ブレーキパッド交換費用でオートバックスの料金は?ディーラーの料金も比較!

ブレーキパッド交換について、オートバックスディーラーの料金はどう違うの?」

こんな疑問を抱いたことはありませんか?

この記事では、費用面だけでなく、サービス品質も比較し、あなたの車にとって最良の選択をができるよう深堀り解説します。

安心のドライブを実現するため、どちらのオプションがコストパフォーマンスに優れているか、車の安全は妥協できない、そんなあなたの疑問に答える内容になっています。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

ブレーキパッド交換費用でオートバックスの料金は?

ブレーキパッドの種類や店舗により異なるので確認が必要ですがオートバックスでのブレーキパッド交換の費用は1輪あたり約5,500円(税込)からとなっています。

他の店舗の場合、イエローハットでは左右の交換で6,600円(税込)ジェームスでは軽自動車用で12,650円(税込)普通乗用車用で15,950円(税込)となっているので、オートバックスはディーラーと比べて約半分の工賃でサービスを提供していますが、他の量販店や一般の整備工場との比較では、必ずしも最安とは限りません。

ブレーキパッド交換のタイミングは異音がする場合やブレーキ警告灯が点灯する場合が重要な指標となりますがオートバックスでは持ち込み交換に対応しており、別途購入したブレーキパッドを持ち込むことが可能です。

オートバックスでブレーキパッドを持ち込みする場合は?

オートバックスでブレーキパッドを持ち込み交換する場合、基本的な工賃は1輪あたり5,500円です。

この価格はオートバックスの店舗でブレーキパッドを購入した場合と同じで、外部から購入したブレーキパッドを持ち込む場合にも変わりません。

比較的この料金は他店に比べて高いと考えられますが、オートバックスでは品質保証と安心感を売りにしています。

例えば、イエローハットでは同様の作業が1輪あたり約3,000円で提供されていますが、外車の対応は限定されたものになっています。

オートバックスでのブレーキパッド交換は、安全性を重視する上での非常に良い選択だと言えます。

ブレーキは車両の重要保安部品の一つであり、適切な知識と技術が必要であるため、自分でのDIY交換も可能はありますが、安全面から専門の整備工場に依頼する方が良いでしょう。

また、ブレーキパッド交換のタイミングは車の走行距離や使用状況により異なりますが、一般的には残り厚さが5mm以下になった場合や異音が発生した場合に交換が推奨されます。

オートバックスでブレーキパッド交換は当日でも可能なの?

当日飛び込みでの交換が可能かどうかは、その店舗にブレーキパッドの在庫があるかどうかによって対応が異なります。店舗に在庫がない場合、当日の交換は不可能ですが、在庫があれば当日交換が可能ということです。

また、在庫がない場合は持ち込みでの交換も選択肢としてありますので自分でブレーキパッドを購入し、それをオートバックスに持ち込んで交換してもらうことが可能です

いかし注意が必要なのはこの場合も料金や対応は店舗によって異なるため、事前に確認が必要です。

ブレーキパッドを交換する際は、作業時間は約30分からとされていますが事前予約が必要とされています。

ブレーキパッドだけでなくブレーキに関連する周辺部品も一緒に点検・交換する場合は、作業に時間がかかるため、待ち時間を減らすためにも事前予約を取っておく方が良いでしょう。

オートバックスでブレーキパッドは店頭販売している?

オートバックスでは、店頭でブレーキパッドの販売を行っていますが、取り扱っている種類や在庫は店舗によって異なります

一部の店舗では約40種類の車種に対応するブレーキパッドを取り扱っていますが、全ての車種のブレーキパッドを常備しているわけではないため、必要なパッドがない場合は取り寄せになることがあります。

また、オートバックスの公式通販サイトでもブレーキパッドを販売しており、ネット購入後に店舗で取り付けを依頼することが可能です

オートバックスで交換する際の注意点

オートバックスでブレーキパッドを交換する際にはまず、交換を希望する車種のブレーキパッドが店舗に在庫されているか確認しましょう。

在庫がない場合は、取り寄せが必要となることがあり、サービスの遅延につながる可能性があります。

また、ブレーキの交換を希望する際はブレーキパッドだけでなく、ブレーキディスク、キャリパー、フルードレベルなどのブレーキシステム全体の状態を確認してもらう方が良いでしょう

待ち時間をなるべく最小限に抑えるために、事前に予約をすることが望ましいです。

最後に、交換にかかるコスト、つまりブレーキパッドの価格と取り付け工賃も店舗によって価格が異なる場合があるため、確認することも重要です。

ブレーキパッド交換費用でイエローハットの料金は?

イエローハットでは、左右2箇所のブレーキパッド交換の作業工賃は税込6,600円からとなっています。

この料金にはブレーキパッド自体のコストは含まれていないため、ブレーキパッドの価格は別途必要になります。

作業時間は約30分からとなっておりますが店舗や車種によって実施の有無、内容、金額、時間が異なる場合があります。

また、イエローハットでも、他店やWEB通販で購入したブレーキパッドを持ち込んで取り付けることも可能で、この場合の交換工賃は税込9,900円になりますが、店舗によっては持ち込みを断られることもあるため、事前に電話で確認することが大切です。

イエローハットでブレーキパッドを持ち込みする場合は?

イエローハットでは、他店やWEB通販で購入したブレーキパッドを持ち込んで取り付けることが可能ですが、持ち込み交換の工賃は税込9,900円が目安です。ただし、店舗によっては持ち込みを断られることもあり、事前に店舗に電話で確認することが必要です

ブレーキパッドの交換には、車両の重量や走行状況に応じて消耗度合いが異なるため、一般的には約5万キロ程度で交換することが推奨されています

特に異音が発生し始めた場合は、使用限度に近いサインなので、すぐに交換が必要になります

ブレーキパッド交換はイエローハットとオートバックスどちらが安い?

イエローハットとオートバックスでのブレーキパッド交換費用を比較すると、以下のような情報があります

イエローハットの場合ブレーキパッド交換の作業工賃は左右2箇所で税込6,600円〜です

また、他店やWEB通販で購入したブレーキパッドを持ち込む場合の工賃は税込9,900円が目安ですが、店舗によっては持ち込みを断られることもあるため、事前に確認が必要。

オートバックスの場合ブレーキパッド交換費用が1輪あたり約5,500円〜です。

オートバックスの店舗でブレーキパッドを購入した場合と同じで、外部から購入したブレーキパッドを持ち込む場合にも値段は変わりません。

ただし、これは車種やブレーキパッドの種類によって異なるため、正確な料金は店舗に確認することが望ましいとされています。

ブレーキパッド交換費用でジェームスの料金は?

ジェームスでのブレーキパッド交換費用に関しては、具体的な料金は明示されていませんが交換作業は車種によって異なるため、それによって料金も変わると言われています。

ジェームスでは、軽自動車、普通車、輸入車など、車種によって異なる料金設定があり、詳細は各店舗に問い合わせる必要があります

ブレーキパッド交換費用でディーラーの料金は?

ディーラーでのブレーキパッド交換費用については、品質と信頼性に優れたメーカー純正品を使用するため、価格が高めになります。

交換費用は、ブレーキパッドの種類や車種によって異なりますが、以下のような費用が一般的です。

  • 普通自動車の場合、ブレーキパッドの本体価格は左右1セットで8,000円程度から始まり、車種によっては数万円になります。
  • 交換工賃は軽自動車の場合1セット6,000円から、普通自動車では1セット8,000円からとなっており、スポーツカーやミニバンなどの大型車では10,000円を超えることもあります。

ブレーキパッドの交換時期は、新品時の厚さが8.5mm〜12.0mm程あり、4mm以下になると交換の時期を考えるべきです。

3mm以下になると交換が推奨され、1〜2mmになると危険な状態で早急な交換が必要になります。

ブレーキパッドの摩耗を示すウェアインジケーターにより、ブレーキパッドの残量が少なくなると「キーキー」という音や警告灯でドライバーに知らせる機能があり、この音が聞こえ始めたら、約1000km程度の間は音が継続するため、この段階でブレーキパッドの交換を検討するようにしましょう。

ディーラーでのブレーキパッド交換は品質と信頼性に優れていますが、費用は比較的高くなりがちです

費用を抑えるためには社外品を利用したり、他の整備工場を検討するのが一つの方法ですが、ブレーキの安全性を考慮し、適切な選択をすることが重要です

ブレーキパッド交換費用で一般の整備工場の料金は?

ブレーキパッドの交換費用については、車種やブレーキパッドの種類、整備工場によって異なることが一般的ですが、交換費用の目安としては、ブレーキパッドの前輪のみの交換では、部品代が約2,000円から10,000円程度、工賃が約3,500円から7,000円程度です。

4輪全ての交換の場合は、部品代と工賃がそれぞれ高くなります。ブレーキフルードの交換も必要な場合は、1Lあたり600円から2,000円程度の追加費用が発生する可能性があります。

ディーラーよりもカー用品店や民間の整備工場での交換費用は比較的安価になります。

また、社外品のブレーキパッドを利用することでさらにコストを抑えることも可能ですが、その分品質や適合性の確認が重要なのと信頼性は薄れるでしょう。

ブレーキパッド交換は車の安全運転において非常に重要であり、適切なタイミングでの交換をしましょう

自身での交換は可能ですが、専門的な知識と技術が必要であり、安全を確保するためには専門業者への依頼が必要です。

ブレーキパッド交換が一番安いところはどこ?

ブレーキパッド交換の費用を最も安くする方法については、カー用品店や民間の整備工場を選びましょう。

また、ブレーキパッドの種類(純正品か社外品か)によっても費用が大きく異なるため検討が必要です。

純正品の場合は一般的に7,000円から8,000円程度で購入でき、社外品は価格が大きく変動し、純正品の半額程度から純正品の倍以上するものまで存在します。

ブレーキパッド交換を安くする方法としては、以下の方法が挙げられます。

  1. 点検と同時に交換をする
  2. 社外品のブレーキパッドを使用する
  3. 交換するお店を吟味する

ブレーキパッドの交換費用は車種によっても異なります。普通車の場合、ブレーキパッドの本体価格は左右1セットで8,000円程度が相場ですが、車種によっては数万円になることもあります。

交換工賃は軽自動車で1セット6,000円から、普通自動車で1セット8,000円からとなります。

ブレーキパッドはなぜ交換が必要なの?

ブレーキパッド交換が必要な理由は、その重要な役割と摩耗による効果の低下にあります。

ブレーキパッドは、車のディスクローターを挟み、摩擦を利用して車の速度を調整しています。

この摩擦により、ブレーキパッドは使用されるたびに少しずつ摩耗していきます

ブレーキパッドが摩耗すると、車の制動力が低下し、交通事故のリスクが高まるため、定期的な交換が必要になるわけです。

ブレーキパッドの摩耗は、いくつかのサインで確認することができ、たとえば、ブレーキパッドに取り付けられたパッドウェアインジケータが2mm前後の厚さに到達すると、「キーキー」という警告音を発します。

この音がするということは、ブレーキパッドの摩耗が進んでおり、早めの交換が必要で、ブレーキパッドが摩耗すると、ブレーキキャリパーから押し出すためのピストンが移動し、リザーバータンクのブレーキフルードの液面が下がります

このため、ブレーキフルードの残量を確認することでも、ブレーキパッドの摩耗具合を推測できます。

要約すると、ブレーキパッドは車の安全運転において重要な役割を担っており、その効果は摩耗により低下します

摩耗のサインを確認し、必要に応じて適切なタイミングで交換することが重要で、安全を確保するためにも、専門知識を持った業者に交換を依頼することが推奨されます

ブレーキパッドを交換する目安は?

ブレーキパッドの交換目安については、ブレーキパッドの摩耗を示すパッドウェアインジケーターが2mm前後の厚さに到達すると「キーキー」という警告音を発するので、この音がする場合は交換が必要となります。

さらに、ブレーキフルードの残量が低下することも、ブレーキパッドの摩耗を示唆するサインとなります。

ブレーキパッドの残量が5mm以上であっても、次の点検や車検までに走行距離が伸びる場合や、攻めた走りをしている方は早めの交換をお勧めします

ブレーキパッドは新品で10mm程度の厚さがあり、残量が5mm以下になったら交換が必要です。

特に2mm以下になると、ブレーキパッドの摩材がなくなり、ブレーキの効きが悪くなる恐れがあります

自分でブレーキパッドを目視する場合は、安全対策を施して作業をし、ジャッキで車を持ち上げた後にホイールを外して点検窓からブレーキパッドを確認します。

残量が2~4mmになったら交換時期となりますが、うまくいかないと感じたりよくわからない場合は作業を中断し、業者に依頼する方が良いでしょう。

また、ブレーキパッドの交換は、自分の車に限りセルフで行うことが可能ですが、作業スペースの確保や正しい工具の使用が必要です。ブレーキパッドは命に関わる重要な部品なので、不安がある場合はプロに依頼するのが安心です

ブレーキパッドを交換に走行距離は関係がある?

一般的に、ブレーキパッドの交換目安としては、新品に交換した後に30,000kmから50,000km程度走行した時期が目安になりますがしかし実際の交換時期は運転方法や使用環境によって大きく異なることがあるため注意が必要です。

よく言われるのが、ブレーキパッドは約10,000kmで1mm前後減るとされていますが、これもまた一般的な走行状況を前提としています。

つまり、この計算でいくとブレーキパッドが約5mm減るまでに約5万km走行することになりますがただし、この数値はあくまで目安であり、運転の仕方やブレーキの使用頻度によっては、この数値より早く交換が必要な場合もあるということを覚えておきましょう。

ブレーキパッドの交換は走行距離だけでなく、ブレーキパッドの摩耗状態や運転習慣によっても変わるため、定期的な点検が重要です。

異音が聞こえたり、ブレーキの効きが悪くなったりした場合は、すぐに専門家に相談し、必要に応じて交換を行うことが安全運転のためには不可欠です。

「ブレーキパッド交換費用 オートバックス」を検索する人がよく思う質問4選

ブレーキパッド交換の料金はいくらですか?

ブレーキパッド交換の料金は車種や選ぶパッドの種類によって異なりますが、一般的には部品代が軽自動車で1セット7,000円から普通自動車では8,000円からスタートし、工賃は5,000円から7,000円程度が目安です。

オートバックスでブレーキパッド交換にかかる時間は?

オートバックスでのブレーキパッド交換作業時間は一般的に約30分から1時間程度とされています。

ただし、車種や作業内容によって時間は異なる場合があります。

軽自動車のブレーキパッド交換の料金は?

軽自動車のブレーキパッド交換料金は、一般的に部品代が約7,000円から始まり、工賃が追加されます。

工賃は5,000円程度からとなることが多いですが、正確な費用は整備工場によって異なります。

ブレーキパッド 何年で交換?

ブレーキパッドの交換は年数ではなく、走行距離や使用状況によります。

一般的には30,000kmから50,000km走行ごと、または異音やブレーキの効きが悪いと感じた時に交換を考慮します。

まとめ:ブレーキパッド交換は価格以外にも比較して決めよう

ブレーキパッドの交換を決める際は、価格だけでなく他の要素も考慮することが重要です

交換の必要性は走行距離やブレーキの使用状況、異音の有無などに基づき、新品時約10mmのパッドが2mm以下になったら交換時期とされています。

また、作業を行う業者の選定には、技術力、信頼性、提供されるサービスの質を見極めることも大切です。

費用は車種や選択するブレーキパッドにより異なり、軽自動車では部品代が約7,000円からとなっているようです。

最終的には、安全性を最優先に、信頼できる業者をご自身で選ぶことが一番大事になってくるでしょう。

車を高く売る方法

MOTA車買取

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次