの使用はもちろん、アウトドアや大型のスポーツ用品を運ぶ際にも、その便利さを実感できます。

収納装備

ハイエースには、細かな荷物を整理して収納するための便利な装備が充実しています。

例えば、運転席や助手席の下に設けられた収納スペースは、ツールやドキュメントを整理しておくのに最適です。

また、センターコンソールやドアポケットにも、飲料ボトルや小物を収納するためのスペースが豊富にあります。

さらに、荷室部分にも、小さな荷物を固定するためのフックやネットが用意されており、移動中の荷物の安定性を高めることができます。

これらの収納装備は、ハイエースの使い勝手をさらに向上させる重要な要素です。

ハイエースで車中泊は可能?

FLEXより

ハイエースでの車中泊は、その広々とした荷室と多様なシートアレンジが可能な設計により、非常に快適に行うことができます

特に、フルフラットにできるシートや、荷室スペースを最大限に利用するカスタムプランによって、広くて快適な就寝スペースを作り出すことが可能です。

また、車内には小物を収納するための多くのスペースがあり、車中泊に必要なアイテムを整理して持ち運ぶことができます。

さらに、カスタム次第で、キッチンやシャワー設備を取り付けることも可能で、アウトドア活動や長期旅行において、ハイエースを自宅のように使うことができるのです。

ハイエースの荷室をカスタムした事例

flexdreamより

ハイエースの荷室をカスタムすることで、その用途は無限に広がります

例えば、移動販売車へのカスタムでは、荷室にキッチン設備を完備し、サイドには販売窓を設置する事例があります。

また、車中泊用にカスタマイズする場合、ベッドや収納スペース、さらには小型の冷蔵庫やシンクを備えたキャンピングカー風の内装に仕上げることができます。

趣味の空間として、例えばサーフボードや自転車を積載しやすいように特化した収納システムを設けることも可能です。

これらのカスタム事例は、ハイエースの汎用性とカスタマイズの自由度の高さを象徴しており、個々のライフスタイルに合わせた最適な車両へと変貌させることができます。

「ハイエース 荷室寸法」を検索する人がよく思う質問4選

ハイエースの荷室の寸法は?

ハイエースの荷室寸法はモデルにより異なりますが、標準的なバンの場合、長さは約2,300mmから3,850mm、幅は約1,645mm、高さは約1,330mmから1,380mmです。

ハイエースの標準内寸は?

ハイエースの標準内寸は、長さ約2,300mm、幅約1,645mm、高さ約1,335mmで、これにより広い荷物スペースを提供しています。

ハイエースの荷室の高さは?

ハイエースの荷室の高さはモデルによって異なりますが、一般的には約1,335mmから1,380mmの範囲です。

ハイエースのグランドキャビンの荷室サイズは?

ハイエースのグランドキャビンの荷室サイズは、長さ約2,850mm、幅約1,550mm、高さ約1,335mmで、広々とした空間を提供します。

まとめ:使用用途にあわせて荷室サイズやボディサイズの選択を!

flexdreamより

ハイエースはその多様なモデルと荷室サイズで、ビジネスからレジャーまで幅広い用途に対応します。

選択する際は、使用目的に合わせて荷室の寸法やボディタイプを慎重に選びましょう。

ビジネス用途であればスーパーロングやバンモデルが、家族やグループでの移動にはワゴンやグランドキャビンが適しています。

また、カスタム事例を参考に自分だけのハイエースを作ることも可能です。

ハイエースの持つ無限の可能性を活かして、最適な一台を見つけましょう。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次