ブルートゥースが車で接続できない原因は?アンドロイド・iphoneなど機種別対処法も紹介!

ブルートゥース 車 接続できない

車を運転している時、車内で音楽を聴いて楽しんでいる人は多いと思います。

音楽市場でCDが主流だった時代では、車にたくさんのCDやそれに代わる媒体を持ち込んで車内オーディオで聞いていましたが、現在はスマートフォンで手軽に音楽を楽しめるサービスが主流となりつつあります。

それに伴い、車での音楽の楽しみ方もスマートフォンと車内オーディオを直接、「ブルートゥースで接続して音楽を楽しむ人も増えてきています。

今回の記事では、車での「ブルートゥース」の接続について、問題点やそれに対する対処法をまとめていきますので、参考にしていただけると幸いです。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

ブルートゥースが車で接続できない原因は?

最近の車内オーディオには、ブルートゥースで接続できるものが多くあります。

ただ、物理的に社内オーディオとスマートフォン等を繋ぐわけではないため、通信上のトラブルで接続ができないこともあるようです。

ブルートゥースと車が接続できない時は、具体的に次のような問題が考えられます。

パスキーが間違っている

パスキーとは、スマートフォンと車内オーディオをブルートゥースで登録する際に、お互いの端末を認識させるために必要なパスワードのようなものです。

このパスキーは、設定時に車内オーディオに表示されるものですが、この表示された数字を誤ってメモしてしまい、それに気づかずに認証されず、接続ができないということがあります。

対処法としては、設定画面にてパスキーを再表示させ、正しい数字をメモするか、スマートフォンのカメラを使用してメモを撮影すれば、間違いが少なくなるでしょう。

ペアリングの上限を超えている

カーナビや車内オーディオにペアリングできる端末の台数には上限があり、上限に達してしまうと接続ができなくなります。

端末により最大接続台数は異なりますが、上限に達しているときは、既存の端末の登録を一度削除したうえで、新しい端末をペアリングしましょう。

古いスマートフォンが登録されていたり、車を中古で購入した場合は、前オーナーの端末が登録されたままの可能性もあるので、チェックしてみましょう。

他の電子機器が影響している

Bluetoothは、車内オーディオ以外にも様々な機器との無線接続に使われています

特に多いのが、スマートフォンとワイヤレスイヤホンの自動接続による車内オーディオとの接続不良です。

Bluetooth 複数の機器を同時に繋ぐことができないため、車内オーディオと接続する前にイヤホンと繋がってしまった場合は、イヤホン側を一度切断することを試してみてください。

車内オーディオと接続する場合は、スマートフォンとペアリング済みの他の機器は車内に持ち込まないようにしましょう。

bluetooth規格の対象外

実は、Bluetoothには規格が存在しており、車内オーディオの規格とスマートフォンの規格が異なることが原因で接続ができないこともあります。

Bluetoothの規格は4.0以降のものであれば上位互換があるため、相互に接続が可能ですが、3.0以前のものと4.0以降では互換性がないため、接続が出来ないことがあります。

ただ、Bluetooth4.0が登場したのは2009年であるため、現在の車内オーディオやスマートフォンは、ほとんどが互換性対応があるため、規格の違いによる接続不良は起こりにくいようです。

故障している

なんらかの理由で車内オーディオ側のBluetoothが故障していることも考えられます。

スマートフォンがワイヤレスイヤホンなどの他の機器とBluetooth接続が可能であれば、それを疑うことも一つです。

場合によっては、車内オーディオを再起動(リセット)することで改善する場合もあるため、試してみるのも良いでしょう。

バッテリー交換などが原因で、急な電圧の変化などに反応してしまい、正常に動作しなくなることもあるので気をつけるようにしましょう。

そもそもブルートゥース(bluetooth)とは?

そもそもブルートゥースとは、近距離通信で使用される無線通信技術の一種のことです。

スマホとイヤホンを有線ではなく、ワイヤレスで繋げて音楽や動画を視聴できるのも、ブルートゥースによる接続をしているからです。

車では、車内オーディオやカーナビとスマホをブルートゥースで接続することで、車内のスピーカーを利用して音楽が聴けたり、ハンズフリー通話ができるようになります。

一般的なbluetoothの接続方法

それでは、ここからは車に搭載された端末とスマホをBluetoothで接続する方法を解説していきます。

ここでは、スマホと車のナビを接続する例を用いて説明していくので、以下の手順を参考にしてください。

スマホのbluetooth機能をONにする

まずは、スマホのBluetooth機能ONにします。

何か理由がない限り、スマホのBluetooth機能デフォルトでONになっているはずですが、手動で機能をOFFにした場合は、必ずONになっているか確認をしましょう。

スマホでBluetooth機能がONになると、画面のメニューバー等にBluetoothのマークが表示される場合もあるので確認してみましょう。

車のナビでスマホのbluetoothを認識・接続する

次に、車のナビを操作して、ナビに接続するスマホの登録をしていきます。

車のナビのメニューから「設定」に関する項目を選択し、「システム→設定」へ入っていきBluetoothの設定に関する項目を探します。

なお、Bluetoothの設定の時は、安全面からサイドブレーキがかかっていないと操作が出来ないことがあるため、注意しましょう。

bluetooth設定画面で機器登録をする

Bluetoothの設定画面にたどり着いたら、機器登録(デバイス登録)というような名称を探し、接続したいスマホを登録することで、スマホの音を車のスピーカーから出せるようになります

機器登録(デバイス登録)を選択すると、車のナビに「パスキー」が表示されます。

パスキーは、機器の登録に必要なパスワードのようなものですが、ほとんどが4桁の数字で構成されています。

このパスキースマホの認証時に必要なため、忘れずにメモをするかスマホのカメラで撮影しておきましょう。

接続候補から接続したいスマホを選択

スマホのBluetoothONの状態で機器登録画面を開くと、登録の候補一覧の中にスマホが表示されるはずです。

もし、登録したいスマホ以外も一覧に表示された場合は、スマホの設定画面から機種の名称などの情報を確認し、間違えて他のスマホを登録しないように気をつけましょう。

画面の指示に従いペアリング

登録の候補一覧から登録したいスマホを見つけて選択すると、機器の認証画面に進み、認証コードによるペアリングが実行されます。

なお、ペアリングとは、Bluetoothを用いてデバイスを接続することを意味しています。

ペアリングの設定を進めていくとスマホに認証コードが表示されるので、一致しているかを確認したらスマホと車のナビで、認証を進めてください。

多くの場合、ここの認証の際にスマホにパスキーを入力するように求められますので、あらかじめメモしていたパスキーを入力しましょう。

bluetoothが接続できない時の対処法

上記の手順で操作を進めたにもかかわらず、登録ができないこともあります

原因はいくつか考えられますが、一般的な対処法を以下にまとめましたのでそれぞれ確認してみてください。

一度Bluetoothをオフにする

スマホのBluetoothを一度オフにすることで、不具合をリセットできる可能性があります。

もし、それでも改善されない場合は、スマホ本体を再起動することで改善される場合があるため、試してみましょう。

Bluetoothは電波であるため、何らかの理由で他の電波の邪魔が入り、混線していることも考えられます。

電波である以上、目で確認することができないため、通信をシャットアウトできるような上述の方法を取ると改善されることが多いようです。

OSが最新の状態になっているか確認してみる

パソコンではよくあることですが、スマホにもOSが入っているため、それが最新版にアップデートされていないことによる不具合の可能性もあります。

OSはスマホ内のソフトウェアを動かす基盤となるシステムです。

このOSが古いままだと、BluetoothやWi-Fiなどの機能を正常に使えなくなる場合もあるようです。

スマホには定期的にOSのアップデートが通知されると思いますので、適宜、更新し、常にシステムを最新のものにするように心がけましょう。

カーナビの規格を確認する

新車で購入した場合であっても、カーナビのアップデートが必要なことがあります。

特に、中古車において古いカーナビを使用している場合は、ソフトウェアの最新版が配信されていることがあり、更新せずに放っておくと、スマホのBluetoothの規格と合わなくなり、接続不良を起こす可能性があります。

スマホのOSのアップデートと同様に、カーナビのソフトウェアについても、最新の状態かどうかを確認してみましょう。

諦めて他の手段を選ぶ

古い型式のカーナビやスマホの場合、スペックの都合上で最新版にアップデートができないこともあります。

その場合、Bluetoothの規格を合わせることが難しくなるため、他の手段として新規にカーナビかスマホを購入することも検討しましょう。

また、どうしてもスマホの音楽を聴きたい場合は、FMトランスミッターなどで代用するなど他にも方法があるため、カー用品店などで探してみましょう。

OS別に対処法を紹介

現在市販されているスマホの多くは、大きく分けてiOSかアンドロイドに分けられます。

それぞれのOSにおいて、操作の仕方が異なるためOS別の対処法も以下にまとめておきます。

iphoneでbluetoothが繋がらない場合

以下の手順でBluetoothの不具合を解消できないか、試してみましょう。

  • 「設定アプリ」または、コントロールセンターからBluetoothの機能をオンになっているか確認する
  • Bluetoothの設定画面からペアリングされているデバイスにカーナビが登録されているか確認する
  • ②でも繋がらない場合は、一度、Bluetoothの設定画面で「このデバイスの登録を解除」をタップして接続を解除し、初めから登録し直す。

アンドロイドでブルートゥースが接続できない場合

アンドロイドにおいてもiOSとほぼ同様ですが、以下の手順でBluetoothの不具合を解消できないか、確認してください。

  • 「設定アプリ」または、通知バーからBluetoothの機能をオンになっているか確認する
  • Bluetoothの設定画面からペアリングされているデバイスにカーナビが登録されているか確認する
  • ②でも繋がらない場合は、一度、Bluetoothの設定画面で「ペアリングを解除」をタップして接続を解除し、初めから登録し直す。

状況別に対処法を紹介

次に、状況別にBluetooth接続の対処法をまとめます。

すぐに故障だと決めつけずに、以下の内容も試したうえで、修理を依頼する際には丁寧に状況を説明できるようにしておきましょう。

bluetoothデバイスが見つからない場合

Bluetoothデバイスが見つからない時は、スマホ側のBluetoothを一度オフにし、カーナビ側を操作してBluetoothを探す画面まで進めてから、スマホ側のBluetoothをオンにしてみましょう。

まれではありますが、このオンオフの切り替えのタイミングが悪く、お互いの機器を検索できなくなる場合があるようです。

一度試してダメでも、何度かオンオフをくり返すことで繋がることもあるようです!

bluetoothがオンにならない場合

Bluetoothオンにするボタンを押しても、オンにならない場合はスマホ側のシステムの問題の可能性が高いです。

まずは、スマホ本体を再起動してみましょう。

スマホによっては、設定やデータを消さずにリセットできる機能を持ったものもあります

詳しくはスマホの取扱説明書を読んで、再起動やOSのアップデートを確認しソフトウェアの更新をおこなってみましょう。

bluetoothがペアリング済みなのに接続できない場合

Bluetoothでスマホとカーナビがペアリング済みであっても、何らかの理由により繋がらなくなる時があります。

この場合は、一度、スマホ側からカーナビのペアリングを解除し、再度登録することを試してみましょう。

これでもうまくいかない場合は、カーナビ側からスマホ都のペアリングを削除し、同様に設定し直してみてください。

電波の干渉が改善されれば、接続できるようになるはずです。

車にブルートゥースは後付けできるの?

車のナビがBluetoothに対応していない場合は、対応しているナビに買い替えることでBluetoothを後付けできます。

あまり費用をかけずにBluetoothを後付けしたい場合は、FMトランスミッターの購入をおすすめします。

FMトランスミッターはスマホとBluetoothで接続し、FM経由で車のスピーカーから音を出す仕組みのため、ナビに接続したときと同じように車で音楽を楽しめます

電源もシガーソケットから給電できるため、人気のカーアクセサリーです。

車でbluetooth接続を行うときの注意点

車でBluetooth接続をおこなうときは以下の点に注意しましょう。

中には個人情報に関わることも出てくるので、特に車を買い替える際には注意してください。

  • 複数のデバイスを同時に接続することはできない
  • 走行中は安全面の関係でペアリングができない
  • スマホで音楽を再生し続けると、スマホのバッテリーの消耗が早くなる
  • Bluetoothでカーナビと接続すると、履歴が残るため必要に応じて消去しなければならない

意外なところから個人情報を晒すことがないように気をつけましょう!

「ブルートゥース 車 接続できない」を検索する人がよく思う質問4選

Bluetoothでペアリングできないのはなぜ?

Bluetoothは電波であることを考えると、何らかの通信障害が起きていることが一番多いパターンと言えます。機器を再起動するなどして、リセットした状態で再度接続を試してみましょう。

車のBluetoothのペアリングのやり方は?

スマホのBluetoothをオンにし、次にカーナビのBluetooth設定画面で機器登録を済ませてからペアリングをおこないます。

iPhoneを車のBluetoothに繋ぐ方法は?

iPhoneのBluetoothの設定画面は、設定アプリかコントロールセンターから入ることができます。その設定画面で接続したいナビを選択し、ペアリングします。

Bluetoothのペアリング方法は?

ナビのBluetoothの設定画面から接続したい機器を選択し、登録します。その後、必要に応じてパスキーを入力して機器同士を認証させ、ペアリングをします。

まとめ:まずは原因の確認と対処法の操作を!

今回は、車のナビとスマホをBluetooth接続できない時の対処法を中心にまとめました。

Bluetooth通信規格であるため、目に見えない分、接続ができない時の原因を突き止めずらいです。

もし、接続不良で困ることがあれば、上述した内容を参考にしていただきながら、状況に応じた対処法を試していただけると幸いです。

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次