バッテリー上がりでお金がないときの対処法は?助けてもらった時の対応を紹介

バッテリー上がり お金 ない

車のバッテリーが上がってしまった!

修理したいけど、持ち合わせがない!

よく分からない場所でバッテリーが上がるなんてどうしたらいいの?

もしバッテリーが急に上がったら大変なことになりますよね。

バッテリーは対応年数が長いので、普段のメンテナンスでは見落とてしまうことがあります。

半ドアやルームランプのつけっぱなしで、急にバッテリーが上がることもありますよ。

そんな時でも、この記事の内容を知っていることで、落ち着いて対処できます。

結論:バッテリー上がりは、お金をかけずに解決できる

この記事では、急なバッテリー上がりで、できるだけお金をかけずに対処する方法を紹介しています。

一時的なバッテリー上がりに対処したら、その後メンテナスをしっかりしてくださいね。

また誰かに助けてもらった時の対応方法も紹介していますよ。

この記事で分かること
  • バッテリー上がりでお金がないときの対処法
  • バッテリー上がりを安く解決する方法
  • バッテリー上がりを自分で解決する方法
  • バッテリー上がりの再発を防ぐポイント
  • バッテリー上がりで助けてもらった時の対応
  • バッテリー上がりでやってはいけないこと
目次

車を最高額で高く売る方法

高価買取を狙うなら間違いなくMOTA車買取がおすすめです。

しかも、高額査定の上位3社だけが連絡できる仕組みになっているので、

営業電話を極力減らしたい人にも最適!

交渉が苦手な方や、やり取りが面倒な方は、買取店が競うから査定額が高くなるMOTA車買取で査定しましょう。

\ 買取店が勝手に競い合って高額査定3社だけが提案!/

月間利用者49,000人突破の実績で安心安全!

>>公式サイト:https://autoc-one.jp/

バッテリー上がりでお金がないときの対処法は?

車のバッテリーが急に上がってしまい、お金がない時の対処方法について紹介します。

急にバッテリーが上がった時、何をしたらいいのか分からず露頭に迷うことがありますよね。

ここでは、急にバッテリーが上がり、しかもお金がなかった時の対処方法について書いています。

対処方法を知っていれば、焦らずに対応できますよ。

バッテリー上がりでお金がない時の対処方法
  • ガソリンスタンドの会員特約を利用
  • JAF会員であればJAFに依頼
  • 保険会社に連絡

ガソリンスタンドの会員優待を利用

ガソリンスタンドでは、会員向けにロードサービスを行っていることがあります。

大きなところで、出光、ENEOS、COSOMOでは会員向けのロードサービスがありますよ。

もちろんバッテリー上がりにも対応してもらえます。

ガソリンスタンドのロードサービスは、無料の事が多いです。

ただし、ガソリンスタンドで規定している、距離や時間を超えると有料になることがほとんどです。

ENEOSなど、全国展開しているガソリンスタンドだと、店舗数も多く安心ですよ。

JAF会員であればJAFに依頼

JAFは会員になると、とてもメリットが大きいサービスです。

なぜなら会員に対する料金が安いからですよ。

パンクやバッテリー上がりなど、無料で対応してもらえることが多いですよ。

年会費はかかりますが、もしもの時はとても心強いです。

JAFは会員、非会員どちらも対応します。

しかし、料金は圧倒的に会員の方が安くなりますよ。

バッテリー上がりは、会員なら無料で済む場合があります。

非会員だと13,130円かかりますよ。

またJAFは、会員に対してのロードサービスです。

車に対してのロードサービスではありません。

トラブルがあった時、自分の車でも、会社の車でも対応してくれますよ。

保険会社に連絡

自動車の任意保険のサービスで、ロードサービスがあります。

任意保険のロードサービスは保険会社によって、内容が違います。

レッカーや修理費用など、細かく決められていることがほとんどです。

利用回数に制限を設けている場合もあるので、注意が必要ですよ。

またJAFとは違い、車に対してのロードサービスです。

自分の車にかけている任意保険のロードサービスを、会社の車に使おうとしても使えません。

会員に対してロードサービスを提供するJAFとは違うので、注意が必要ですよ。

バッテリー上がりを安く解決する方法は?

バッテリー上がりを安く解決する方法は3つあります。

もしもの時に知っていると知っていないのでは、心の余裕は違います。

お金があれば、緊急時の対応も簡単に行きますが、後でもっと節約できたと後悔することもありますよ。

普段から、JAFやガソリンスタンド、任意保険の内容は調べておく必要がります。

ここでは、バッテリー上がりを安く解決する方法を紹介します。

いざと言う時に役立てくださいね。

バッテリー上がりを安く解決する方法
  • JAF会員になる
  • ガソリンスタンド・ディーラー・車の修理店などで充電
  • 自分で修理

JAF会員になる

JAFの会員になるとバッテリー上がりは無料で対応してもらえる場合があります。

非会員は13,130円以上かかりますよ。

JAFの作業料金は場所、時間帯、作業時間の長さにより変わります。

作業場所一般道高速道路(PA・SA内)高速道路(PA・SA内)
8時~20時8,380円10,480円16,770円
20時~8時10,480円12,570円19,900円

工賃は6分で950円かかります。

バッテリー交換13,130円~の内訳は、8,380円+950円×30分=13,130円です。

会員になると無料になります。

ガソリンスタンド・ディーラー・車の修理店などで充電

ガソリンスタンドやディーラーでバッテリー充電してもらえます。

ガソリンスタンドで充電をお願いすると、料金は2,000円前後のことが多いです。

ディーラーでも充電をしてもらえます。

ディーラーにもよりますが、車を購入したディーラーなら無料で対応してもらえることがほとんどですよ。

ガソリンスタンドにしろ、ディーラーにしろバッテリー上がりで充電を依頼すると、バッテリーが寿命だと言われることがありますよ。

バッテリーが寿命と言われると、断り切れずに購入する可能性が大きくなります。

自分で修理

自分でバッテリー上がりを修理するのは、救援車がいない限り、ジャンプスターターが必要になります。

ジャンプスターターとは、ポータブル電源のようなバッテリーです。

車のバッテリーに配線し、ジャンプスタートします。

普段からジャンプスターターを持ち歩いていれば、簡単に使用できますよ。

ジャンプスターターは以前と比べ、価格も下がっています。

最近では、スマートフォンの充電にも対応している機種もありますよ。

価格は5,000円前後~です。

もしものことを考え、一代購入し普段から充電しておくといいですよ。

バッテリー上がりを自分で解決する方法

バッテリーが上がってしまった時、自分で解決する方法を紹介します。

もっとも簡単な方法は、救援車からブースターケーブルでバッテリーを繋ぎジャンプスタートする方法です。

救援車を頼む方法意外にも紹介するので、参考にしてくださいね。

バッテリー上がりを自分で解決する方法
  • ジャンプスターターを使う
  • 車用バッテリー充電器を使う
  • 救援車から電気を供給してもらう
  • バッテリーごと交換

ジャンプスターターを使う

先ほども少し紹介しました、ジャンプスターターを使う方法です。

ジャンプスターターから伸びる、赤と黒の線をそれぞれ、車体のバッテリの赤と黒の端子に繋ぎます。

逆に繋いではいけませんよ。

赤の線は赤の端子、黒の線は黒の端子です。

ジャンプスターターのバッテリーから電力が供給されるので、セルを回します。

するとエンジンがかかりますよ。

エンジンがかかったら、ジャンプスタータを外します。

そのままエンジンを切らずに、30分~1時間以上走るようにしてください。

すると車体のバッテリーに充電されます。

車用バッテリー充電器を使う

車のバッテリー用の充電器を使うことで、充電できます。

充電器の価格は7,000円前後~です。

車のバッテリー用の充電器は、100V電源を必要とすることがほとんどです。

コンセントがないと使えないんですね。

自宅やコンセントを貸してもらえる環境がないと、使用できませんよ。

見知らぬ土地や、高速道路でバッテリーが上がった場合は期待できないです。

またポータブル電源と一体になっている物もありますが、高額です。

ポータブル電源の価格が下がれば、もっと使いやすくなりますよね。

救援車から電気を供給してもらう

救援車とは、バッテリーが十分に充電された正常な車のことです。

バッテリーが上がったら、近くの車のオーナーさんにお願いして電源を分けてもらいます。

ブースターケーブルでバッテリー同士をつなぐと、救援車から電源が供給されますよ。

ジャンプスターターと同じでエンジンがかかったら切らずに、30分~1時間以上は走り続けます。

またブースターケーブルが無いとジャンプスタートできません。

ブースターケーブルは1,500円前後で販売しているので、普段から車に積んていた方がいいですよ。

バッテリーごと交換

バッテリーの寿命は平均で2~3年です。

5年以上使い続けると、劣化していつバッテリーが上がってもおかしくありません。

3年を過ぎたら、交換した方がいいですよ。

バッテリーは大きさや向きが車種によって違います。

車種に合ったものを購入する必要がありますよ。

ただし、バッテリーを設置する皿が大きい場合、皿に合わせて大きなバッテリーを装備することが出来ます。

バッテリーが大きいと寿命も長くなりますよ。

バッテリーの交換はそれほど難しい作業ではありません。

しかし古いバッテリーの処分に困るので、カー用品店などに交換を依頼して古いバッテリーは処分してもらった方がいいですよ。

バッテリー上がりの再発を防ぐポイント

バッテリー上がりの再発を防ぐポイントは上がった原因を知ることです。

バッテリーが上がった原因が、ルームランプなどがつけっぱなしで、電力を消費した場合は充電することで再発が予防できます。

ジャンプスタートした後、すぐにエンジンを切らずに最低でも30分~1時間以上走り続けた方がいいですよ。

バッテリー上がりの原因が分からない場合は、バッテリーの寿命が考えられます。

バッテリーが寿命の場合、十分に充電しても、セルモーターを回しても勢いがなかったりするので、判断が付きやすいですよ。

ガソリンスタンドなどで、バッテリーを計測してもらうこともできます。

バッテリーが寿命の場合は買い替えが必要です。

バッテリー上がりで助けてもらった時の対応は?

バッテリー上がりを起こし、救援車に助けてもらった時、お礼をするか迷いますよね。

一般的な話になりますが、お互い様なのでお礼を言うだけで大丈夫ですよ。

中にはエンジンをかけてあげた後、料金を請求する人もいるようです。

見た目に判断がつかないので、こまりますよね。

緊急の場合は諦めるしかないですよ。

普段から車のメンテナンスをしたり、ジャンプスターターを準備したりすることでトラブルを避けられます。

JAFの会員になるのも解決方法ですよ。

JAFの会員になると年会費がかかりますが、緊急の場合、とても心強いです。

バッテリー上がりで警察にお願いすることはできる?

バッテリー上がりで警察にお願いしても、個人的な利益のためには動いてもらえません。

もし警察が動くとすれば道路上で動かなくなってしまい、危険な場合や交通の妨げになった時です。

ただし、車が故障し路肩に泊まり動かなくなった時は、警察に連絡した方がいいですよ。

交通整理が必要な状態なら、状況も伝えた方がいいです。

事故を未然に防ぐのも警察の役割です。

警察に連絡してから、JAFやロードサービスに連絡するといいですよ。

バッテリー上がりでタクシーに助けてもらうことは可能?

バッテリー上がりでタクシーに助けてもらうことも可能です。

タクシーの表示には、「空車」「迎車」「回送」の他に「救援」の表示もありますよ。

全部のタクシーが対応するかは不明ですが、都道府県のタクシー協会で援護事業をしている地域もあります。

タクシーを呼ぶとジャンプスタートしてもらえるそうです。

もしもの時は連絡してみてもいいですよ。

連絡して必ず来てくれるかは状況次第です。

緊急の時に、知っているのと知らないのでは、違いますよね。

バッテリー上がりでやってはいけないことは?

バッテリー上がりを起こした時にやってはいけないことは、バッテリーの残量をさらに減らす行為です。

具体的には

  • エンジンを何度もかけようとする
  • エアコンを使う
  • ヘッドライトを点灯する
  • ドアを開きっぱなしにしてルームランプを点灯する

などです。

とにかくバッテリーに負担がかかる行為はNGですよ。

エンジンがかからないとは言え、電力が完全に無くなった分けではありません。

車のバッテリーは放っておいても自然回復しないので、救援されるまでバッテリーの電力を残しておくべきです。

電力が残っていると、ジャンプスタート後の充電もスムーズですよ。

「バッテリー上がり お金 ない」を検索する人がよく思う質問4選

バッテリー上がりを直す費用はいくらですか?

ジャンプスタートする場合は、無料で対処できる場合もあります。

JAFに頼むと非会員は13,130円以上かかります。

バッテリーの交換は5,000円前後~です。

充電をお願いすると2,000円前後が多いです。

バッテリーが上がってしまったらJAFはどうすればいいですか?

JAFを電話で呼ぶ場合は電話番号が「#8139」(ハイサンキュー)です。

「#8139」は短縮ダイヤルです。

短縮しない場合は「0570-00-8139」です。

会員、非会員問わずこの番号ですよ。

スマートフォンからアプリを使って呼ぶこともできます。

一度上がったバッテリーは使えない?

一度バッテリー上がりを起こしても充電することで、復旧します。

バッテリー上がりを起こしやすい状態であれば、買い替えた方がいいですよ。

バッテリーの寿命は3年程度です。

5年を過ぎると、いつ壊れてもおかしくない状態です。

JAFのバッテリー上がりは何回まで無料ですか?

JAFはバッテリー上がりにかかわらず、回数制限はありません。

会員なら料金がかからないこともあります。

非会員は有料です。

保険会社のロードサービスは、回数制限が設定されている場合があります。

まとめ:対処法を参考に一番安い方法を検討しよう!

バッテリー上がりで一番安い対処方法は、近くの車のオーナーさんに救援を頼むことです。

普段からブースターケーブルを持ち歩いていることで、救援してもらえる可能性が高いですよ。

ただし、救援してもらった後、謝礼を要求される場合があるので、注意が必要です。

コストをかけずに自分で解決する方法は、ジャンプスターターを普段から持ち歩くことです。

ジャンプスターターはUSBから充電できるタイプがおすすめですよ。

機種によって、スマートフォンのモバイルバッテリーとしても利用できます。

充電もシガーソケットからできるので、車用としておすすめです。

モバイルバッテリーからコードを繋いで、ジャンプスタートさせるイメージですよ。

ジャンプスターターは5,000円前後~購入できるので、おすすめです。

JAFを呼ぶよりもすぐに対処できます。

それでもエンジンがかからなければ、JAFを呼ぶ方法がありますよ。

いずれにしても、普段からのメンテナンスで解決できることが多いです。

バッテリーは寿命が来たらすぐに交換しましょう。

中古車選びで失敗しない方法

ズバブーン

コスパの良い中古車は、市場に出回る前に業者間で買われてしまいます。

そのため、一般人が掘り出し物を探すのは困難です・・・。

もし一般非公開の優良車両をみたいなら、累計販売台数100万台以上のズバブーンで探しましょう。

「最長10年保証」「返品に対応」など、特典満載の中古車が、普通に店舗より圧倒的にお得に購入できます。

中古車選びで絶対失敗したくないなら、業者と同じ立場で車を探せるズバブーンを試さないと損してしまいます。

\ ネットに出ない非公開車両を無料で提案!/

国内最大手のガリバーが運営で安心安全!

>>公式サイト:https://www.zbaboon.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次